ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Webサービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

特集:EDRの理想と現実(2):
ツールありきではなく、運用ありきで――DeNAがEDRを導入した理由と製品選定のポイント
「防御」の次を見据え、脆弱性検査やCSIRTなどのセキュリティ対策を内製化してきたDeNAでは、2018年にEDR製品を導入し、自社での運用を開始した。背景には、さまざまなゲームやWebサービス開発に必要な多様な環境でも誤検知を減らし、スピードや利便性を損なうことなくセキュリティを一歩一歩高めていきたいという同社ならではの考え方があったという。(2019/7/12)

Webブラウザで利用できるAI需要予測サービス「客数予測」と「多目的予測」――NECがAmazon SaaSで提供開始
NECは、AIを活用した需要予測をWebブラウザで手軽に利用できる「需給最適化プラットフォーム Webサービス版」を開始。客数の予測分析ができる「定型予測(客数予測分析)」と、分析モデルを設計して独自の分析ができる「非定型予測(多目的予測分析)」を提供。Amazon SaaSストアで購入できる。(2019/7/10)

CloudflareのCDNがダウン、世界中のサイトに影響 原因はソフトウェアの動作不良
Cloudflareが提供するCDNサービスが、7月2日午後11時50分ごろ(日本時間)から約30分間にわたり全面的にダウン。CloudflareをCDNとして利用している世界中のWebサービスやアプリケーションが使えなくなった。(2019/7/3)

授業の発表はGoogleスライド、フォームで模擬選挙も 学校教育で進むWebサービス活用 リードする埼玉県に聞いた
教育のICT化でGoogleのWebアプリを活用している埼玉県にイマドキの学校のICT環境について聞いた。(2019/6/17)

顧客ニーズを的確に捉えるには
500社以上が国内で導入、アプリケーションの価値を高める優れた手法
デジタルビジネスが当たり前になりつつある今、成功を左右するのは企業が提供するアプリケーションやWebサービスの質と言っても過言ではない。質を高めるためには何が必要なのだろうか。(2019/6/21)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)

Webサービス企業が好調:
就活生に人気のIT企業ランキング、NTTデータが10年連続トップ
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が「IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表。Webサービス企業やシステムインテグレーターが好調で、1位はNTTデータだった。(2019/5/15)

NEWS
地方企業も都内の記者を気軽に誘致 50万円弱からのネット記者会見サービス
AGENCY ONEは、インターネットで記者発表会やプレスセミナーなどを開催できるWebサービス「PressEvent Online」の提供を開始する。地理的な条件や会場の設営費など、イベント開催に当たってのハードルを下げる。(2019/5/10)

Tech TIPS:
不使用Webアカウントの断捨離で情報漏えいリスク低減
さまざまなWebサービスを利用して、いつの間にか使わなくなったものも放置されていないだろうか。こうしたWebサービスに登録されているアカウントが漏えいするなどして、悪用される危険性がある。使っていないアカウントを探し、Webサービスから削除しよう。(2019/4/22)

口臭が気になることを匿名で代わりに伝えてくれる Webサービス「くちくさえもん」登場
伝え方も「やんわり」「軽蔑する様に」と選択可能。(2019/4/19)

消防点検に特化した“無料”のWebサービス「スマテン」、仲介者無しでビル管理者と点検資格者を直接結ぶ
スマテンは2019年4月8日、消防設備の点検業務に特化したWebサービス「スマテン」を正式リリースした。スマテンは、消防設備の点検/改修工事の依頼から、日程管理、支払いまでをWeb上で完結させることで、これまで手間がかかっていた消防用設備の管理業務を効率化させることができる。(2019/4/9)

JR東日本アプリの経路検索エンジンに「駅すぱあとWebサービス」採用  システム開発・データ連携などで相互協力
経路検索サービス「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所は、JR東日の提供する「JR東日本アプリ」に経路検索API「駅すぱあとWebサービス」が採用されたと発表。両社は今後、システム開発やデータ連携などで相互協力を行っていく。(2019/4/3)

エイシス、同人誌取り置きサービス「トリオキニ」を4月から運営 サービス内容は従来通りの予定
もともとは2016年に公開された個人開発のWebサービスでした。(2019/3/31)

「Internet Explorerへの依存」やめるべき 大阪市議会、国に意見書
大阪市議会は、Internet Explorerを利用しないと閲覧できないWebサービスを見直すよう、国に求める意見書を全会一致で可決した。(2019/3/19)

「Webサービスをスクショで紹介したら50万円請求された」―― 物議を醸した「強い女メーカー」問題の争点は
「スクリーンショットで紹介」は“引用”か“商用利用”なのか……。弁護士や関係者に聞きました。(2019/2/25)

「ケーブルの種類が分からない」問題を解決 スマホで写真を撮るとAIが自動判別してくれるWebサービスが登場
こんなの待ってた。(2019/2/18)

「秘密を共有しない」のが鍵:
4500万人のユーザーに“パスワード”をやめさせたい――ヤフーが進める「もっと安全で簡単な認証」とは
共通ID「Yahoo! JAPAN ID」を使って多数のWebサービスを展開するヤフー。同社では、パスワードを無効にし、代わりにSNSや生体認証を使った新たなログイン形式を推進している。「パスワードよりも安全で、簡単」というその中身とは。(2019/2/14)

「Peing-質問箱-」パスワード最大95万件、メールアドレス最大150万件の漏洩の可能性
1月28日夜から緊急メンテナンスを繰り返していたWebサービス「Peing-質問箱-」が、30日12時40分にサービスを再開。問題点と改善点を発表しました。(2019/1/31)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(56):
長崎編:アパレル出身のラーメン男子、離島でWebサービスを楽しく作る
釣りをしながら仕事も可能。そう、リモートワークならね――「ITエンジニア U&Iターンの理想と現実」長崎編は、五島でフリーランスエンジニア兼ラーメン屋として働くエンジニアのお話です。え、ラーメン???(2019/1/24)

テキストから感情分析するAIツール、ユーザーローカルが無償公開 いろいろ試してみた
入力したテキストに含まれる感情を分析するWebサービスをユーザーローカルが公開。(2018/12/17)

「このマンガがすごい!2019」、オトコ編1位『天国大魔境』・オンナ編1位『メタモルフォーゼの縁側』に決定
どちらも掲載Webサービスで、記念企画が実施中。(2018/12/12)

“スマホ即時買取”撤退のジラフ、個人のフリマ出品を解放 出品代行も
Webサービスを手掛けるジラフが、中古スマートフォンのフリマサイトをリニューアル。個人ユーザーの出品を可能にし、取り扱い製品をスマホ以外にも拡大した。(2018/12/10)

MicrosoftやCiscoとしのぎを削るAmazon
「Alexa for Business」、Amazon Echo以外のデバイスでも利用可能に
Amazonの企業向け音声アシスタント「Alexa for Business」が、Amazon Echo以外のデバイスで利用できるようになる。Webサービスとの連携など、ビジネス向け機能も追加される。(2018/11/23)

企業がAPIを提供する際のポイントとは:
手作業でAPIキーを発行、請求書は手で書き起こし――「駅すぱあとWebサービス」が取り組んだWeb API改善施策
「Google Cloud Next '18」でヴァル研究所 ナビゲーション開発部テックリードの田辺純一氏は、「駅すぱあとWebサービス」の開発や運用を振り返り、企業がWeb APIを提供する際のポイントを紹介した。(2018/11/20)

情シスも開発者もWebデザイナーも使える
Webサービスの安全性を底上げする脆弱性診断、誰でも手軽に実施できる時代に
自社のWebサービスやWebアプリケーションの安全性を高める必要性は理解していても、開発スケジュールや予算の制約で脆弱(ぜいじゃく)性診断を行うのは容易ではない――この前提を覆し、時間や費用を抑えた診断ができるとしたら?(2018/11/6)

さらば、人手による非効率な“作業”:
申請から承認までの平均時間が5分の1に RPAだけじゃない、DeNAのデジタルレイバー徹底活用術
変化が激しい世界で勝ち続けるために、可能な限り人手による非効率な作業をなくし、スピード感のある仕事をすることが求められるWebサービスの世界。DeNAはどんな方法でムダをなくし、本業に専念できる環境を作っているのか。(2018/11/2)

動的診断と静的診断の使い分け
加速するWebサービスに追い付けない脆弱性検査、解決の鍵は?
Webアプリケーションの価値がビジネスを左右するほど重要になる一方で、脆弱性を突かれたセキュリティ被害は後を絶たない。脆弱性検査にまつわる課題を解決する鍵は。(2018/10/31)

ITりてらしぃのすゝめ:
「極上の広告体験」とスパムは何が違う? 個人情報と広告の“微妙な関係”
普段スマートフォンやPCで何気なく使っているWebサービスは、私たちの個人情報をどう利用しているのか。今回のテーマは、個人情報と広告の“微妙な関係”について。(2018/10/30)

「はてな匿名ダイアリー」でGoogleかたる不正広告 運営が注意喚起
はてなが運営するWebサービス「はてな匿名ダイアリー」で、Googleを装う不正広告が表示されているという。原因となる広告事業者を特定するため、同社はユーザーに対して情報提供を呼びかけている。(2018/10/19)

ヤフー、「myThingsアプリ」来年1月に終了へ Webサービスなど連携するアプリ
ヤフーが、複数のIoTデバイスやWebサービスを連携させ、自分好みのサービスを作れるスマートフォンアプリ「myThings」の提供を、来年1月31日に終了する。(2018/10/3)

Google Chrome完全ガイド:
Google Chromeでアカウント登録時のパスワードを自動生成する
Google Chromeバージョン69から、Webサービスなどのログインアカウント登録時にパスワードを自動生成できるようになりました。その使い方と注意点を説明します。(2018/9/19)

コトブキヤ、開発中フィギュアの原型を鑑賞できるWebサービス「ベータフィギュアWEB」 9月29日に1日限定公開
壽屋は、フィギュアの原型を鑑賞できるWebサービス「ベータフィギュアWEB」の開発を発表した。(2018/9/14)

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(3):
アプリ開発者とインフラ技術者間のSRE的なコミュニケーション改善に役立つインフラ基盤とは
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。今回は、インフラ基盤の技術的解説とともに、出始めている成果、今後の展望についてお話しします。(2018/7/13)

富士登山口の混雑や温度、スマホで確認 KDDIが登山をサポート
KDDIが、富士山登山口の登下山者数や温度・湿度を表示するWebサービスを公開した。9月10日までの期間限定。(2018/7/10)

ホワイトペーパー:
クラウドで「マイクロサービス」開発に本気で取り組むべき理由
デジタルサービスではモノリシック(一枚岩の意味)なアーキテクチャが限界を迎え、企業はマイクロサービスへの移行を迫られる。従来型開発の限界を示す3つの兆候、マイクロサービスを使用してクラウド上でWebサービスを構築するためのステップについて解説する。(2018/7/6)

太陽光:
太陽光発電所のリスクをWebで診断、グッドフェローズが新サービス
「タイナビ発電所」を運営するグッドフェローズが、太陽光発電所のリスクを診断できるWebサービスを開始。資源エネルギー庁の「事業計画策定ガイドライン」などに基づいた質問に回答すると、発電所のリスクを4段階で評価する。(2018/7/2)

クラウド上でGISを使った汎用地図Webサービス
シグナイトは、地図を使って現地調査や物件情報の管理ができる「GeoReco Map」を2018年7月にリリースする。2018年6月13〜15日に千葉・美浜区の幕張メッセで開催された「Location Business Japan 2018」で、サービス提供に先立ち、実演デモが行われた。(2018/6/21)

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(2):
操作の快適性と自動化を支えるインフラ基盤のマイクロサービスな管理コンソール
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。今回は、Fleetの具体的な仕組みや取り組みを紹介します。(2018/6/15)

IoTセキュリティ:
秘密分散技術を用いたデータセキュリティソリューションのJava対応版を提供
ZenmuTechは、同社のオープンセキュリティインフラストラクチャー「ZENMU」のエンジン部分「ZENMU Engine」のJava対応版となる「ZENMU Engine 1.0 for Java」の提供を開始した。Android端末のデータ保護やWebサービスでの利用が拡大できる。(2018/6/14)

開始1日で500通:
「それ、セクハラですよ」を匿名で通知 サービス開発の理由とは?
セクハラやパワハラなどのハラスメント行為を匿名で通知できるWebサービス「ソレハラ」がリリースされた。手軽に使えるサービスとして開発したのはなぜか。開発企業に聞いた。(2018/5/31)

「それはセクハラ」「パワハラになります」 匿名メールで相手に通知「ソレハラ」
セクハラやパワハラの被害者が、匿名の注意メールを加害者に送れるWebサービス「ソレハラ」を、ベンチャーのクアレレが提供している。組織内のハラスメントを軽度な段階で相手に認知させる狙いがあるという。(2018/5/30)

SREの考え方で“運用”を変えるインフラ基盤 大解剖(1):
インフラ基盤がWebサービスを進化させる――クラウド全盛の今、リクルートが新インフラ基盤をオンプレミスに作った理由
本連載では、「インフラの、特に基盤寄りの立場からSRE(Site Reliability Engineering)の活動を行い、Webサービスの価値を高めるためにはどうしたらいいか」について、リクルートの新たなインフラ基盤を例に見ていきます。(2018/5/23)

中古携帯の買取時に写真・動画をクラウドへ保存するWebサービス「mireta」
あいりぺは、不要となったフィーチャーフォンやスマートフォンの買取時に端末内の写真・動画を保存できるクラウドサービス「mireta」を提供開始。利用料金は1台あたり3000円(税別)で、リリース記念に「twitterフォロ割」キャンペーンも開催する。(2018/5/22)

「少年ジャンプ アプリ開発コンテスト」第2期募集開始 最大5000万円の開発資金提供
「少年ジャンプ」に関連した新しいアプリやWebサービスの企画を募集する「少年ジャンプアプリ開発コンテスト」第2期の募集がスタート。入賞企画には賞金100万円と、最大5000万円の開発資金を集英社が提供する。(2018/4/17)

特集:はじめてのAlexaスキル開発:
Alexa×Slack連携! アカウントリンクを使うスキルをC#で実装
Alexaと他のWebサービスをつなぐ「アカウントリンク」機能を使って、Alexaに話しかけた内容をSlackへと投稿するスキルを作成してみよう。(2018/4/3)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年2月版:
君はOsushiを食べたか、仮想通貨は混迷が続く
2018年2月のセキュリティクラスタは「サイバーセキュリティ月間」「Osushi」「仮想通貨」に話題が集まりました。サイバーセキュリティ月間では「SECCON 2017 決勝大会」が注目を集めた一方、セキュリティ上の突っ込み所がたくさんあったWebサービスOsushiがサービス開始当日に停止してしまいました。仮想通貨XEMでは、ホワイトハッカーがタグを付け、盗難分の流れが分かるようになったものの、徐々に資金洗浄されているようです。(2018/3/13)

Dev Basics/Keyword:
Storyline
Storylineは、Alexaのスキル開発をコーディングなしに行えるWebサービス。対話モデルの設計やWeb API呼び出しの指定などをブラウザで行える。(2018/3/9)

半径300メートルのIT:
Webサービスの世界では、もはや情報漏えいは避けられない?
そんな世界で身を守る方法とは。(2018/3/6)

Microsoftの「Cortana」もようやく「IFTTT」をサポート
MicrosoftのAIアシスタント「Cortana」が、Webサービス連携ツール「IFTTT」をサポートした。Amazonの「Alexa」、Appleの「Siri」、Googleの「Googleアシスタント」では既に利用可能だ。(2018/2/19)

Tech TIPS:
IFTTTを使って特定のアドレスからGmailに届いたメールをLINEに転送する
Gmailに届いたメールをLINEに転送できると、LINEに通知を集約できる。そこで、Webサービス同士を連携させるサービス「IFTTT(イフト)」を使って、特定のメールアドレスからGmailに届くメールをLINEに転送してみよう。(2018/1/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。