ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2008年11月08日 07時56分 UPDATE

AMDとRed Hat、IntelサーバからAMDサーバへのVMライブマイグレーションをデモ

AMDプロセッサ搭載サーバとIntelプロセッサ搭載サーバ間で、稼働中の仮想マシンを移行することに成功した。

[ITmedia]

 米AMDと米Red Hatは11月6日、AMDプロセッサを搭載するサーバとIntelプロセッサを搭載するサーバ間での、仮想マシンの「ライブマイグレーション」を実演した。

 ライブマイグレーションとは、ある物理サーバで稼働中の仮想マシンを、停止させることなく別の物理サーバに移動させる技術。これまでは、同一ベンダーが提供するサーバ間での移動例しかなかった。

 今回の実演では、Red Hatの仮想化ソフトウェアを使い、IntelのクアッドコアXeon E5420搭載サーバで稼働中の仮想マシンを、AMDの次期版クアッドコアOpteron(コードネーム「Shanghai」)搭載サーバへ移行した。実演の様子はAMDのサイトで公開されている。

 AMDでは、仮想化が普及しつつある昨今、企業のIT部門がサーバのアップグレード、保守、負荷分散などを図るとき、仮想マシンの移し替えが必須となるため、ライブマイグレーションは「データセンター管理に不可欠の要素」だとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.