ニュース
» 2009年06月16日 10時28分 UPDATE

Samsung、「OMNIA」シリーズの新端末を発表

「OMNIA II」、QWERTYキーボードを搭載した「PRO」など、OMNIAシリーズの新端末4機種を発表した。

[ITmedia]

 Samsung Electronicsは6月16日、タッチスクリーン携帯「OMNIA」シリーズの新機種をCommunicAsia 2009イベントで発表した。

 発表したのは、初代OMNIAの後継となる機種と、QWERTYキーボード付きのビジネス向け「PRO」2機種、「LITE」の合計4機種。

 「OMNIA II(I8000)」は3.7インチAMOLED(アクティブマトリックス有機EL)ディスプレイとWindows Mobile 6.1 Professionalを搭載したオールインワンモデル。「R Touch(抵抗性タッチスクリーン)」で、タッチ操作により正確に反応するという。DVD並(480p)の動画再生が可能で、通信規格はHSUPA 5.76Mbps、HSDPA 7.2Mbps、Wi-Fiに対応。ストレージ容量は最大で48Gバイト。

ah_omnia2.jpg

 「OmniaPRO B7610」はタッチスクリーンとQWERTYキーボードを搭載。「Work」モードと「Life」モードがあり、仕事にもプライベートにも対応したモデルという。複数の企業向け電子メールソリューション、Microsoft Officeをサポートし、HSDPAおよびWi-Fiで高速にネットサーフィンができるとしている。500万画素カメラ、A-GPS機能も搭載する。

ah_OmniaPRO1.jpg

 「OmniaPRO B7320」はQWERTYキーボード搭載の小型モデル。FacebookやMySpaceなどのSNSや、Microsoft、Google、Yahoo!のIMをサポートし、300万画素カメラ、FMラジオ、Wi-Fi機能も搭載。

ah_omniapro2.jpg

 「OmniaLITE(B7300)」はマルチメディア、インターネット、ビジネス向け機能を備えたオールラウンドモデル。プッシュ型電子メール、Microsoft Office、マルチコーデックサポート、300万画素カメラ、A-GPS機能などを備える。

ah_omnialite.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -