ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンタクトレンズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

医療技術ニュース:
構造を簡素化することで、最大30倍以上伸びるゲルを開発
東京大学は、ゲルの網目の分岐数を1つ減らした3分岐構造のゲルが、30倍以上伸ばしても破断しない、強い強靭性を持つことを発見した。繰り返し負荷を与えても常に一定の強靭性を示す、ロバスト強靭性も示された。(2022/5/10)

デンソーウェーブに聞く:
#あれ実は私なんです──QRコードの開発秘話と、その知られざる実力とは
Twitterで、デンソーウェーブの公式アカウントが「#あれ実は私なんです」「QRコードを開発しました。」とツイートをし、話題になっている。毎日のように見かけるQRコードの開発秘話や、意外と知らない活用用途とは? 担当者に話を聞いた。(2022/4/16)

「恥ずかしいけど見てね」 中川翔子、“絶対に脱がない鎧”カラコン外したガチすっぴんに反響集まる
若返った……?(2022/4/7)

順天堂大学大学院の調査:
花粉症持ちはどんな特徴があるのか? 花粉症症状の強さと関連する特徴も明らかに
順天堂大学大学院医学研究科 眼科学の猪俣武範准教授らの研究グループは、スマホアプリ「アレルサーチR」によるクラウド型大規模臨床研究を実施。その結果、花粉症患者の特徴、花粉症のある人の特徴や症状の重さに関連する特徴が明らかになってきた。(2022/3/28)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
4万円切って、堂々と人前に出られるスマートグラス「Nreal Air」がほしい!
ドコモとKDDIが3月4日に発売する「Nreal Air」が、お手頃なスマートグラスとして魅力的に思えた2人の記者が語り合います。(2022/2/15)

海外医療技術トレンド(80):
AI実装に踏み込む米国FDAの医療機器ガイドライン策定計画
本連載第78回、第79回と、欧州の医療機器に関わる規制動向を取り上げた。一方、米国のFDAはAIをはじめとする新技術利用に重点を置いた規制改革を推進している。(2022/2/10)

4000人に聞いた:
メガネをかけた人のイメージ 3位は「勉強/仕事ができそう」、2位と1位は?
プラネットは、「メガネに関する意識調査」を実施した。メガネをかけた人に対してどういうイメージを抱いているかを聞いた。また、コンタクトレンズではなくメガネをかける理由なども調査した。(2022/1/30)

【その視点はなかった】眼鏡やコンタクトを紛失したら「携帯電話のカメラ」が目の代わりになる 非常時役立つ知識が話題に
カメラに映ったものが手元で鮮明に見えるということは?(2022/1/11)

dポイント/d払いの加盟店が拡大 日高屋やRight-onで利用可能に
NTTドコモの「dポイント」「d払い」加盟店が拡大。日高屋やRight-on、パナソニック公式ショッピングサイトなどで利用可能となる。(2021/12/27)

中国ARPARAが5Kパネルを採用した軽量VR HMD「arpara」をCAMPFIRE経由で提供開始
中国ARPARA GLOBAL TECHNOLOGYは、軽量筐体を実現したVR HMD「arpara」の日本国内提供を発表した。(2021/9/30)

メガネスーパー、在宅療養者向けに使い捨てコンタクトレンズ無償提供など支援
(2021/9/10)

ダブルネーム店舗を推進:
ピアゴ碧南店、9月14日「ドン・キホーテUNY碧南店」にリニューアルオープン グループ力を活用し「情熱職人」も
「ピアゴ碧南(へきなん)店」(愛知県碧南市)は、9月14日に「ドン・キホーテUNY碧南店」へリニューアルオープンする。商圏が、2〜3世代が同居する4人以上の持ち家世帯が比較的多いエリアなのでそれに対応する。(2021/8/25)

医療機器ニュース:
モバイルヘルスアプリを用いたドライアイの共同研究を開始
東北大学東北メディカル・メガバンク機構と順天堂大学は、モバイルヘルスアプリを用いたドライアイの共同研究を開始する。アプリで収集したデータとゲノム解析情報を組み合わせ、新しい病型分類の確立や発症に関わる遺伝子多型の特定を目指す。(2021/8/19)

「そっくり」「本当に可愛い!!!」 餅田コシヒカリ、橋本環奈監修のカラコンで“100キロのハシカン”になる
ポテンシャルが青天井の餅田さん。(2021/8/12)

メガネ民を脅かすあるある漫画 令和になっても無くならない“昭和な失敗”に「もうこの病院来れないじゃん!!!」
特にコンタクトと併用してる人にありがち?(2021/8/5)

子どもが「弱視」の診断を受けた体験談 「小さい子を持つ親に知ってほしい」と呼びかける漫画に反響
弱視は早期発見が重要。(2021/7/21)

5K映像の中でビジネスがサクサク進む! 「VIVE Focus 3」に触ってきた
HTCが6月に発売したビジネス向け新型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」を体験。5K映像に浸りながら、新たな可能性を考えた。(2021/7/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
世界中に広がるサイバー攻撃、日本企業は大丈夫なのか
世界的に発生する大規模なサイバー攻撃が大きな話題になっている。米国の首都ワシントンDCの警察も被害を受けたわけだが、日本企業は大丈夫なのだろうか。(2021/5/20)

宇垣美里、目の手術へ パッチリ見開いた瞳のショットで「ちょっと緊張するけど楽しみ!」
目のストレスが軽減されますように!(2021/3/26)

AppleのARヘッドセットはフレネルレンズを採用? 2022年に1000ドルで登場とアナリスト予想
Apple製ARデバイスに関してミン=チー・クオ氏が新たな予想。(2021/3/24)

「素の美しさが際立ってる!」 みちょぱ、“ギャルの命”カラコン外した貴重な「裸眼ショット」公開でアンニュイな魅力が開花
ギャルみが薄い。(2021/3/20)

進む化粧品業界のDX化:
ZOZOGLASSの予約数は50万件 大手ファッションECが続々コスメ事業に参入する狙い
ZOZOTOWNは3月18日、コスメ専門モール「ZOZOCOSME(ゾゾコスメ)」をオープンした。ZOZOはこれまでも化粧品を取り扱ってきたが、モール開設で一気にブランド数を増やし、500ブランド以上をそろえる。(2021/3/19)

水曜インタビュー劇場(プカ〜公演):
喫煙所でどんなビジネスが生まれているのか スキマ デパートの試みが面白い
東京都内で、喫煙所がじわじわ増えていることをご存じだろうか。設置しているのは、自販機などを扱っている「スキマ デパート」。喫煙所を増やすことで、同社は何を狙っているのだろうか。話を聞いたところ……。(2021/2/10)

「拝むレベル」「かっこいい」 ビーズ作品の完成を邪魔されても怒らない夫、その理由にじーんとする
発想を変えると見えてくることもある。(2021/2/4)

無印良品でそろう「コスメ収納」アイテム 組み合わせて使えるシンプルなケースで、コスメがすっきりとまとまります
シリーズでそろえると見た目もすっきり。(2021/2/4)

PR:デジタルマーケティングの新潮流 最新事例にみるコンテキスト広告とクリエイティブの可能性
(2020/12/18)

スモールスタートでDXを:
PR:LINEとAWSが強力タッグ 技術提供からマーケ支援まで丸ごとサポートする「DX駆け込み寺」の全貌
LINEが6月に「LINE DX Program with AWS」というプログラムの提供開始を発表した。アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWS)やAWSのパートナー企業と連携し、DXに関する技術提供やマーケティング支援などを行う「DX駆け込み寺」のようなプログラムだが、DXに悩む日本企業に対して、具体的にどんなサポートをしていくのだろうか。(2020/12/10)

米国で「コンタクトレンズ着け外しロボ」が開発される 眼球に近づいてレンズをぺとっ
大きくて難しいレンズの着け外しが簡単になりそうです。(2020/11/6)

平愛梨、天然伝説に新たな1ページを加える カラテカ矢部の“とある姿”にもらい泣きするも盛大な勘違い
勘違いでも流した涙は本物。(2020/11/5)

寝かしつけ完了、あとは自由時間かと思いきや…… 3歳と4歳の母が見た衝撃の光景を描く漫画が切ない
うれしいような複雑なような……。(2020/10/29)

Innovative Tech:
「瞳に映るモニター画面」でドライアイ検出 東大が深層学習で開発
モニター画面のゆがみで眼の状態を検知する。(2020/10/28)

3COINS×「ご近所物語」コラボ! なつかしさにきゅんとなる全38アイテムです
『天ない』のスドーザウルスも!(2020/10/22)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
メガネスーパーが「リモートでメガネ作り」を導入できた理由
「メガネスーパー」を展開するビジョナリーホールディングスは、完全リモートで度付きメガネを作れるサービスを開始。難しいサービスが実現できたのは“熟練の接客力”を活用したから。コロナ禍の不便解消だけでなく、顧客層やサービスの拡大にもつながる。(2020/9/18)

台風10号 早めの対策を 今やるべき台風への備え
(2020/9/4)

工場ニュース:
1日使い捨てコンタクトレンズ製造工場を増床、最大15ラインの増設が可能に
メニコンは、1日使い捨てコンタクトレンズの製造工場である、メニコン各務原工場(岐阜県各務原市)の増床工事が完了したと発表した。今回の増床により、最大15ラインまでの増設に対応する。(2020/7/8)

近視を治療するスマートメガネ、窪田製薬が開発を加速 光で刺激を与え焦点を調整
目標はメガネのいらない世界。(2020/6/25)

「これからの40年」がテーマ:
「VLSIシンポジウム2020」は初のオンライン開催に
2020年6月15〜18日(以下、特に記載がない限り全てハワイ時間)に開催される半導体デバイス/回路技術に関する国際会議「VLSIシンポジウム 2020」。本来は米国・ハワイで開催される予定だったが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、初のオンライン開催となる。VLSIシンポジウム委員会は2020年5月20日、記者説明会をオンラインで開催し、概要を説明した。(2020/5/22)

近視を治すメガネ開発へ 特殊な光で目に刺激、クボタビジョンが試作機で効果確認
クボタビジョンが、特殊な光で目に刺激を与える近視の治療技術を開発し、効果検証で眼軸長の短縮を確認したと発表した。メガネ型の治療用デバイスを開発する。(2020/5/19)

HIKAKIN「今気を緩めてはいけないんだなと僕は思った」 新型コロナ感染でICUから回復したラジバンダリ西井にインタビュー
ラジバンダリ西井さんが語った現場の状況にHIKAKINさんも驚きの連続。(2020/5/4)

「完治まで半年は最低かかるのかな」 大場久美子、白内障の手術を報告
時期をずらして片目ずつ手術したようです。(2020/3/23)

物議を醸した「手作り目薬」、眼科医が有用性をきっぱり否定 「安全性も効果もない。あらゆる面でおすすめできない」
そりゃそうか……。(2020/2/14)

「手作り目薬」炎上ブログ記事削除 運営のサンケイリビング新聞社が「誤った内容あった」と謝罪
(2020/2/10)

ARコンタクトレンズをMojo Visionが発表 現実世界をキャプションで説明
米新興企業Mojo Visionが、コンタクトレンズ内のディスプレイに文字を表示するARコンタクトレンズ「Mojo Lens」を発表した。無骨なヘッドセットなど不要の「Invisible Computing」でリアルタイムの情報を現実世界に表示する。(2020/1/17)

Googleさん:
人間の医師を超えるGoogleのAIヘルスケア、その舵取りは?
Googleが元旦に、AI採用の乳がん検診ツールに関する論文を発表。ヘルスケアに本気で取り組む意気込みを見せました。医療機関向け患者データ検索ツールも開発中です。(2020/1/5)

ITはみ出しコラム:
令和元年で印象に残ったITニュース“7選” AIからネットいじめ問題まで【2019年振り返り】
2019年の振り返り企画。今回のテーマは、海外ITニュース全般で印象に残った7つの出来事をまとめてみました。(2019/12/29)

医療技術ニュース:
電気で潤う、自己保湿型コンタクトレンズの機能を実証
東北大学は、電気浸透流の発生効率が高いハイドロゲル素材を開発し、同素材を用いたコンタクトレンズでは、通電により乾燥速度が低下することを実証した。また、生体親和性バイオ電池を搭載した自己保湿型コンタクトレンズも作製した。(2019/12/17)

ドライアイを緩和する:
東北大、自己保湿型のコンタクトレンズを可能に
東北大学は、電気浸透流(EOF)の発生効率が高いハイドロゲル素材を開発した。この素材をコンタクトレンズに用いて通電すると、レンズ内で発生する水流によって、レンズの乾燥速度が低下することを確認した。(2019/12/3)

電流を通すと水流発生、自動で潤うコンタクトレンズ 東北大が開発
電流を通して水の流れを発生させ、潤いを保つコンタクトレンズを開発したと東北大が発表。ドライアイを緩和する狙いがある。(2019/11/29)

明るさに応じて変色する“機能性”コンタクトレンズが日本上陸 どんな用途があるのか
(2019/11/19)

メガネを外さずバーチャル試着 AI活用「メガネ オン メガネ」、JINSが開発
自分のメガネを掛けたまま、違うメガネをバーチャル試着できるサービスを、JINSが始める。ディープラーニングを用いた画像生成技術を活用。「自分のメガネを外してしまうと試着しても裸眼で見えない」という顧客の悩みを解消する。(2019/11/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。