ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2009年05月08日 07時00分 UPDATE

電源オフでもPCデータをリモート“消去” 富士通とウィルコムが紛失・盗難対策サービス

富士通とウィルコムが法人向けPC紛失・盗難対策サービスを発表。PCの電源がオフでもHDD内のデータをリモートで事実上消去できる機能を備える。

[ITmedia]

 富士通と富士通研究所、ウィルコムは5月7日、遠隔操作でPC内のデータを事実上消去できるPC紛失・盗難対策サービスを今年10月〜12月から法人向けに提供すると発表した。電源オフ状態でもリモート消去が可能で、富士通は世界初の機能だとしている。

 3社で共同開発したPHS通信モジュールと、データを保存する際に自動的に暗号化するHDDをノートPCに搭載。盗難・紛失にあった場合、HDDデータを復号化する暗号鍵をリモート操作で消去することで、HDDに保存されているデータを解読不能にする仕組み。

 対象のPCがウィルコムのサービスエリア内にあれば、PCの電源はオフでもデータを消去できるという。通信モジュールは、PCの電源のオンオフに関係なく待ち受けし、「PCのバッテリーが半分程度でも、1週間程度は待ち受け状態を維持できる」としている。

 PCを起動させない「PCロック機能」も搭載した。消去やロック、実行結果の確認は管理サーバーで行う。

 法人向けにサービスとノートPCを提供するほか、富士通グループの社員用ノートPCとして順次導入する予定。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.