ニュース
» 2009年04月16日 08時22分 UPDATE

次期Officeは「Office 2010」、2010年前半に登場

次期Officeは「Office 14」のコードネームで呼ばれてきたが、正式名称は「Office 2010」になる。

[ITmedia]

 米Microsoftは4月15日、次期版Officeを「Office 2010」の名称で2010年前半にリリースすると発表した。

 Office 2010は、これまで「Office 14」のコードネームで呼ばれてきた製品。関連製品としてまず、2009年後半に「Exchange 2010」が登場する。Microsoftは15日、Exchange 2010のβ版をリリースした。

 Office 2010は、Office Webアプリケーション、SharePoint Server 2010、Visio 2010、Project 2010などを含み、2009年第3四半期にプレビュー版を提供、RTM(製造工程向けリリース)は2010年前半となる。

 Microsoftのインフォメーションワーカー製品管理部門上級副社長クリス・カポセラ氏は、次期版Officeは、企業や個人のテクノロジーの利用方法の変化に合わせたものとなっていると語る。例えば、自宅でも職場でも外出先でも情報を効率的に利用し、管理できる機能への要望などに応えたという。

 管理オプションの向上、セキュリティ強化のほか、新たな配信モデルやライセンスモデルも導入。新しい文書フォーマット標準の実装や技術文書の公開で、相互運用性にも力を入れるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -