ニュース
» 2009年06月01日 07時45分 UPDATE

アプリ3本以上の同時実行が可能に:MS、Netbook専用Windows 7「Starter」の制限を緩和

Microsoftは、Netbookメーカー向けOEM専用エディション「Windows 7 Starter」の提供範囲を世界規模に拡大し、同時実行可能アプリが3本までという制限を廃止する。

[ITmedia]

 Microsoftは5月29日、次期OS「Windows 7」のNetbook向け製品エディション(SKU)「Starter」に設定する予定だった2つの制限を廃止することを明らかにした。

 2月のエディション発表時点では、Starterは一部新興国向けにのみ提供する予定だったが、この制限を廃止し、世界で提供する。また同時起動できるアプリケーションを3本までに設定していたが、この本数制限を廃止する。

 「Aero Glass」が使えない、壁紙などのカスタマイズができない、DVD再生ができないといったその他の制限には変更はない。

 Microsoftはこれらの変更を、パートナー企業や顧客からのフィードバックを受けて決定したという。Windows 7チームのブランドン・ルブラン氏は公式ブログで「この変更で、StarterはNetbookでWeb閲覧やメールチェックなどの基本的操作を行いたい顧客にとって魅力的な選択肢になった」としている。

 NetbookにUltimateエディションをインストールした多数のβユーザーが肯定的なフィードバックを寄せており、ブラン氏自身も自分のNetbookをHome Premiumエディションで問題なく使えていることから、Netbookに“従来の”PCと同等の機能を求めるユーザーはStarter以上のエディションを使うことを推奨している。

関連ホワイトペーパー

Windows | Microsoft(マイクロソフト)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -