ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「炎上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炎上」に関する情報が集まったページです。

瀬戸康史「デジタル・タトゥー」は匿名の悪をどう描く? ユーチューバー、Vチューバー、匿名ブロガー……NHKが迫る“ネット世界の現在”
高橋克実&八嶋智人懐かしのトリビアコンビも登場、8へぇ。(2019/5/25)

キンコン西野の仕事術【後編】:
キングコング西野が「ディズニーを超える」と公言する3つの理由
キングコングの西野亮廣――。会員数2万5000人を誇る国内最大のオンラインサロンのオーナーでもある彼に、バッシングへの対応策と、「ウォルト・ディズニーを超える!」という宣言の真意をお届けする。(2019/5/25)

「絶滅してほしい生物図鑑」のイラストが共感呼ぶ “突然現れるネット広告”“当たりそうな傘の持ち方する人”などキャラクター化
雨の日に迷惑な「カサウシロフルス」なんてのも。(2019/5/24)

Books&Apps:
「なぜか他人を怒らせてしまう人」のための自己防衛術
無意識に人に不愉快な思いをさせたり、怒らせたりしてしまったり……。そんな経験のある人は少なくないはず。人を怒らせることなく、円滑なコミュニケーションを図るための4つのワザとは?(2019/5/25)

「くだらない報道」は「山口さんの事を言ったわけではない」 戸賀崎智信さんによる“NGT48炎上ツイート説明会”で発言
今村さんとファンのつながりなどについても言及しました。(2019/5/20)

幻冬舎・見城社長が“Twitter終了宣言” 作家の「実売部数」暴露で批判
幻冬舎の見城徹社長がTwitter終了を発表。同社長は作家の著書の実売部数をツイートし、各方面から批判を浴びていた(現在は削除)。根強いファンからは「復活を待っています」などの声が届いている。(2019/5/20)

開発残酷物語(10):
営業部が発注したシステムを運用部門が受け取り拒否!――ユーザー社内のゴタゴタに巻き込まれた新興システム開発会社の運命
トラブルの原因は何だったのか、どうすれば良かったのか。実在する開発会社がリアルに体験した開発失敗事例を基に、より良いプロジェクトの進め方を山本一郎氏が探る本連載。今回は、外国人エンジニア同士の感情のもつれが由来のトラブルと、ユーザー企業の営業部門(発注元)と運用部門(納品先)の合意が取れていなかったために納品後1年以上もシステムが塩漬けにされたトラブルの2本立てでお送りします。(2019/5/20)

炎上の予兆を未然に検知
“ネット炎上”対策を自動化 SNSへの書き込みを解析するツールが充実
従業員のSNS投稿やユーザーの口コミが“ネット炎上”のきっかけとなることがある。ネット炎上が企業に及ぼす影響が大きくなる中、その対策を目的としたツールが充実しつつある。(2019/5/21)

NHKドキュメンタリー番組で「世界最大級のネット炎上」放送 唐澤貴洋弁護士をゲストに迎え炎上を追体験
ネット上で有名な“炎上”を取り上げます。(2019/5/17)

コナリミサト×高野ひと深:
テラスハウス出演者に「テレビ用」と言ってしまう心理とは? 人気漫画家が分析する“コンテンツに描かれた人間”の見方
『凪のお暇』×『私の少年』。“飲酒対談”でいろいろ本音を語りました(完)。(2019/5/14)

読売テレビ「ten.」の一部コーナー放送休止を発表 「人権に関して強く意識すべき放送局である当社がこのような事態を招いた」と謝罪
読売テレビの公式サイトトップにお詫び文を掲載。(2019/5/13)

これからのAIの話をしよう(独学エンジニア編):
未経験からデータサイエンティストになれる? 「死の谷」を越えた独学プログラマーが伝えたいこと
「データサイエンティストになりたい」「エンジニアになりたい」――そう思うものの、思っているだけでは夢はかなわない。そんな悩める人に送る独学のすすめ。(2019/5/13)

芸能人が天皇陛下に「お疲れ様でした」で炎上 → 国語辞典編集「新しい謎ルールの誕生としか言えない」
「目上には失礼」は「新たな謎ルールの誕生」なんだそうです。(2019/5/8)

「NifMo」公式Twitter、“中の人”退職で突如停止 フレンドリーな投稿から一転、フォロワーから説明求める声
「NifMo」の公式Twitterアカウントが、5月7日付で運用を停止。理由は運営担当者の退職だという。突然の幕引きに、フォロワーからは戸惑いの声が挙がっている。(2019/5/7)

「わたし、定時で帰ります。」3話が平成最後の日に定時で放送した心意気。非常識な新入社員にモンスターのレッテルを貼らないで
グループチャット動画を友だちが勝手に拡散、クライアントに大迷惑をかけた新入社員の運命は?(2019/5/7)

「子供の怪我に気をつけろ、殺すなどという脅しも」 元AKB総支配人・戸賀崎智信さん、炎上ツイートで脅迫を受け“説明会”を開催
少人数制の説明会には疑問の声も。(2019/5/5)

「おかえりなさい!!!!」「野外で泣きそう」 ムロツヨシ、約3カ月ぶりのツイートに首を長くしたファンが歓迎
待ってました!!(2019/4/28)

勝海麻衣さんの盗作騒動で事務所サイトに謝罪文 「元の絵の構図を無断で使用した」
「アーティスト以前に1人の人間としても取り返しのつかない過ちを犯した」(2019/4/26)

マイナビ転職×@IT自分戦略研究所 「キャリアアップ 転職体験談」:
PR:第58回 プログラムを書きたいのに書かせてもらえない!――3年間溜め込んだフラストレーションを一気に爆発させて理想の仕事にまい進する「弁護士ドットコム」のホープ
「転職には興味があるが、自分のスキルの生かし方が分からない」「自分にはどんなキャリアチェンジの可能性があるのだろうか?」――読者の悩みに応えるべく、さまざまな業種・職種への転職を成功させたITエンジニアたちにインタビューを行った。あなたのキャリアプランニングに、ぜひ役立ててほしい。(2019/4/25)

15歳と16歳の米人気YouTuber、妊娠ドッキリで炎上
「妊娠はジョークにしていいものではない」と批判されています。(2019/4/23)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

ゲーム実況グループ「幕末志士」坂本さんが活動再開へ 「自分を見つめ直し、生まれ変わった」
ファンからは「ていうか休止してた?」と突っ込む声も。(2019/4/19)

マシーナリーともコラム:
ついに来たな! 「シンデレラガール総選挙」で勝つために、今こそ人類は『野望の王国』を読もう
※そのままマネすると犯罪に問われる可能性があります。(2019/4/19)

「けものフレンズ」なぜか“場外乱闘”ばかり 第1作でも炎上、第2作は監督が前作監督へ当てこすり
少女化した動物たちが活躍する人気アニメ「けものフレンズ」がネット上の場外乱闘ばかりが目立つ異常事態だ。先日まで放送されていた第2作をめぐり、テレビ東京がプロデューサーのツイッター発言を謝罪する事態も。第1作でもトラブルがあり、炎上ばかりだ。(2019/4/19)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイガー・ウッズ復活劇、勝利の裏で名を上げた“あの企業”
米プロゴルファー、タイガー・ウッズの復活劇が注目を浴びている。その裏には、暗黒時代にもスポンサーとして支え続けた企業の存在があった。その筆頭が、スポーツ用品大手のナイキだ。また、その中には日本企業も名を連ねている。(2019/4/18)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーがいない? じゃあ変革をやりながら育てるしかないでしょ
リーダーの必要性が叫ばれていても、育て方は確立されていない。ではどうすればいいのだろうか。(2019/4/18)

YouTube、ノートルダム寺院火災中継の“関連情報”に9.11のWikipedia アルゴリズム誤動作で
ノートルダム大聖堂の火災のライブストリームの関連情報として、YouTubeが9.11同時多発テロのWikipediaを表示し、物議を醸した。米国で提供している「情報パネル」のアルゴリズムの誤動作だったとして、現在は無効になっている。(2019/4/16)

半径300メートルのIT:
端末選びに失敗する前に読んでほしい、家族用の「iPad Air」でセキュリティのドツボにはまった話
誰もがさまざまなタブレット端末を使うこの時代、自分の望む使い方ができるかどうかはまさに「セキュリティ次第」かもしれません。(2019/4/16)

検察側の控訴が物議 なぜコインハイブ事件は無罪判決を勝ち取れたのか、地裁判決3つの根拠を整理
無罪判決後、モロさんは会見で「今後はフェアな取り調べをしていただけたら」と語っていました。(2019/4/14)

匿名ニュースサイト「netgeek」に1650万円の賠償請求 ITコンサルタントら5人が集団訴訟
彼らの行為について「集団リンチを見せて見物料を取っているようなもの」と強く批判。(2019/4/8)

「負けられない裁判だった」モロさん、Coinhive訴訟を振り返る 裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」も
Coinhive訴訟で無罪を勝ち取ったデザイナーのモロさんが4月4日、事件や裁判の振り返った文書をnoteに公開。「もはや私の意思とは半ば無関係に負けられない裁判だった」などと述懐するとともに、裁判所からは「涙が出るほど嬉しい言葉」もあったとつづっている。(2019/4/4)

商品PRイベントで描かれた絵、「他人の作品に酷似」と指摘 大正製薬「真摯に受け止める」
炭酸飲料「RAIZIN」のPRイベントで、モデルで銭湯絵師の勝海麻衣さんがライブペインティングで描いた絵が、他のイラストレーターの作品に酷似しているとネットで炎上。大正製薬はRAIZINの公式Twitterから、作品の写真が含まれる投稿のRTを削除し、勝海さんも謝罪したが、他人の作品を参考にしたかどうかなど、事実関係には言及していない。(2019/3/29)

マクロミルがアンケート:
学生バイトの12%「バイトテロ、実際に見た」 調査で判明
マクロミルがバイトテロについての学生バイトの意識を調査。12%が「実際に見たことがある」と回答した。(2019/3/29)

検索上位に出現する「○○の家族は? 彼氏は? 調べてみました」系ブログ 「ウザい」と話題
話題の事件や有名人をネットで検索すると「○○の家族は? 彼氏は? 調べてみました」といった文言で始まるサイトを目にすることが増えている。検索エンジンの上位に現れるが、中身はネット上の情報をまとめただけのものも少なくない。こうしたサイトは何のために、どのようにして作られているのか。(2019/3/27)

世界を「数字」で回してみよう(57) 働き方改革(16):
デジタル時代の敬老精神 〜シニア活用の心構えとは
今回は「シニアの活用」についてです。やたらとずっと働きたがるシニアに働いてもらうことは、労働力の点から見ればよい施策のはずです。ただし、そこにはどうしても乗り越えなくてはならない壁が存在します。シニアの「ITリテラシー」です。(2019/3/27)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

「神様が来て全てを壊した」 繰り返される仕様変更、本当にあったAIプロジェクトの怖い話
AI(人工知能)ベンチャーのトライエッティングが“大炎上プロジェクト”の経験を振り返る。本当にあった「メテオフォール型開発」の怖い話。(2019/3/20)

「d払い」アプリにログインできない? 他キャリア+ドコモ回線のユーザーは要注意
ある日、d払いアプリを起動したら、突如ログアウトしてしまい、再度ログインしようとしても、エラー画面が出てしまい、いっこうにログインできない。アプリを終了したり、Wi-Fi接続をオフにしてspモードで接続してもダメ。なぜこのような事態になったのか?(2019/3/20)

「他人から非難される覚えはない」 梅宮アンナ、ネットのバッシングに反論
「酷い言葉のオンパレード」だったと語るアンナさん。(2019/3/18)

日本学術会議有志、ダウンロード違法化拡大を懸念 「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険」
政府の違法ダウンロード規制拡大法案について、日本の科学者でつくる団体・日本学術会議の有志3人が、懸念する声明を公表した。現行法案は、「科学者の情報アクセスへの自由を損なう危険がある」などと指摘。民事上の違法化の範囲は「原作のまま」「著作権者の利益を不当に害する場合」という要件を加えることを求めているほか、刑事罰は不要だと主張している。(2019/3/15)

元AKB48大島麻衣、タクシー運転手の“タメ口”対応に「私はお客だ」 炎上騒ぎに発展も怒り収まらず
「私はお客だ」は言っちゃダメだ……。(2019/3/13)

ジャニーズが“禁断の果実”ネットに手を出したワケ 元SMAPにも触発か
ジャニーズ事務所が、ついに“禁断の果実”に手を出した。これまでネットメディアに対しては距離を取っていたジャニーズだが、ジャニーズJr.の公式サイトでライブの生配信を行うばかりか、バーチャルアイドルまでスタートさせたのだ。これもプロデューサーの滝沢秀明氏による思惑があるのだろうか。(2019/3/13)

炎上させるのは「声だけ大きい少数派」? ネット“不謹慎狩り”の問題
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(2019/3/12)

一種のマウンティング行為:
高年収の男性が多い? 炎上活動に積極的な「口うるさい少数派」とは……
不謹慎狩りとは、SNS(会員制交流サイト)などで楽しそうな投稿をしていると、「被災者がいるのに不謹慎だ」とたたかれる現象である。2011年3月11日の東日本大震災以降、インターネット社会から浮上してきた言葉である。(ストーリー戦略コンサルタント・芝蘭友)(2019/3/12)

「自分の事を商品だと思っている」 川栄李奈、「3年A組」最終回を受けネットでバッシングされた過去を告白
アイドルと女優を経験した川栄さんだからこそ説得力がある。(2019/3/11)

企業・アルバイトたたきの欺瞞:
「バイトテロ」が繰り返される真の理由 大戸屋一斉休業で問う
3月12日に大戸屋が一斉休業するなど社会問題化する「バイトテロ」。そのメカニズムと真の対応策について専門家に聞いた。(2019/3/11)

週末珍ゲー紀行:
江戸の町民に大人気! ふんどし一丁で大空を舞うジェットパック消火アクションゲーム「Otokomizu〜漢水〜」
アイアンマン(ふんどし)。(2019/3/10)

「ブラクラ」補導、不当か妥当か ネットリテラシーと大衆化のジレンマ
アラートが繰り返し表示されるサイトのURLを貼る行為がいわゆる「コンピュータ・ウイルスに関する罪」に当たるのか、中学生への補導が適切だったのか、議論が続いている。ネット上の議論と記者の見解をまとめた。(2019/3/7)

「Appleは“Flexgate”を認めないままMacBook Pro(2018)を修正した」とiFixit
Appleは、Touch Bar搭載MacBook Pro(2016)のディスプレイにステージ照明のような光が漏れてしまういわゆる“Flexgate”問題について認めていないが、2018年モデルで原因となるケーブルを修正したとiFixitが分解結果を報告した。(2019/3/6)

「嘘だらけの芸能界に夢とか未練はありません」 元Dream5の重本ことり、芸能界引退を発表 「AAA」炎上にも触れる
ふむ……。(2019/3/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。