ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「炎上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炎上」に関する情報が集まったページです。

テイラー・スウィフトに「性差別的」と批判された番組主演女優が炎上被害に 謝罪求めるアンチに反論
欠点があるからリアルになる。(2021/3/5)

SpaceXの巨大宇宙船「Starship」、“3度目の正直”で高高度からの垂直着陸に成功……と思いきや数分後に爆発
米SpaceXは、米テキサス州で宇宙船「Starship」の高高度飛行テストを行い、高度約10kmからの垂直着陸に成功した。しかし、その数分後に爆発した。(2021/3/4)

「ミッション:インポッシブル」俳優、一般人相手にオンライン乱闘 妻の経歴詐称、疑惑の第7子巡って「黙れクソが」
セレブ一家の俳優。(2021/3/3)

世界を「数字」で回してみよう(65)番外編:
あの医師がエンジニアに寄せた“なんちゃってコロナウイルスが人類を救う”お話
日本でもいよいよ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン接種が始まりました。収束のメドが立たない現状においてワクチンが“希望の光”であることは確かですが、やはり恐怖心はそう簡単に拭い去れるものではありません。あの“轢断のシバタ先生”から、長文のメールが届いたのはそんな時でした。今回も超大作のそれには、現役医師によるワクチンの考察と分析がつづられていたのです。(2021/2/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
“見放され世代”を襲う、コロナ禍の非正規切り 今こそ直視すべき「人を育てる」意義
政府が就職氷河期世代への支援に取り組もうとする中で、新型コロナ感染拡大が起きた。非正規を中心に、多くの人が解雇されている。そんな中、NTTとKDDIは共同で氷河期世代の就労支援を実施すると発表。安心して能力開発ができる制度をさらに広げてほしい。(2021/2/26)

MONOist 2021年展望:
2021年はロケット開発がさらに過熱、日本初の月面探査も実現する!?
2021年もさまざまな話題がある宇宙開発。今回は、「大型ロケット開発」「民間の小型ロケット」「商業化が進む月面探査」の3つをテーマに、2021年の動向を見ていきたい。(2021/2/24)

ロッチ中岡、過激な炎上画像でインスタに“不適切”と怒られる 「これからは適切な写真を心がけます」
ここまでできるのもすごい。(2021/2/20)

リスク管理できない日本的組織:
森会長退任問題が暴露した、根性論組織の弱さ
森元総理の失言問題大炎上は、JOCの組織そのものへの批判とエスカレートしました。なぜ失言癖のある森氏に会長を任せたのか。背景に……。(2021/2/20)

米歌手リアーナ、トップレス写真がヒンドゥー教への冒涜として炎上 「他人の宗教を性的搾取しないで」
ガネーシャは象の姿をした神様。(2021/2/18)

専門家のイロメガネ:
映画「えんとつ町のプペル」を大ヒットに導いたオンラインサロンは信者ビジネスなのか?
映画「えんとつ町のプぺル」がヒットした背景には、西野氏が率いる「オンラインサロン」がある。7万人以上が参加するオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」は映画のヒットにも寄与したといわれているが、サロンを活用した集客・マーケティングは賛否も呼んだ。このオンラインサロンの実態とは?(2021/2/18)

「100日後に死ぬワニ」→「100日間生きたワニ」 アニメ映画は「コロナ禍で改題、脚本も書き直し」
4コマ漫画「100日後に死んだワニ」のアニメ映画版「100日間生きたワニ」が、5月28日に公開される。監督の上田慎一郎さんは、「制作が始まった矢先、コロナ禍で世界が一変した」ため脚本を書き直し、改題したと述べている。(2021/2/17)

菅政権の圧力で激変したモバイル業界 各社が発表した料金施策を振り返る
2020年末から2021年初頭にかけ、携帯各社の料金を巡る動きが短期間のうちに慌ただしく変化している。大手3キャリアはオンライン専用の安価な20GBプランを発表。楽天モバイルは1GB以下なら0円とし、小容量の市場を破壊。MVNOも対抗策を発表したが、通信品質の面で課題がある。(2021/2/17)

「炎上体質」な彼女がかわいい 感情が高ぶると発火しちゃうあつあつカップルの漫画
恋愛温度の可視化。(2021/2/17)

新連載「デジタル・イエスタデイワンスモア計画」:
Clubhouse隆盛でふと思う、この道はいつか来た道 Twitterとの共通点・異なる点
早すぎた、理解されなかった過去の製品やサービスを取り上げつつ、今の時代にそれがどう生きているのか、今ならどんな使われ方があるのかという可能性を、温故知新で考える新連載、スタート。(2021/2/16)

愛犬譲渡で“炎上”のGACKT、騒動について説明 批判の声には「その人のエゴと僕のエゴとは違う」
10日に公開した動画に批判が殺到していました。(2021/2/16)

混乱の理由:
パワハラと指導の境界線はどこにあるのか 旭川医大問題を考える
2020年6月、パワハラ防止法こと「改正労働施策総合推進法」施行された。パワハラケーススタディとして、話題となっている旭川医大を例に対応を考えてみる。(2021/2/9)

半径300メートルのIT:
ビジネス視点でセキュリティを考える 「CISOハンドブック」が教えてくれること
インシデントに強い組織を構築するために、CSIRTやCISOの設置を考える企業の中には、組織や役職を設置することが目的となり、実際に何をすればいいかが分からないケースも見受けられます。「CISOが明日から使える知識が欲しい」場合はどうすればよいのでしょうか。(2021/2/9)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(11)ブロックチェーン(5):
「ブロックチェーン」に永遠の愛を誓う 〜神も法もかなわぬ無敵の与信システム
今回は、ブロックチェーンについて“技術用語を使わずに”説明してみました。さらに、ブロックチェーンを使用するアプリケーションとして、「借家システム」「ブロックチェーン投票」「ブロックチェーン婚」を紹介します。(2021/2/8)

いまさら聞けない自動車業界用語(10):
品質異常が起きやすいのはどんなときか、再発させないために何をすべきか
2回に分けて「品質」に関わる用語を説明しています。前回は品質異常の未然防止について解説をしました。今回は実際に起こる品質異常と、その対応について紹介します。(2021/2/8)

同人誌違法アップロードサイト「同人あんてな」を作家が訴えた裁判が決着 サイト運営者はVTuber「ゲーム部」にも関与
「ゲーム部」の炎上や、さらに過去には「マジカルストーン」問題でも話題になった“れそ”こと上西恒輔氏が関与していたことが明らかに。(2021/2/8)

香取慎吾、主演ドラマ「アノニマス」主題歌を歌唱 WONKとの再コラボに「これまた胸熱」「美しすぎて震えている」とファン歓喜
うおおおお!(2021/2/1)

コルベットが盛大にクラッシュ炎上、鉄くずに 米ハイウェイで白昼堂々と非合法レースを繰り広げ
事故時には時速190キロ以上出ていたそうです。(2021/1/29)

埼玉県教委が中学校へのスマホ持ち込み緩和 懸念は? メリットは?
埼玉県教育委員会は、県立中の生徒によるスマートフォンや携帯電話の学校への持ち込みについて、規則を緩和する方針を決めた。保護者の間には「時代に合った対応だ」と歓迎する声がある半面、トラブルを懸念する関係者も少なくない。(2021/1/28)

“音声版Twitter”のClubhouse、記者が体験 ディープな話や本音が聞けた
音声版Twitterとも呼ばれる「Clubhouse」(クラブハウス)。記者も体験してみた。(2021/1/27)

プラモやフィギュアにARでエフェクトを加える仮想ジオラマ台座、1月末発売
ナイアーはARのエフェクトを加えてプラモデルやフィギュアを撮影できる「ARコースター」を発売する。建物や樹木、バーニアの噴射などを自由に追加できる。(2021/1/26)

米津玄師はこっち側だろ! ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」のオタク像に総ツッコミ、けもフレ関係者も反応
「なんで米津玄師歌うの? ジャパリパーク歌えばいいじゃん」。(2021/1/22)

フォロワーが幸せな気分になる醤油店 今も続く「Twitterの奇跡」
「上司と同僚が『フォロワーが40人もいて、いいねもたくさんついててメッチャバズってるじゃん!』と言っていました」と投稿し、大反響になったしょうゆメーカー「安本産業」。今でもお歳暮ギフトのネット注文数は例年の約10倍を記録。従業員は増え、10年以上使っていた会社のPCも買い替えることができたという。(2021/1/21)

あなたが中の人?:
フォロワーが幸せな気分になる醤油店「ツイッターの奇跡」
昨年8月、「ツイッター」のフォロワー数が40人に増えたことを「上司と同僚が『メッチャバズってる』と言ってくれた」とつぶやきをしたところ、大反響になった松江市の老舗しょうゆメーカー「安本産業」。反響を受けて注文が殺到し、在庫がゼロになった一連の出来事は「老舗醤油店に起きたツイッターの“奇跡”」として報じたところだが、今でもプチ奇跡は続いているようだ。(2021/1/20)

Mobile Weekly Top10:
「povo」よりも“注目”されたauとUQ mobile/オンライン“専用”プランはうまくいく?
KDDIと沖縄セルラー電話が新料金プランを発表しました。一番注目されたのは、オンライン専用の新料金ブランド「povo(ポヴォ)」……と思いきや、auやUQ mobileの新料金プランの方が読者の興味を集めたようです。(2021/1/19)

組織の日常のコミュニケーションで育む「書く力」:
求められる「要約力」 いかに短い言葉で人を動かすか
組織の日常で求められる書く力とは何か。また、それをどのように育むのか。メディアでの発信をはじめ、表現することの大事さを社員に常に説くサイバーエージェントの曽山哲人氏と、受験指導で生徒に読むこと・書くことの大切さを教え続ける河合塾講師の小池陽慈氏の対話によって明らかにしたい。(2021/1/19)

「元カノに“時効”はない」「クズほど惹かれる」 歪な性と愛を描く異才の漫画家×アイドル界の異端児・香椎かてぃ対談
2021年最も目が離せない漫画家・文野さんと、今最も心配で信仰したいアイドル・香椎さんがリアルな恋愛観をぶっちゃけました。(2021/1/18)

「Twitter歴12年のツイ博士におまかせ!」「怖っ(逃)」 博士の悲哀を描いた漫画が歴戦のツイッタラーたちの心に刺さる
怖くないよ……Twitter歴12年だけど怖くないよ……でもいいねハートは早くファボスターに戻せ。(2021/1/16)

「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?
KDDIが新プラン「povo」(ポヴォ)を発表。1カ月前に発表したプランは不評で、「さよならau」などのワードがTwitterトレンドに入ったが、povoはおおむね好評だ。このプランの強みは何なのか。(2021/1/13)

「無理だって!」 四千頭身、30分で仕上げたBTS「Dynamite」コピーが自他ともに認める“地獄”の出来
近所の子どもからも「下手くそ」の声。(2021/1/13)

コミュニケーション促進:
「田村淳」も採用 “社内SNS”のノウハウ生かしてファンサロン運営に進出したIT企業の商機
コロナ禍でビジネスチャットに注目が集まる。名古屋発のIT企業「スタメン」は組織と従業員のつながりを強化する経営プラットフォーム「TUNAG」を展開。ノウハウを生かしてファンサロン運営に進出した。(2021/1/13)

バチェラー・ジャパン初の夫婦、友永真也&岩間恵が幸せいっぱいのウエディングショット 「こちらまで幸せな気持ちに」「感無量です」
炎上を乗り越えて強く結ばれた絆。(2021/1/7)

Mobile Monthly Top10:
2020年を振り返る(12月編):業界に衝撃を与えたドコモの「ahamo」
2020年12月のアクセス数トップ10を紹介。2020年はドコモの「ahamo」に始まり、KDDIがau向けに、ソフトバンクが3ブランドで新料金プランを発表するなど、「料金」に関する話題で大いに盛り上がりました。12月の記事ランキングは、実にトップ10のうち7本がドコモ料金関連の記事で占められています。(2021/1/5)

数字で見る2021年注目企業:
「炎上」と「改革」で4000億円企業に コロナバブル後に真価が問われるZOZO
サービス開始からわずか17年で商品取扱高が約22倍以上に伸びたZOZOTOWN。急成長できた背景とコロナ禍でも成長し続ける強みを著者の磯部孝氏はこう分析する。(2021/1/4)

WACK渡辺淳之介の言葉はどのようにクリエイトされているのか 思考のプロセスを聞いてみた
渡辺「カタカナの方が個人的にはいい」。(2020/12/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
ソフトバンクも追随、価格破壊「20Gバイト月2980円」の携帯業界ウラ事情
これまで国民・政府が求めてきた「携帯料金の値下げ」に、大手キャリアが舵を切り始めた。ドコモに続き、ソフトバンクも月額2980円で20Gバイトという価格設定を打ち出してきた。実は、ドコモがahamoのような価格破壊的な料金プランを発表する直前に、予備運動らしき行動を取っていたことをご存知だろうか。(2020/12/25)

Mobile Weekly Top10:
ドコモが「5Gギガホ」「ギガホ」を値下げ/スマートフォン・オブ・ザ・イヤー開催!
NTTドコモが2021年4月から、大容量プランの値下げに踏み切ります。月間3GB以下なら自動で1500円値引きする新機軸もありますが、注意点もあります。(2020/12/24)

「glee」女優、性犯罪で有罪になった共演者を擁護し炎上 「私の言葉はとても無神経なものでした」と謝罪
タブー扱いへの抵抗感を告白していました。(2020/12/23)

ソフトバンクはなぜ3ブランドで料金プランを刷新したのか? 榛葉副社長に聞く
ソフトバンクは、既存の料金体系を見直すのと同時に、LINEを生かしたオンライン専用の新ブランドを追加する。新ブランドのコンセプトは「SoftBank on LINE」。「オンライン」と「LINEで」を意味する「on LINE」のダブルミーニングの通り、契約やサポートはLINE上で提供する。新料金を一挙に発表した狙いを榛葉淳副社長に聞いた。(2020/12/22)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

Twitter、認証済み青バッジを2021年1月20日の再開に向けてポリシー公開
Twitterが、2017年に停止した認証済みアカウントプログラムを来年1月20日に再開する。申請が可能になる一方、新ポリシーの下、既に持っている青バッジを剥奪される可能性もある。(2020/12/18)

TVとYouTube、コロナ禍で“相互乗り入れ”加速
2020年はYouTuberが頻繁にテレビ番組に登場した。逆にYouTubeに進出し新しいファンを開拓しているベテランのテレビタレントもいる。コロナ禍で人々のテレビや動画の視聴時間が増加し、この“相互乗り入れ”が急加速した一年となった。(2020/12/18)

デザイナーの取扱説明書(終):
炎上・失敗しないデザイン制作のために依頼者が知るべきポイント
デザインが関わるプロジェクトで「少し気になるけどこんなものでいいか」とされがちなコスト、専門分野、多様性の問題について紹介します。(2020/12/18)

パパ活、整形、ホス狂い―― “夜の街”が熱狂する漫画「明日カノ」作者×オタクホスト「阿散井恋次」対談
リアルすぎる描写で大人気の『明日、私は誰かのカノジョ』。作者の「をのひなお」さんと現役ホストの「阿散井恋次」さんが本音トークを繰り広げました。(2020/12/18)

「ahamo」のインパクトに勝てず“炎上”――KDDIが「分かりにくい割引」をやめなかった理由
KDDIが12月9日に発表したauの新料金プラン。ネット上では発表直後から「結局条件付きの割引か」「期待外れ」などの批判が続出した。ドコモの「ahamo」発表でシンプルな料金設定に注目が集まる中、なぜKDDIは複雑な割引をやめなかったのか。(2020/12/16)

【好きなゲームが世間のクソゲーな人インタビュー】ゲーム史に残るサーバートラブル、でも個人的には好きだった「ファンタシースターユニバース」
チャットシステムが良く、「ノリが良ければどこまでも楽しめるタイプのゲーム」だったとか。(2020/12/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。