ニュース
» 2009年03月03日 07時30分 UPDATE

コンタクトレンズの子供は眼鏡の子供より外見に自信――米大学調査

コンタクトレンズを付けるか眼鏡をかけるかで、子供の自己意識に違いが出てくると研究者は報告している。

[ITmedia]

 コンタクトレンズを装用している子供は、眼鏡の子供よりも自分の外見や運動能力、友人関係に自信を持っている――。オハイオ州立眼科大学などがこのような研究結果を発表した。

 この研究は、コンタクトレンズと眼鏡が子供の自己意識に及ぼす影響を比較するため、米国の5カ所の臨床センターで484人の近視の子供(8〜11歳)を対象に行われた。研究が行われた3年間、237人は眼鏡を、247人は使い捨てのソフトコンタクトレンズを装用するようランダムに割り振られた。

 調査の結果、コンタクトレンズの子供と眼鏡の子供では、自尊心全般には大きな差はないことが示された。学校での成績や自分自身の行動に対する認識に関しても同様の結果が得られたという。

 だが、子供に「自分の外見について」「自分の運動能力について」「友人にどう思われているか」についての考えを聞いたところ、コンタクトレンズの子供の方が眼鏡の子供よりも自己評価が高かった。最も差が大きかったのは外見という。

 研究結果は、8歳の子供でも、眼鏡ではなくコンタクトレンズを装用する方が社会的なメリットがあることを示唆していると研究者らは語り、幼い子供にも眼鏡かコンタクトレンズかの選択肢を与えるべきだとしている。「年齢でコンタクトレンズにするか眼鏡にするかを決めるべきではない。子供の意欲や能力、成熟度、健康状態、目の大きさを考えるべきだ。6歳でも一人でコンタクトレンズを付けられる子もいるし、25歳でもできない人もいる」

 研究論文は「Optometry and Vision Science」の3月号に掲載される。

関連キーワード

メガネ | 子供 | コンタクトレンズ | 萌え


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -