ニュース
» 2009年05月27日 07時00分 UPDATE

超小型「VAIO P」にWindows XPモデル 既存ユーザー向けにXP用ドライバも

VAIO Pに待望のWindows XPモデルが登場。Vistaモデルユーザー向けに、XP用ドライバも提供する。

[ITmedia]

 ソニーは5月26日、超小型ノートPC「VAIO type P」に、Windows XPを搭載した新モデル「VGN-P50」を追加し、6月6日に発売すると発表した。オープン価格で、実売予想価格は8万5000円前後。Vistaモデルのユーザー向けに、Windows XP用ドライバも提供する。

画像

 従来のtype PはVistaを搭載し、2Gバイトのメモリと60GバイトHDDを積んでいたが、新モデルはメモリが1Gバイトと半減、HDDは80Gバイトと、20Gバイト拡張した。

 「FOMAハイスピード」に対応したワイヤレスWAN機能を標準で装備した一方、従来モデルにあったWebカメラやHD動画の再生支援機能など一部機能を省き、価格を抑えた。

 Vista搭載の従来機ユーザー向けに、Windows XP用ドライバのダウンロード提供もスタート。Windows XPのライセンスを別途購入すれば、OSをXPに変えて利用できる。

 type Pは、ポケットサイズのコンパクトさと軽さ、高解像度な液晶ディスプレイ、打ちやすいキーボードなどを備えたシリーズで、今年1月に発売。発売日直後には直販サイトにアクセスが集中し、つながりにくくなるほどの人気となった(「VAIO P」人気でSonyStyleにアクセス集中 買い物しづらい状態に)。

 ただVistaを搭載しているため動作が遅いという難点が指摘されており、XP搭載モデルの登場が待たれていた(→レビュー記事)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -