ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年03月31日 10時52分 UPDATE

実験サービス「Gmail Labs」が日本語化 送信取り消しや「酒気帯びテスト」も

メールの送信取り消し機能や、算数クイズを解いてから送信する「酒気帯びテスト」など、Gmail Labsの機能を日本語で設定・利用できるようになった。

[ITmedia]
画像 利用できる機能の一部

 Googleは3月31日、Gmailの実験的な機能を試せるサービス「Gmail Labs」を、日本語を含む47言語に対応させたと発表した。Gmailの設定に新設した「試験運用」のタブから、欲しい機能を選んで利用する。

 Gmail Labsでこれまでに公開された、メールの送信取り消し機能や、酔った勢いや寝ぼけた状態でメールを出してしまうことを防ぐため、算数クイズを解いてから送信する「酒気帯びテスト」などを、日本語インタフェースで設定し、利用できる。

関連キーワード

Gmail | Google Labs/Gmail Labs | 日本語対応


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.