ニュース
» 2009年01月29日 09時30分 UPDATE

Google、接続スピード判定ツールなどのプラットフォーム「M-Lab」立ち上げ

Googleがネット中立性の維持を目的とするオープンプラットフォーム「Measurement Lab(M-Lab)」を公開した。

[ITmedia]

 米Googleは1月28日、ニューアメリカ財団、PlanetLab Consortium、学術研究者らとともに、インターネット測定のためのオープンプラットフォーム「Measurement Lab(M-Lab)」を公開した。同社でチーフインターネットエバンジェリストを務めるビント・サーフ氏が公式ブログで発表した。

m-lab

 Googleは、M-Labを健全で革新的なインターネットの維持を助けることを目指して立ち上げたという。接続スピードやISPによる特定アプリケーションの遮断状況など、インターネットに関するさまざまな分析に必要な環境を研究者に提供していく。まず2009年初旬に米国と欧州の12地域で36のサーバを提供する。M-Labで収集されたデータは同プラットフォームに参加する研究者らに公開される。

 現在M-Labのサイトでは、M-Lab参加研究者が作成したユーザー向けのブロードバンドスピード測定ツールやBitTorrentがISPで遮断されていないかを判定するツールなどが公開されている。Google本社近くに設置したサーバで稼働するこれらのツールをユーザーが使うと、判定結果が表示されると同時に個人を特定できない形で情報データが研究者に送られる。

m-lab2 ツールの1つ「Network Diagnostic Tool」の判定結果

 今後、ISPが特定のトラフィック、ユーザー、アプリケーションに優先順位をつけていないかどうかを判定するツールなどが公開される予定だ。

関連キーワード

Google | ISP | BitTorrent | 優先順位 | ブロードバンド | QoS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -