ニュース
» 2008年12月10日 09時58分 UPDATE

LG Electronics、LTE準拠の携帯端末向けモデムチップを開発

LGが開発した携帯端末向けモデムチップは、下り最大100Mbps、上り最大50Mbpsを実現するという。

[ITmedia]

 韓国のLG Electronicsは12月9日、標準化団体3GPPが推進する次世代通信規格LTE(Long Term Evolution、別名スーパー3G)に準拠した、初の携帯端末向けモデムチップを開発したと発表した。

 新モデムチップは、サイズは13×13ミリ。理論的には下り最大100Mbps、上り50Mbpsを実現するとしている。

 同社の研究所で行った実験では、下り最大60Mbps、上り最大20Mbpsを達成したという。この実験ではWindows Mobile搭載のテスト端末を用い、高画質のオンデマンドビデオ再生を行った。現在市場で販売されているHSDPA携帯の場合、下りで最高7.6Mbpsとされる。

 またPCに差して使うためのLTEチップ搭載データカードも発表した。

lg モデムチップ(中央)とLTEデータカード(左右)

 LGは、新モデムチップの開発を第4世代携帯への第一歩と位置付けている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -