ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2009年05月20日 07時00分 UPDATE

文書共有サービスのScribd、文書ストアを開設

Scribd Storeでは、誰でも自分の小説や論文を電子書籍として販売できる。

[ITmedia]

 文書共有サービスScribdは5月18日、誰でも自分の書いた文書を販売できるオンライン文書ストア「Scribd Store」をオープンした。

ah_scribd1.jpg

 Scribdは、テキストファイル、PDF、Wordなどの文書をオンラインで公開できる無料サービス。公開した文書は、Flashを使ったビュワーを使ってブラウザから閲覧することができる。Scribd Storeはこのサービスを応用したもので、誰でも自分の小説や論文などのオリジナル文書をアップロードして販売できる。文書はPCや携帯電話などさまざまな機器で閲覧可能だ。

 文書の価格は売り手が自由に設定でき(ただし1ドル以上でなければならない)、Scribdは価格の20%と、1冊売れるごとに0.25ドルの取引手数料(DRM保護をかける場合は0.40ドル)を徴収する。

ah_scribd2.jpg Scribd Storeで売られている小説

関連キーワード

Flash | 論文 | 書籍 | ブラウザ | PDF


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.