ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2008年12月03日 12時22分 UPDATE

Linux版Silverlight「Moonlight 1.0」βリリース

SilverlightコンテンツをLinuxで再生できるMoonlightがβ公開された。Firefox 3の拡張機能として配布される。

[ITmedia]

 米Novellは12月2日、Microsoftのメディア再生プラグイン「Silverlight」のLinux版「Moonlight 1.0」のβ版をリリースした。

 Moonlightは、Windows Media Video(WMV)形式のビデオやオーディオなどSilverlight 1.0対応のコンテンツをLinux上で再生するためのブラウザプラグイン。Firefox 3の拡張機能として配布され、ほとんどのLinuxディストリビューションに対応する。SUSE Linux Enterprise Desktop 10、openSUSE 11.0、Ubuntu 8.04、Fedora Core 9で動作テスト済み。

 MoonlightはMoonlight Projectのサイトからダウンロードできる。またソースコードはGPLライセンスの下で配布される。現時点では、Moonlight 1.0正式版のリリースは2009年1月に、Moonlight 2.0の正式リリースは同年9月に予定されている。

 同プログラムは、MicrosoftとNovellが2006年に発表した相互運用性向上の提携の一環として開発された。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.