ニュース
» 2009年02月18日 09時25分 UPDATE

Mobile World Congress 2009:GSMA、2012年までに携帯電話の充電規格を統一

携帯通信事業者の業界団体が、携帯電話の充電器の規格統一に向けて動き出した。実現すれば、機種を問わず同一の充電器が共有できるようになる。

[ITmedia]

 携帯通信事業者の業界団体GSM Association(GSMA)と大手モバイル通信事業者17社は2月17日、携帯電話の充電器と充電器コネクターの規格統一を目指すと発表した。充電器の規格を統一することで、重複する推定5万1000トン分の充電器の削減を目指す。また省エネ効果の高い充電器の普及により、待機時の電力消費量を最高50%削減できるという。

 同団体は、2012年をめどに「Universal Charging Solution(UCS)」を立ち上げ、充電のインタフェースとしてはMicro USBを採用する。2012年1月1日までに、すべての新規携帯電話は新規格のコネクターを採用し、充電器については、業界団体OMTP(Open Mobile Terminal Platform)が設定した電気効率基準を達成することを目標とする。

 充電器の規格が統一されれば、携帯電話を買い換えても古い充電器がそのまま使用でき、また外出先でもほかの充電器を使って充電することが可能になる。メーカー側の充電器製造個数も減らせるため、製造時に排出される二酸化炭素を年間1360万トンから2180万トン削減できる見通しという。

 規格統一イニシアチブには、3 Group、AT&T、KTF、LG、mobilkom austria、Motorola、Nokia、Orange、QUALCOMM、Samsung、Sony Ericsson、Telecom Italia、Telefonica、Telenor、Telstra、T-Mobile、Vodafoneが賛同を表明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -