ニュース
» 2008年10月22日 07時00分 UPDATE

NECエレクトロニクス、今期も最終赤字に

「日に日に事業環境が厳しくなっている」──NECエレクトロニクスの09年3月期は80億円の最終赤字になる見通し。

[ITmedia]

 NECエレクトロニクスは10月21日、2009年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損益が80億円の赤字になる見込みだと発表した。従来予想は損益とんとんだった。景気後退で半導体市場の厳しさが増しているという。最終赤字は4期連続。

 修正後の予想は、売上高が6600億円(前回予想比250億円減)、営業利益は10億円(同90億円減)、税引き前損益は40億円の赤字(同80億円減)。

 顧客企業が在庫圧縮、発注抑制の動きを強めており、「日に日に事業環境は厳しくなっている」という。特に自動車向け半導体や、汎用マイコン、ディスクリートなどの売上高が減る見通し。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -