ニュース
» 2009年03月24日 08時11分 UPDATE

修正パッチ公開:Sun、Java System Identity Managerの深刻な脆弱性に対処

脆弱性を悪用されると、任意のコマンドを実行されたり、XSS攻撃を仕掛けられたりする恐れがある。

[ITmedia]

 米Sun MicrosystemsのJava System Identity Managerに複数の深刻な脆弱性が見つかり、修正パッチが公開された。

 Sunの情報によると、脆弱性は複数あり、悪用されると攻撃者が任意のコマンドを実行したり、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けたりできるほか、設定の変更や重要情報の入手も可能になるという。

 脆弱性が存在するのは、Java System Identity Manager 7.0/7.1/7.1.1/8.0。各バージョンごとにパッチが公開されている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -