ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年04月30日 07時00分 UPDATE

東芝、DVDレコーダーの省エネラベルに誤表記

東芝は、DVDレコーダー「VARDIA RD-S303」の省エネ基準達成率の表記が誤っていたとし、Webサイトで謝罪・訂正した。

[ITmedia]
画像

 東芝は4月28日、DVDレコーダー「VARDIA RD-S303」の省エネ基準達成率の表記が誤っていたとし、Webサイトで謝罪・訂正した。

 RD-S303は、前機種「RD-S302」の後継として開発。開発の過程で前機種にあった一部機能を省いたため、省エネ区分を変更し、省エネ基準達成率は95%とすべきだったが、チェック体制の不備で区分変更せず、省エネ達成率105%と誤表記していた。

 年間消費電力に変わりはなく、製品の品質・機能に問題はないとしている。

 同社の他製品の表示には誤りがないことを確認したという。今後、同様のミスが発生しないよう、チェック体勢を強化するとしている。

関連キーワード

省エネ | 東芝 | DVDレコーダー | VARDIA


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.