ニュース
» 2009年05月01日 07時22分 UPDATE

GoogleとMozillaが提携:Googleの位置情報機能、次期Firefoxで採用

「Google Latitude」などに採用されている位置情報取得機能が、Firefox 3.5のデフォルト機能になる。

[ITmedia]

 米Googleは4月30日、同社の位置情報サービス「Location Service」が米Mozillaの次期WebブラウザFirefox 3.5に採用されたと発表した。Firefoxユーザーは、アドオンやツールをインストールしたり、郵便番号を手入力したりせずに、対応するWebサービスに自分の位置情報を提供できるようになる。

 Location ServiceはGoogleの「My Location」や「Latitude」などの位置情報アプリで採用しているWebサービス機能で、オープン標準の「W3C Geolocation Specification」に対応している。Firefox 3.5もこの標準に対応しているため、開発者はコードを流用できるという。

 例えばFirefoxユーザーがLocation Serviceを採用しているWebサイトで位置情報に関連するサービスを利用しようとすると、位置情報の取得許可を求めるドロップダウンメニューが表示され、ユーザーがOKすると自動的に情報がサイトに送られる。

geo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -