ニュース
» 2009年03月26日 08時25分 UPDATE

脆弱性に対処:Javaのアップデート公開、DoSや権限昇格の恐れ

SunはJRE 6.0 Update 13とJRE 5.0 Update 18を公開した。

[ITmedia]

 米Sun Microsystemsは、Java Runtime Environment(JRE)の新版となるJRE 6.0 Update 13を公開し、複数の脆弱性に対処した。

 Sunのアラートなどによると、JREのLDAPインプリメンテーション、フォントファイル処理、画像ファイル処理、Javaプラグインなどに関連して多数の脆弱性が存在する。これらの脆弱性はサービス妨害(DoS)状態の誘発、悪質なコードの実行、権限昇格などに悪用される恐れがある。

 JRE 5.0 Update 18も併せて公開し、これらの脆弱性を解決した。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -