ニュース
» 2009年06月17日 16時33分 UPDATE

実演家団体も改正著作権法を歓迎 「大変喜ばしい」

「ダウンロード違法化」を含む改正著作権法が成立したことを受け、実演家著作権隣接センターが改正法を歓迎するコメントを発表した。

[ITmedia]

 違法録音・録画物のダウンロードを違法とする「ダウンロード違法化」を含む改正著作権法が6月12日に成立したことを受け、実演家著作権隣接センター(CPRA)は17日、改正法を歓迎するコメントを発表した。

 CPRAは以前からダウンロード違法化が必要と主張しており、改正案の可決・成立は「大変喜ばしいこと」と歓迎している。

 今後は、著作権を侵害した音楽サイトの情報をユーザーから通報してもらう「音楽自警団(MUSIC GUARDIANS)」を通じ、改正法の趣旨を周知するための広報・啓発活動に努めるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -