ニュース
» 2009年05月11日 07時52分 UPDATE

Webアプリをデスクトップに:Mozilla Labs、「Prism 1.0 β1」をリリース

Webアプリを独立したデスクトップアプリのように扱えるようにするサービス「Prism」がアップデートし、SSLにも対応した。

[ITmedia]

 米Mozilla Corporationの研究部門Mozilla Labsは5月8日、Webアプリケーションをデスクトップから実行するためのオープンソースプログラム「Prism 1.0 β1」をリリースし、専用ページを立ち上げた。

 Prismは2007年10月にMozilla Labsがスタートしたプロジェクト。GmailやMySpaceなどのWebアプリケーションをブラウザとは別に独立したデスクトップアプリケーションのように起動できるようにするサービスで、Firefox.next(3.5の次のバージョン)に統合されることになっている。スタンドアロンのアプリケーションと、Firefoxのアドオン版がある。Prismによって、Webアプリケーションをデスクトップアイコン、スタートメニュー、タスクバーから起動できるよう設置できる。

prism 設定ダイアログ

 Prism 1.0 β1では、Webアプリ開発者向けの新API機能が提供され、アプリ固有のフォントやプロキシの設定が可能になったほか、SSLに対応した。Windowsのトレイ、Macintoshのドックにショートカットを追加でき、メールやコメントの新着アラートが表示される(対応Webアプリの場合)。またログイン名やパスワードなどのプライベートデータを削除することができるようになった。

 アドオン版をインストールすると、Firefoxのメニューの「ツール」に「Convert Website to Application」という項目が追加される。デスクトップ化したいサービスのページを開いたままこの項目を選択するとダイアログが表示され、ここでショートカットの設置場所やアイコンなどを設定する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -