ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年04月15日 16時54分 UPDATE

Netbook向けOffice発表 2年限定ライセンス

マイクロソフトは、Netbook向けに使用期間を2年に限定した「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」を発表した。各社のNetbookにプリインストールして発売する。

[ITmedia]

 マイクロソフトは4月15日、Netbook向けに使用期間を2年に限定した「Office Personal 2007 2年間ライセンス版」のOEM提供を始めたと発表した。各社のNetbookにプリインストールして発売する。

 「Word 2007」「Excel 2007」「Outlook 2007」「IME 2007」の全機能を2年間利用できる。期限が切れるとファイルを新規に作成・保存することはできなくなるが、ファイルを開いたり印刷することは可能。

 期限の延長はできず、永続ライセンスに切り替えるには、アップグレード版か通常版を改めて購入する必要がある。

 東芝や富士通、日本ヒューレット・パッカード、レノボ・ジャパン、台湾ASUSTeK Computerなど9社が、自社のNetbookにプリインストールして提供する予定だ。ソフト単体では販売しない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -