ニュース
» 2009年02月27日 09時13分 UPDATE

勝ったユーザーを狙う:敗者が報復? Xbox LiveでDoS攻撃発生

Xbox Liveでゲームに勝ったプレイヤーを狙い、DoS攻撃が仕掛けられている。

[ITmedia]

 米Microsoftのオンラインゲームサービス「Xbox Live」で、ゲームに勝利したプレイヤーを標的にしたDoS(サービス妨害)攻撃が仕掛けられているもようだ。Microsoftが調査に乗り出したという。セキュリティ企業のTrend Microが英BBCの報道を引用してブログで伝えた。

 それによると、この攻撃に使われているツールはXbox Live のネットワークではなく、ゲームをホスティングしているプレーヤーのIPアドレスをターゲットにしているという。まず狙ったユーザーのIPアドレスを突き止め、それに対してDoS攻撃を仕掛けるという手口で、ゲームに負けたユーザーが報復のために行っている可能性もある。

 一般のユーザーが他人のIPアドレスを突き止めることは難しいが、サイバー犯罪組織がこの種のサービスを有料で提供すれば、利益を上げるチャンスになるとTrend Microはみる。こうした行為は利用規約違反になるとMicrosoftは強調しており、見つかればXbox Liveの利用禁止も辞さない構えだ。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -