ニュース
» 2008年12月08日 21時11分 UPDATE

ヒトラーは「偉人」? ハロプロ番組で「誤った歴史認識」とテレビ東京が謝罪文

ハロプロメンバーが出演するテレ東「よろセン!」で、ヒトラーを“偉人”として取り上げ、ネットで批判が相次ぐ騒ぎに。テレ東などは「誤った歴史認識に基づく不適切な内容」と謝罪する文章をサイトに掲載した。

[ITmedia]
photo テレ東サイトの謝罪文

 ハロー!プロジェクトのメンバーが出演するテレビ東京の番組「よろセン!」で、アドルフ・ヒトラーを「偉人」として取り上げ、「演説に癒し効果」などと紹介し、ネット上で批判的な意見が相次ぐ騒ぎになった。テレビ東京のWebサイトなどは12月8日、「誤った歴史認識に基づく不適切な内容でした」と謝罪する文章を掲載した。

 問題になったのは、4日深夜に放送された同番組の特集「世界の偉人DEN!」。この中でヒトラーを取り上げ、アイドルグループ「℃-ute」のメンバーが似顔絵などでヒトラーを紹介。「ヒトラーおじさん」と親しみを込めて呼び、ものまねをするなどした。

 放送終了後、ネット掲示板などでは「ホロコーストなどの歴史的背景に対してあまりに無知なのでは」といった批判的な意見が相次いでいた。

 テレビ東京は8日、Webサイトに、番組内容について「誤った歴史認識に基づく不適切な内容でした。視聴者の皆様をはじめ、多くの方々に深くお詫びいたします」と謝罪文を掲載した。

 番組制作会社「エス・エス・エム」もブログに同様の文章を掲載。チーフプロデューサー名で「番組内容に関しまして社内のチェック体制が甘かったため、このようなご迷惑をおかけする結果となりました。弁解の余地もございません。深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

関連キーワード

謝罪 | テレビ東京 | 炎上


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -