ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年03月18日 07時29分 UPDATE

Google Earthで見る熱帯雨林破壊やドバイの開発――歴史的イメージ機能に大量の写真追加

Google Earth 5.0の新機能「歴史的イメージ機能」で見ることが可能な過去の写真が一挙に増えた。

[ITmedia]

 米Googleは3月16日、Google Earthの「歴史的イメージ機能」に、さまざまな地域の過去の写真を大量に追加したと発表した。

 歴史的イメージ機能は、Google Earth 5.0に追加された過去の衛星写真を閲覧する機能。画面上部のツールバーにある時計アイコンをクリックすると現れる「タイムスライダー」を左右に動かせば、該当日時の地図を表示できる。今回の写真の追加で、多くの地域の変化を見ることができるようになったという。

 例えば世界地図の形をしたドバイの人口島群「The World」が、わずか5年という猛スピードで建築されていった様子が分かる。

dubai

 またアマゾンの熱帯雨林(地域的にはブラジルのロンドニア)への人口拡大が急速に進み、住宅が建ち、森林が失われていく様子が地図から見て取れる。

amazon

 2005年9月、ハリケーン「カトリーナ」の襲来直後に撮影された米ニューオーリンズの航空写真からは、水没した高速道路など被害の傷跡がはっきり見える。また同時多発テロ直後の2001年9月12日のニューヨークの様子を見ることもできる。

katrina

関連キーワード

Google | Google Earth | 地図


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.