ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年05月15日 10時15分 UPDATE

Googleのサービス障害、原因はルーティングのエラー

Googleの複数のサービスで障害が起きた原因は、トラフィックのルーティングエラーだった。

[ITmedia]

 米Googleは5月14日、同社ユーザーの14%に影響したサービス障害について、ルーティングのエラーが原因だったと説明した。

 システムのエラーが原因で一部のトラフィックがアジアに転送され、輻輳が起きたことが原因という。これによりGoogle検索、Gmail、YouTube、Google Analyticsなど複数のサービスで遅延や停止が起きた。

 同社はこれを飛行機に例えて、このように説明している。「ニューヨークからサンフランシスコへ行くのに、飛行機がアジアの空港を経由したらどうなるか想像してほしい。しかも、ほかにもたくさんの飛行機がその経路を通ったために渋滞が起き、目的地に着くまで想定以上の時間がかかった。14日に当社の一部ユーザーに起きたことは、基本的にはそういうことだ」

 「われわれはサービスを超高速かつ『常時接続』にするべく取り組んできた。このような問題が起きるのは恥ずかしい」とGoogleは述べ、謝罪するとともに再発防止に努めることを約束している。

関連キーワード

Google | サービス障害


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.