ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年02月27日 14時58分 UPDATE

Facebook、ユーザー参加型で新利用規約を策定

Facebookは規約変更騒動を教訓に、ユーザーから意見を募って新たな利用規約を作成する。

[ITmedia]

 米Facebookは2月26日、ユーザー参加型の新しいガバナンス方針を明らかにした。第一弾の取り組みとして、新たな利用規約の草案を公開し、ユーザーの意見を募る。

 公開された草案は、ユーザーの権利を規定するガイドライン「Facebook Principles」と、現行の利用規約に代わる「Statement of Rights and Responsibilities」。ユーザーからこれらについての意見を3月29日まで募集する。仮想の市民集会や投票も行い、ユーザーの意見を参考に新たな規約を作成するという。規約作成に参加するユーザー委員会も結成する意向だ。

 今後は新しいプライバシーポリシー案も公開し、同様にユーザーの意見を募るとしている。

 同社は2月初めに利用規約を変更したが、変更内容をめぐりユーザーから批判され規約を元に戻した。新しいガバナンス方針はこの騒動を受けてのものだ。「われわれのような企業は、新たなガバナンスモデルを開発する必要がある。今回発表した変更は、ユーザーがわれわれの方針や未来に有意義に参加できるよう、Facebookをオープンにするためのものだ」とマーク・ザッカーバーグCEOは述べている。

関連キーワード

利用規約 | Facebook | 規約改定


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.