ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2009年02月06日 07時00分 UPDATE

上りも10Gbpsに 「10G-EPON」試作システムを三菱電機が開発

電話局とユーザー宅端末間の光アクセスを10Gbpsに高速化する「10G-EPON」の新試作システムを三菱電機が開発。上りも10Gbpsに高速化したほか、1Gbpsとの混在収容も可能。

[ITmedia]

 三菱電機は2月5日、電話局とユーザー宅端末間の光アクセス通信速度を10Gbpsに高速化する「10G-EPON」(10Gigabit-Ethernet Passive Optical Networ)の新試作システムを開発したと発表した。下りだけでなく、上りでも10Gbpsを実現したのが特徴。数年後の商用化を目指す。

photo

 現在、局内装置(OLT)とユーザー宅の光回線終端装置(ONU)をつなぐ方式として、1つのOLTで複数のONUを収容する「GE-PON」方式が採用されており、1GbpsをうたうFTTHサービスは同方式を使っている。高速化技術として10G-EPONの開発が進められているが、ONUからの高速信号を短時間に処理できるOLTの実現と、1Gbpsサービスとの混在収容が課題になっていた。

 新システムでは、PONが採用する時分割多重方式で送出するバースト状の信号のタイミング変化やレベルの強弱などに高速応答できるOLTを開発し、上りも10Gbpsに高速化。また下りにWDM(波長分割多重)技術を導入、1つのOLTで1Gbpsと10Gbpsの混在収容を業界で初めて実現した。新システムはIEEEの10G-EPON標準規格(IEEE 802.3av)に準拠した。

関連キーワード

三菱電機 | FTTH


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.