ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2009年02月10日 07時00分 UPDATE

東芝、世界最大最速のFeRAM

東芝は、不揮発性RAMとして世界最大容量・世界最速となる、128Mビット・1.6Gバイト/秒のFeRAMを開発したと発表した。

[ITmedia]

 東芝は2月9日、不揮発性RAMとして世界最大容量・世界最速となる、容量128Mビット、転送速度1.6Gバイト/秒のFeRAM(Ferroelectric RAM:強誘電体メモリ)を開発したと発表した。

 独自の省スペース技術「チェーン構造」の改良型を採用。セルサイズを小型化した際の信号量の低下を防ぐ新規アーキテクチャも搭載し、集積度を向上した。

 データ転送時に生じる内部の電源供給レベルの揺れを予測・調整する電源回路を追加し、転送速度を向上させた。

 インタフェースはDDR2。携帯電話やモバイルPC、SSDなどでの利用を見込む。

関連キーワード

東芝 | 最大 | 最速


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.