ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「利用規約」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「利用規約」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

3Dプリンタニュース:
PFUが「HHKB Studio」のキートップ3Dデータ公開
PFUは、同社が開発、販売しているキーボード「HHKB Studio」のキートップ3Dデータを公開した。オリジナルのキートップを作成したり、使用許諾条件に基づき販売したりすることも可能だ。(2024/2/2)

寄付金の着服あった「24時間テレビ」、日テレが再発防止策 キャッシュレス募金など導入
テレビ番組「24時間テレビ」の寄付金の着服問題について、日本テレビ放送網は再発防止策を発表した。新たな規約を設けた上でキャッシュレス募金などを導入する。(2024/2/1)

読売新聞、Web記事の“生成AIへの学習利用”を禁止に 利用規約を改定 スクレイピングなどもNG
読売新聞社は、Webメディア「読売新聞オンライン」の利用規約を改定すると発表した。掲載記事を生成AIなどに学習させる行為などを新たに禁じる。2月1日から適用する。(2024/1/25)

お絵かきアプリ「アイビスペイント」、生成AI使った「AIお手本機能」取り下げ 「ユーザの皆様からの反響を重く受け止め」
利用規約の改定も発表。(2024/1/11)

「スイカゲーム」100万DL突破 配信規約も公開
Aladdin Xは10日、Nintendo Switchソフト「スイカゲーム」が100万ダウンロードを突破したと発表した。併せてスイカゲームの特設ページを公開。動画投稿/配信に関するガイドラインを掲載している。(2023/10/10)

UnityのリチティエロCEO辞任 新料金への猛反発後
Unity Technologiesは取締役会長兼CEO兼社長のジョン・リチティエロ氏が退任すると発表した。理由の説明はないが、同社は新たな価格モデルとサービス利用規約の変更を発表し、開発者から猛反発を受けていた。(2023/10/10)

CIO Dive:
Zoomの「個人データ利用」はなぜ批判されたのか 顛末を振り返る
AIを利用したサービスを活用する際に、個人データが収集されることへの懸念は根強い。Zoomはこの懸念に応える形で利用規約を改訂したが、それでも批判は続いた。なぜか。(2023/9/8)

北海道・標津町、広報誌に写真を無断使用か 写真家の訴え拡散、「使用許諾を取らず写真を使用したことは事実」
拡散されている投稿の一部に「こちらの認識と異なる部分がある」とした上で、再発防止に努めていくとしています。(2023/9/7)

X(Twitter)が利用規約を更新 「集団訴訟に参加する権利の放棄」などが追加
新旧どちらの規約も見られるので気になる人は見比べてみると良いでしょう。(2023/8/31)

PIXTA「AI学習目的での使用禁止」を規約に明記 クリエイターの懸念に配慮
ストックフォトサービス「PIXTA」の利用規約が改訂。生成AIモデルなどAI学習目的での使用を禁止行為に追加する。(2023/8/22)

地下ドル、メンバー2人の規約違反で「名前汚され」解散 未成年メンバーの飲酒行為も告白
「ヲタク」用のアカウントで不特定多数の人と接触していたとのこと。(2023/8/18)

利用規約の内容で懸念、議論に:
Zoom「顧客の同意なしに、AIモデルのトレーニングに顧客コンテンツを使用することはない」と発表
Zoomの最高プロダクト責任者が「Zoomの利用規約は、同意なくユーザーコンテンツをAIトレーニングに利用できる」という技術系情報サイトの懸念、議論に対して「Zoomのサービス規約と業務慣行はAI機能にどのように適用されるか」と題したブログ記事を公開した。(2023/8/10)

Zoom、「顧客の同意なしに」ユーザーデータをAIトレーニングに利用しないと約束し、利用規約を更新
Zoomは、3月末の利用規約更新でユーザーデータの権利をZoomが単独で保持することになるという指摘を受け、ユーザーの同意なしにはデータをAIのトレーニングに使ったりしないと説明し、利用規約に文言を追加した。(2023/8/8)

任天堂が「ニンテンドーアカウント」の不正取引に注意喚起 「第三者への譲渡などは利用規約違反」
任天堂は、ニンテンドーアカウントの情報を第三者へ受け渡す不正取引が行われているとして注意喚起した。「他人のニンテンドーアカウントの使用や、自分のニンテンドーアカウントの貸与・譲渡は利用規約違反になる」と呼び掛けている。(2023/7/24)

pixivFANBOX、25日に規約改定 AI生成作品の公開、外部サイトへの誘導を禁止
ピクシブが「pixivFANBOX」におけるAI生成作品の扱いに関する規約を7月25日に改定する。AI生成作品の投稿や、外部サイトへの誘導行為を禁止する旨を明記する。(2023/7/11)

Threads、商用利用について規約修正 「本来の趣旨にそぐわない商業目的」を禁止に
米MetaのSNS「Threads」が、日本語の利用規約を7月7日に一部修正した。禁止事項に関して、「商業目的でThreadsサービスを活用すること」としていた項目を「本来の趣旨にそぐわない商業目的でThreadsサービスを利用すること」に変更している。(2023/7/11)

Threads、JASRACと利用許諾契約を結んでいた Twitterとの差別化点に
日本音楽著作権協会(JASRAC)が、米Metaの新SNS「Threads」を利用許諾契約締結サービスの一覧に追加した。自分で制作した音源を使っている場合なら、JASRAC管理楽曲のカバー動画などをThreadsにアップロードできる。(2023/7/6)

新SNS「Threads」利用規約に「商業目的の使用禁止」 → 誤訳と判明 企業アカウントも参入OKだった
企業公式アカウントも増えそうです。(2023/7/6)

「Threads」で企業アカウントは作れない? 規約に「商用利用禁止」とあるものの誤訳と判明
7月6日から日本でも利用開始となった米Metaの「Threads」。Twitterの対抗馬として注目を集めているが、Threadsで商用利用はできないのではないか。という見方がTwitterで広まっている。(2023/7/6)

pixiv、AI巡る規約改定 「作品をAIに学習させた」&「投稿者の不利益になる」満たす行為を禁止
イラスト投稿サイト「pixiv」を運営するピクシブは、同社が運営するサービスの利用規約を改定した。(1)pixivなどに投稿された作品をAIなどに学習させる、(2)投稿者の不利益となる──この2つの条件を満たす行為を禁止した。(2023/5/31)

pixivが規約改定へ 特定クリエイターの画風・作風模倣した作品に規制
(2023/5/2)

スマホゲーム公式が3Dモデル無償配布、利用規約なくユーザー困惑 「勝利の女神:NIKKE」の施策が話題
スマートフォンゲーム「勝利の女神:NIKKE」の公式3Dモデルが無料配布に。ただし利用規約やガイドラインの類が存在せず、SNS上ではどう使っていいか困惑する声が見られる。(2023/4/17)

楽天ペイ、決済上限額を10万円から50万円に拡大 地方税支払いへの布石か?
楽天ペイは4月11日に規約を改定し、楽天ペイで1回に支払える金額の上限を、従来の10万円から最大50万円に拡大した。うち、楽天ポイントの利用はダイヤモンド会員以外は3万円としている。(2023/4/12)

「YouTube収益化の新しい規約を確認して」 配信者・クリエイター狙う詐欺メール Googleが注意喚起
YouTubeをかたるフィッシングメールを確認したとして、グーグルが注意喚起。収益化に関する規約が新しくなったなどと偽り、不審なファイルのダウンロードを促すという。(2023/4/6)

組み込み開発ニュース:
C/C++言語の新たなコーディング規約に完全対応したテストツールを販売開始
テクマトリックスは、C言語/C++言語のコーディング標準に対応したテストツール「C++test 2022.2」の販売を開始した。(2023/3/24)

JASRACとGoogleが連携強化 YouTubeの「Content ID」本格活用へ
日本音楽著作権協会(JASRAC)とGoogleは、YouTube上でのJASRAC管理楽曲の利用について、新たな許諾契約を締結したと発表した。音楽クリエーター、音楽出版社など権利者へのより正確な分配を図るため、YouTubeの「Content ID」を本格的に活用するとしている。(2023/2/13)

Twitterのサードパーティー製アプリ禁止、正式決定 「Twitterアプリの代替または類似サービス禁止」 規約がひっそりと変更に
非公式Twitterアプリが禁止に。(2023/1/20)

Twitter、「開発者契約」を密かに改定し、公式にサードパーティアプリを禁止
Twitterは開発者利用規約を改定し、サードパーティアプリを公式に禁止した。開発者に対する規約改定の告知はなかった。(2023/1/20)

メルカリ、他人を呪う“呪術”が多数販売で物議 「確実に呪います」と訴える出品も 運営元「対応方針については差し控える」
運営元のメルカリに規約や今後の対応について問い合わせました。(2023/1/19)

NHK、受信料未払いに2倍の「割増金」 4月から導入へ
NHKによる「日本放送協会放送受信規約」の変更を総務省が認可した。変更点として、不正に受信料の支払いを免れた際に、受信料に加え、その2倍に相当する割増金を請求できる制度を盛り込む。4月1日から適用される。(2023/1/19)

ピクシブ、規約改定の詳細発表 「実写による公序良俗に反する商品」など禁止の基準明らかに
(2022/11/30)

ピクシブ、BOOTHなどで「実写・直接の被害者が実在しうる作品」を禁止に 新規約の詳細を公開
ピクシブは、同社が運営する決済機能を持つサービスの規約変更について、内容の詳細を公開した。実写または実写に近い写実的な表現などが禁止になる。(2022/11/30)

ピクシブの利用規約改定で波紋 ピクシブ「国際カードブランドの規約違反の指摘が増え変更を検討」
(2022/11/18)

Twitter Blueの再開は11月29日 名前変更時に認証バッジを一時削除する仕様に
イーロン・マスク氏が、現在一時停止しているサブスクリプションサービス「Twitter Blue」の提供を11月29日に再開すると明らかにした。加入者がアカウント名を変更した場合、その名前が利用規約を満たしていると確認できるまで認証バッジを表示しない仕様にする。(2022/11/16)

「児ポ」「獣姦」──pixivの一部サービスで規制強化、対応なければアカ停止も ユーザーからは批判相次ぐ
ピクシブが運営する「BOOTH」「pixivFANBOX」「pixivリクエスト」など、決済をともなうサービスについて、共有の利用規約の改定を12月15日に実施する。禁止されている取引の明確化を目的としたもので、11月下旬に新しい利用規約を公開する。(2022/11/15)

「チェンソーマン」作者のTwitterアカウントが凍結 妹としてアカウント運用、年齢の規約に抵触か
漫画「チェンソーマン」作者である藤本タツキさんのTwitterアカウントが凍結。藤本さんは自身のアカウントを小学生の妹・「ながやまこはる」が使っているという体で運用しており、年齢の規約に抵触したとみられる。(2022/11/11)

「アイドルマスター ミリオンライブ」公式Twitterアカウントが凍結 誕生日をサービス開始日にし規約に抵触
「アイドルマスター ミリオンライブ」の公式Twitterアカウントが凍結。誕生日をゲームのサービス開始日である2013年2月に設定し、Twitterの「13歳未満は利用禁止」という規約に抵触したという。(2022/10/26)

規約管理SaaSを提供開始:
「意識せずに規約に同意するユーザー」が法務部門の負担を増やしている 弁護士ドットコム
弁護士ドットコムは、法務の規約管理を支援するSaaS「termhub」を2022年10月26日から提供する。企業の法務などの管理部門が作成したWebサイトの規約について、承認の申請から更新までをワンストップで管理できる。(2022/10/26)

NHK、不正な受信料未払いに2倍の「割増金」 受信規約見直しで意見募集
NHKは12日、検討中の「受信規約 素案」に対する意見募集を始めた。規約変更は2023年4月を予定している。(2022/10/13)

「SkebはツールとしてのAI利用を認めていない」 創業者が明言 規約には4年前から記載
「Skebでは現在、ツールとしてのAIの利用を一律して認めていない」──イラスト発注サイト「Skeb」を運営するスケブ(東京都千代田区)の創業者のなるがみ(@nalgami)さんはTwitter上にこんな投稿をした。(2022/10/5)

メルカリとスタバが包括連携 規約違反に素早く対応
メルカリとスターバックス コーヒー ジャパンは10月4日、包括連携を開始し、メルカリ上でスターバックスの商品が安心、安全に取り引きできる環境を構築していくと発表した。(2022/10/4)

メルカリ、バッテリーが破損・故障した電化製品など出品禁止に 非純正品のバッテリーも
メルカリがバッテリーに関する出品の規約を更新した。新たに「バッテリーが膨張、破損、故障した電化製品」などの出品を禁止。これまでは「バッテリーが膨張した電化製品」のみを禁じていた。(2022/9/2)

MicrosoftがWindows Serverに関するライセンス規約を更新へ、仮想コア対応など クラウド・仮想環境などとのシームレスな運用がしやすく
米Microsoftが、WindowsとWindows Serverなどに関するライセンス規約の変更について明らかにした。クラウドやホスティングに対してより柔軟なライセンスにすることが主眼となっている。10月1日から有効になる予定。(2022/9/2)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【後編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題は解消しない?
ECの独占禁止法に関する調査を受けたMicrosoftは、問題となったライセンス規約を変更すると発表した。だが専門家は同社の取り組みに懐疑的な見方を示す。それはなぜなのか。(2022/7/4)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第4回】
macOSが使いたいのに使えないDaaSユーザーが選ぶべき“2番目のOS”とは?
Appleのライセンス規約により、DaaSでは「macOS」を利用することが難しい。その代替策として使える、仮想デスクトップ利用に適したOSとは。(2022/6/29)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【前編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題が緩和へ ただしAWSだと高いままの謎
Azure以外のクラウドサービスでMicrosoft製ソフトウェアを利用する際、料金が高くなる――。Microsoftはこのライセンス規約の緩和を進める。ただしAWSとGCPは緩和の対象外だという。その背景は。(2022/6/25)

車載ソフトウェア:
GitHubが車載ソフトのISO26262準拠を支援、ウーブン・プラネットと連携
GitHubは、トヨタ自動車傘下のウーブン・プラネット・ホールディングスとの連携により、コーディング規約であるCERT C++とAUTOSAR C++に準拠した「CodeQL」クエリをリリースしたと発表した。これによって「GitHub Code Scanning」に、自動車向け機能安全規格であるISO 26262に準拠しない記述を警告表示する機能が加わる。(2022/6/24)

DaaSの世界に「macOS」を持ち込めるのか【第2回】
macOSが「DaaS」で自由に使えない“Appleライセンス的な理由”
DaaSで一般ユーザーが「macOS」を使うことは難しい。その背景には、Appleの厳格なライセンス規約があるという。どういうことなのか。(2022/6/15)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【後編】
「AzureじゃないクラウドだとOfficeが高くなる」ライセンス規約は違法なのか?
Microsoftは同社のライセンス規約により、欧州の独占禁止法違反の疑いで欧州委員会から調査を受けている。一方で米国の独占禁止法に違反しているかどうかの判断は、より難しくなるという。その背景は。(2022/6/13)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【中編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」ライセンス規約変更が3年後に騒がれた理由
Microsoftは2019年に同社製品のライセンス規約を更新した。その変更内容が独占禁止法に違反していると、欧州委員会が指摘している。競合他社のクラウドベンダーとユーザー企業はどう動くのか。(2022/6/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。