ニュース
» 2009年06月02日 08時26分 UPDATE

深刻な脆弱性に対処:QuickTimeとiTunesの更新版がリリース

Appleは、QuickTime 7.6.2とiTunes 8.2を公開した。

[ITmedia]

 米Appleは6月1日、メディア再生ソフト「QuickTime」と音楽管理ソフト「iTunes」の更新版をリリースし、深刻な脆弱性に対処した。それぞれMac版とWindows版が公開されている。

 Appleのセキュリティ情報によると、QuickTime 7.6.2では10件の脆弱性を解決した。この中には、5月下旬にセキュリティ企業のSecuniaやVUPENが指摘していた問題も含まれる。

 これらの脆弱性を悪用された場合、細工を施した動画ファイルや画像ファイルをユーザーが参照すると、アプリケーションが予期せずに終了したり、任意のコードを実行されたりする恐れがある。QuickTime 7.6.2の対応OSは、Mac OS X 10.4.11、Mac OS X 10.5.7とWindows Vista、Windows XP SP3となる。

 一方、iTunesの脆弱性は「itms:」URLを解析する際のスタックバッファオーバーフロー問題に起因する。細工を施したWebサイトをユーザーが閲覧すると、任意のコードを実行される恐れがある。この脆弱性を解決した更新版のiTunes 8.2は、Mac OS X 10.4.10以降とWindows Vista、XP SP2以降に対応している。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

脆弱性 | iTunes | QuickTime | Mac OS X | Apple | Windows


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -