ニュース
» 2009年02月19日 07時00分 UPDATE

世界で認められた日本発ブランドは? 3位「SONY」、4位「Canon」、5位「Nintendo」

国際展開する日本発のブランドの価値ランキングで、トップは「TOYOTA」。エレクトロニクス関連では「SONY」が3位、「Canon」が4位、「Nintendo」が5位に入った。

[宮本真希,ITmedia]
画像 同社のテレンス・オリバーCEOと田中英富エグゼクティブ・コンサルタント

 企業のブランド戦略立案などを行うインターブランドジャパンは2月18日、国際展開する日本発のブランドの価値ランキング「Japan's Best Global Brands 2009」のトップ30を発表した。1位は「TOYOTA」、2位以下は「HONDA」「SONY」「Canon」「Nintendo」「Panasonic」「LEXUS」と続く。

 国内企業が生んだコーポレートブランドを対象に、(1)ブランドの収益予想(財務)、(2)ブランドが消費者の購買意志決定に与える影響力(ブランド役割)、(3)消費者の需要を維持するブランドの能力(ブランド力)──の3点を分析し、ブランド価値を金額に換算して算出した。対象企業が株式上場していることや、海外売上高比率が30%以上あることなどが条件。

 上位7ブランドは、昨年9月に発表した世界のブランド価値ランキング「Best Global Brands 2008」トップ100にもランクインしているが、当時と比べブランド価値がアップしたのは「Nintendo」のみ。

 Nintendoは「『Wii』や『ニンテンドーDS』で性別や年代に区別なく、家族で楽しめる新しいコンセプトを示し、グローバルで独自のポジションを築き上げた」(同社の田中英富エグゼクティブ・コンサルタント)点を評価。「Panasonic」は「National」を廃止し、ブランド統一した効果を評価し、ブランド価値をほぼ横ばいとした。

 30位までのうち、自動車関連が30%、エレクトロニクス関連が50%を占めた。「自動車とエレクトロニクスに支えられた日本の産業構造の特徴がランキングにも反映されている」と田中さんは指摘。昨年の世界ランキングでは自動車が13%、エレクトロニクスが23%にとどまっている。

 同社のテレンス・オリバーCEOは「ブランドは会社の大切な資産。世界ランキングに日本のブランドが7社しか入っていないのは寂しい。日本のブランドがグローバルで強くなるよう願っている」とコメントした。

 ランキングは以下の通り。

順位 ブランド ブランド価値(100万ドル)
1位 TOYOTA 31570
2位 HONDA 17673
3位 SONY 12438
4位 Canon 10484
5位 Nintendo 9182
6位 Panasonic 4287
7位 LEXUS 3233
8位 NISSAN 2901
9位 TOSHIBA 2404
10位 SHARP 2344
11位 SHISEIDO 2201
12位 KOMATSU 2005
13位 SUZUKI 1562
14位 Nikon 1533
15位 RICOH 1376
16位 OLYMPUS 1267
17位 MITSUBISHI ELECTRIC 1105
18位 BRIDGESTONE 1105
19位 DAIKIN 1074
20位 YAMAHA 953
21位 KONICA MINOLTA 792
22位 HITACHI 661
23位 MITSUBISHI MOTORS 628
24位 MAZDA 613
25位 FUJITSU 612
26位 ASICS 598
27位 CASIO 591
28位 EPSON 583
29位 brother 556
30位 kikkoman 539

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。