ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「炎上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炎上」に関する情報が集まったページです。

「Twitter歴12年のツイ博士におまかせ!」「怖っ(逃)」 博士の悲哀を描いた漫画が歴戦のツイッタラーたちの心に刺さる
怖くないよ……Twitter歴12年だけど怖くないよ……でもいいねハートは早くファボスターに戻せ。(2021/1/16)

「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?
KDDIが新プラン「povo」(ポヴォ)を発表。1カ月前に発表したプランは不評で、「さよならau」などのワードがTwitterトレンドに入ったが、povoはおおむね好評だ。このプランの強みは何なのか。(2021/1/13)

「無理だって!」 四千頭身、30分で仕上げたBTS「Dynamite」コピーが自他ともに認める“地獄”の出来
近所の子どもからも「下手くそ」の声。(2021/1/13)

コミュニケーション促進:
「田村淳」も採用 “社内SNS”のノウハウ生かしてファンサロン運営に進出したIT企業の商機
コロナ禍でビジネスチャットに注目が集まる。名古屋発のIT企業「スタメン」は組織と従業員のつながりを強化する経営プラットフォーム「TUNAG」を展開。ノウハウを生かしてファンサロン運営に進出した。(2021/1/13)

バチェラー・ジャパン初の夫婦、友永真也&岩間恵が幸せいっぱいのウエディングショット 「こちらまで幸せな気持ちに」「感無量です」
炎上を乗り越えて強く結ばれた絆。(2021/1/7)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(12月編):業界に衝撃を与えたドコモの「ahamo」
2020年12月のアクセス数トップ10を紹介。2020年はドコモの「ahamo」に始まり、KDDIがau向けに、ソフトバンクが3ブランドで新料金プランを発表するなど、「料金」に関する話題で大いに盛り上がりました。12月の記事ランキングは、実にトップ10のうち7本がドコモ料金関連の記事で占められています。(2021/1/5)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

WACK渡辺淳之介の言葉はどのようにクリエイトされているのか 思考のプロセスを聞いてみた
渡辺「カタカナの方が個人的にはいい」。(2020/12/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ソフトバンクも追随、価格破壊「20Gバイト月2980円」の携帯業界ウラ事情
これまで国民・政府が求めてきた「携帯料金の値下げ」に、大手キャリアが舵を切り始めた。ドコモに続き、ソフトバンクも月額2980円で20Gバイトという価格設定を打ち出してきた。実は、ドコモがahamoのような価格破壊的な料金プランを発表する直前に、予備運動らしき行動を取っていたことをご存知だろうか。(2020/12/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが「5Gギガホ」「ギガホ」を値下げ/スマートフォン・オブ・ザ・イヤー開催!
NTTドコモが2021年4月から、大容量プランの値下げに踏み切ります。月間3GB以下なら自動で1500円値引きする新機軸もありますが、注意点もあります。(2020/12/24)

「glee」女優、性犯罪で有罪になった共演者を擁護し炎上 「私の言葉はとても無神経なものでした」と謝罪
タブー扱いへの抵抗感を告白していました。(2020/12/23)

ソフトバンクはなぜ3ブランドで料金プランを刷新したのか? 榛葉副社長に聞く
ソフトバンクは、既存の料金体系を見直すのと同時に、LINEを生かしたオンライン専用の新ブランドを追加する。新ブランドのコンセプトは「SoftBank on LINE」。「オンライン」と「LINEで」を意味する「on LINE」のダブルミーニングの通り、契約やサポートはLINE上で提供する。新料金を一挙に発表した狙いを榛葉淳副社長に聞いた。(2020/12/22)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

Twitter、認証済み青バッジを2021年1月20日の再開に向けてポリシー公開
Twitterが、2017年に停止した認証済みアカウントプログラムを来年1月20日に再開する。申請が可能になる一方、新ポリシーの下、既に持っている青バッジを剥奪される可能性もある。(2020/12/18)

TVとYouTube、コロナ禍で“相互乗り入れ”加速
2020年はYouTuberが頻繁にテレビ番組に登場した。逆にYouTubeに進出し新しいファンを開拓しているベテランのテレビタレントもいる。コロナ禍で人々のテレビや動画の視聴時間が増加し、この“相互乗り入れ”が急加速した一年となった。(2020/12/18)

デザイナーの取扱説明書(終):
炎上・失敗しないデザイン制作のために依頼者が知るべきポイント
デザインが関わるプロジェクトで「少し気になるけどこんなものでいいか」とされがちなコスト、専門分野、多様性の問題について紹介します。(2020/12/18)

パパ活、整形、ホス狂い―― “夜の街”が熱狂する漫画「明日カノ」作者×オタクホスト「阿散井恋次」対談
リアルすぎる描写で大人気の『明日、私は誰かのカノジョ』。作者の「をのひなお」さんと現役ホストの「阿散井恋次」さんが本音トークを繰り広げました。(2020/12/18)

「ahamo」のインパクトに勝てず“炎上”――KDDIが「分かりにくい割引」をやめなかった理由
KDDIが12月9日に発表したauの新料金プラン。ネット上では発表直後から「結局条件付きの割引か」「期待外れ」などの批判が続出した。ドコモの「ahamo」発表でシンプルな料金設定に注目が集まる中、なぜKDDIは複雑な割引をやめなかったのか。(2020/12/16)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】ゲーム史に残るサーバートラブル、でも個人的には好きだった「ファンタシースターユニバース」
チャットシステムが良く、「ノリが良ければどこまでも楽しめるタイプのゲーム」だったとか。(2020/12/29)

Mobile Weekly Top10:
まだまだ続く「ahamo(アハモ)」の余波/携帯電話料金はどう示すべきなのか?
NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」の余波がまだ続いています。悪くない発表だったはずのauの新料金プランの発表が「炎上」してしまったのも、ある意味でahamoの余波ですが、ドコモを含む大手キャリアが取ってきた「宣伝手法」がついに怒りを買ってしまったという側面もあります。(2020/12/14)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】遊ぶべきかどうか自分の目で確かめてほしい「YIIK: ポストモダンRPG」
海外インディー発の、賛否両論を集めた現代RPG。(2020/12/28)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
政府が進める「携帯電話料金値下げ」 販売スタッフの“本音”に迫る
菅義偉首相と武田良太総務大臣が主導する形で、携帯電話料金の値下げへの機運が高まっています。果たして、携帯電話販売に携わるスタッフにとって、この値下げは「恩恵」となるのでしょうか。それとも……。本音を聞いてみました。(2020/12/14)

石野純也のMobile Eye:
auの新料金プランはなぜ炎上したのか? 料金は他社と同水準も、不誠実な打ち出し方が問題
auの新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」は、データMAX 5Gとそれぞれのサービスを個別に契約するより、わずかながらお得になる。しかしネットには失望の声も広がり、いわば炎上状態になってしまった。Twitterでは「au解約」や「さよならau」がトレンド入り。新料金の特徴とともに、その理由を読み解いていきたい。(2020/12/12)

よもやよもやだ! 銀魂の映画特典に「炭治郎&柱イラストカード」 便乗商法ながら「日頃の行いがよかった」と許される銀魂クオリティー
子どもに鬼滅つながりでせがまれて入手したら「全然違うじゃん!」とギャン泣きされる親の顔が浮かぶようだ。(2020/12/8)

騒音おばさんがモチーフの映画「ミセス・ノイズィ」がまさかの大傑作だった
騒音おばさんがモチーフの映画「ミセス・ノイズィ」の魅力をネタバレなしで紹介する。(2020/12/6)

ヒロインはネットで“大炎上”した新米編集者……! 『凪のお暇』作者の新連載『燃えよあぐり』がスタート
炎上して左遷されたヒロインの行く末は……?(2020/12/5)

実写映画「るろうに剣心 最終章」の公開日が決定 佐藤健が迫力の“壁走り”する特報映像も新登場
「The Final」は2021年4月23日、「The Beginning」は6月4日公開。(2020/12/4)

須田亜香里、自宅待機への不満つづったブログを謝罪 「自分の未熟さからご不快な思いをさせてしまった」
「感染者へ無配慮では」と非難されていました。(2020/12/4)

スピン経済の歩き方:
アイデア募集したら不正告発! 「政商」群がる? デジタル庁は大丈夫か
「デジタル改革アイデアボックス」をご存じだろうか。菅総理肝いりで進めているデジタル庁の創設に向けて、みなさんからアイデアを募集しているが、そこに「内部告発」が届いたのだ。「デジタル庁は大丈夫なの?」と思われたかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2020/12/1)

トラブルを避けるには?:
「大炎上」の果てに降格も…… メールやSlackで怒り狂う人々が後を絶たない理由
在宅勤務の普及でメールやSlackでやりとりをするシーンが増えた。一方、使い方を間違えると大炎上してしまう。筆者が実体験を踏まえてアドバイスする。(2020/11/26)

「友人の首が吹き飛んだ」「星空を撮ったらワープした」 ハッシュタグ「全日本失敗写真協会」がむしろ奇跡のベストショット
笑える失敗写真が投稿されています。(2020/11/25)

CERO「『アサシン クリード ヴァルハラ』は流血表現アリで審査通っていた」 日本版の表現修正、UBIの説明に反論
CEROがユービーアイソフトの説明に反論しました。(2020/11/19)

Twitter新機能「Fleet」の注意点 「足跡機能」で閲覧バレる……バイトテロで炎上リスクも
Twitterに「Fleet」という新機能が実装された。投稿が24時間以内に自動で消滅するというのが最大の特徴だが、足跡機能で閲覧がばれるリスクや、軽い気持ちで投稿した内容が拡散される恐れもあり、使い方には少々注意が必要だ。(2020/11/19)

クレーマーを育成:
経営陣は正念場! 「マルちゃん正麺PRマンガ」炎上への正しい対応
マルちゃん正麺をPRするマンガがTwitterで公開されたところ、女性差別、家事をするのは主婦と決めつけたといった批判投稿が寄せられた。このような批判意見に、会社はどう対応すべきか。(2020/11/17)

「破産寸前状態」のてんちむ、ホステス姿と源氏名を公開 「皆様のお越しをお待ちしております」
YouTubeの広告収入だけでは追い付かず、ホステスとしても働くことに。(2020/11/14)

マルちゃん正麺のPR漫画を巡り「最後で台無し」「批判に屈しないで」と議論に 第2話は公開延期
ラストのコマが批判を集める原因に。(2020/11/14)

Twitter新機能「Fleet」賛否を呼び一瞬で大喜利化 「お前はインスタになれない」「炎上したらイフリート」
神絵師の絵が24時間で消えていく……生きる糧が……どうして……。(2020/11/11)

「新時代」のマーケティング教室:
デジタルで「4P」はどう変わる プロモーションは「会話」が勝負? シャープやタニタのSNSが人気なワケ
マーケティング理論として知られる「マーケティング・ミックス」(4P)。デジタル時代にどう変わっている? 東京都立大学経済経営学部の水越康介教授が解説する。(2020/11/11)

てんちむ、豊胸謝罪後の現状は「破産寸前」 億ションもキャンセルし夜の仕事へ「プライドを持って頑張らせていただきます」
返済が全部完了するまで続けるとのこと。(2020/11/10)

命令も強制も無いまま:
健康経営企業による悪意無き「健康監視社会」のディストピアとは
重要性が高まっている企業の健康経営。ウェアラブル端末で従業員の身体・精神状態を「管理」する企業も。善意に満ちた「健康監視社会」の行きつく先とは。(2020/11/4)

タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
炎上についてまだアツギから声明は出ていません。(2020/11/3)

警視庁初の“Twitterの中の人”が退職→起業 「ファンが増え、炎上しない」企業アカウント運営請負
警視庁初の公式Twitterアカウントを実現し、初代“中の人”としてゆるいつぶやきで人気を集めた「本職」(甲)こと中村健児さんが警視庁を退職し、起業した。新会社では“炎上しない”Twitterアカウントの運営を請け負う。(2020/11/2)

カニエ・ウェスト、妻の亡き父をホログラムでよみがえらせる キム・カーダシアン感涙もネットでは賛否両論
日本でもAI美空ひばりが話題に。(2020/10/30)

仮想エクスペリエンスの台頭から新しいコンピューティングの登場まで:
2021年以降にIT部門やユーザーに影響を与える10の動向、Gartnerが予測
Gartnerは2021〜2025年にIT部門やユーザーに大きな影響を与える10の動向について予測を発表した。世界はこれまで以上に速いペースで動いており、今後10年間に従来なかった技術アプローチによって、抜本的なイノベーションが起こるという見通しを示した。(2020/10/30)

原作と違う「男性の書き方」と「結末」 「82年生まれ、キム・ジヨン」に複雑な思いを抱いた話
韓国ベストセラーの映画化を漫画でレビュー。(2020/10/30)

花王が実践する「スモールマス」マーケ、店舗にいない顧客のデータを追うための地道な実務の中身は
「これからはスモールマスマーケティングの時代だ」と言葉にするのは簡単だが、これを実践するには多数の「人」を介した地道な努力の積み重ねが必要だ。積み重ねさえあればその効果を最大化するためのITを使えばうまくいくことも多い。花王グループの場合はこの点にどんな手を打っているだろうか。同社が実践する新しい顧客接点の作り方について実務担当者が語った。(2020/10/29)

SNS上の社会現象に迫る:
Twitter JapanとJX通信社、情報拡散のメカニズム分析――初回は「#ジブリで学ぶ」
Twitter JapanとJX通信社が連携、Twitter上の情報拡散のメカニズムを独自分析。メディア向けに情報提供、初回は「#ジブリで学ぶ」。(2020/10/28)

加藤紗里、匿名アンチへの“発信者情報開示請求”を報告 「君たちがしてる行為は『心の人殺し』です」
2日前には、アンチへ警告していた加藤さん。(2020/10/28)

DV被害相談に「大袈裟」「ウソ」――cakes人気連載“炎上”の背景と再発防止策をnote社に聞いた
DVやモラハラ被害者への二次被害ではないかと指摘されていました。(2020/10/27)

陣内智則、炎上覚悟の“匂わせ”ショットに誰も気付かず 指原莉乃「下手すぎて」
「DRONE×鬼」またやるのかな。(2020/10/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。