ニュース
» 2008年12月22日 07時00分 UPDATE

レコーダー販売、BD率が8割目前 平均単価10万円切る

BCNの調査によると、年末商戦前半戦で、レコーダーに占めるBlu-ray Discの販売金額構成比が78.5%。販売台数構成比は65.7%まで伸び「本格普及期に入った」としている。

[ITmedia]
画像

 BCNの調査によると、12月第2週(8日〜14日)の年末商戦前半戦で、レコーダーに占めるBlu-ray Disc(BD)の販売金額構成比が78.5%と8割に迫っていることが分かった。販売台数構成比は65.7%まで伸び「本格普及期に入った」としている。

 11月第2週(10〜16日)のBD販売金額構成比は68.8%。その後4週間で10ポイント伸びた。12月第2週の税抜き平均単価は9万2300円と10万円を大きく割り込んでいる。普及をけん引するのは容量250Gバイトの低価格モデルで、平均単価は7万4200円。12月第2週の販売台数構成比は39.1%と最も多く売れている。

 DVDなど従来型レコーダーは250Gバイトモデルの平均単価が5万600円で、BDとの差が3万6000円と接近していることがBD需要を後押ししているようだ。DVDとの価格差は、容量が拡大するほど大きくなっている。

HDD容量 平均単価 販売台数構成比 HDD同容量のDVDレコーダーとの価格差
250Gバイト 7万4200円 39.1% 3万6000円
320Gバイト 8万9000円 29.3% 3万6700円
500Gバイト 11万3600円 28.4% 5万7300円
1Tバイト 17万1700円 2.8% 8万6000円

 前年同期比で見ると、BDの販売金額は2.4倍、台数は3.3倍と大幅に伸びている。DVDなどを含めたレコーダー市場全体では、台数こそ2.1%微増しているが、金額はマイナス4.4%と減少に転じている。

画像

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -