ニュース
» 2009年06月03日 16時45分 UPDATE

ねとらぼ:ひろゆき氏が著書で明かした、2ちゃんねる譲渡の真相

ひろゆき氏が著書で、「2ちゃんねる」を海外企業に譲渡した理由を明かしている。訴訟対策ではないらしい。

[ITmedia]
photo 「僕が2ちゃんねるを捨てた理由〜ネットビジネス現実論〜」

 2ちゃんねる元管理人の西村博之(ひろゆき)氏が、このほど出版した著書「〜僕が2ちゃんねるを捨てた理由〜ネットビジネス現実論〜」(扶桑社、777円)で、2ちゃんねる(2ch)をシンガポールの企業に譲渡した理由を明かしている。

 ひろゆき氏は今年1月2日、ブログで2ちゃんねるを海外企業に譲渡したことを明かし、新春のネット界を仰天させた。譲渡の理由を問われても、「謎のままのが面白い」として語らず、ネット上では「管理に疲れたのでは」「訴訟対策では」といった憶測が流れていた。

 著書によると、譲渡の最大の理由は、2chの運営に関して、ひろゆき氏のやることがなくなったこと。「やることといえば、2chのボランティアの人同士がもめたときなどに仲裁に入るぐらい。しかも、『メガネ板とコンタクト板を分けるべきか?』といったどうでもいい話でもめた時の仲裁に入るくらいだった」そうで、「それだけの仕事しかなかったのに、2chに関わっているのはどうなのか?」と感じたという。

photo 「好きなチャンネル、嫌いなチャンネル」に関するアンケートも。嫌いなチャンネル1位は2ちゃんねる

 また、「2chを手放したらどうなるかを見たい」と思ったことや、先行きが暗い日本で運営するべきではないと考えたこと、ひろゆき氏が個人で持っていた2chの営業権と、ひろゆき氏が設立した米国企業が持つ2chドメインの所有権を、1つの会社にまとめようと思ったこと――などを理由に挙げている。

 訴訟対策では、という憶測もあったが、ひろゆき氏はもともと、2ch関連の裁判にほとんど出廷していないこともあり、「裁判と譲渡はあまり関係ない」という。

 同書ではこのほか、Web 2.0の意味や、青少年向けコンテンツフィルタリングについての意見、ネットとテレビ、広告についての考えなどを披露。“T部長”こと日本テレビ放送網の土屋敏男さんとの対談も収録している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -