ニュース
» 2008年10月30日 07時56分 UPDATE

LinkedIn、AmazonやGoogleなどの外部アプリケーションを提供開始

ビジネスユーザーの間で利用されているSNSのLinkedInがアプリケーションプラットフォームを公開し、外部開発者によるアプリケーションの提供を開始した。

[ITmedia]

 ビジネスネットワークを中心としたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の米LinkedInは10月28日、外部開発者がアプリケーションを提供可能な、アプリケーションプラットフォームを立ち上げた。

 プラットフォーム立ち上げと同時に、Amazon、Google、Six Apart、WordPressなど合計9社のアプリケーションが既にLinkedInで利用可能になっている。LinkedInのサイトから追加が可能。

 例えばAmazonは、自分が読んでいる書籍のリストをほかのメンバーと共有できる「Reading List by Amazon」を提供。Box.netの「Box.net Files」では、ファイルをオンラインで共有可能な機能を提供する。Googleの「Google Presentation」を使うと、プレゼンテーションをLinkedInの自分のプロフィールに組み込める。

linkedin Google Presentationの紹介ページ

関連キーワード

LinkedIn | Google | Amazon | SNS | Six Apart | WordPress


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -