ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2009年06月23日 08時22分 UPDATE

チャット相手は本当に女性? IMで不正サイトに誘導

実はチャットしている相手はボットであり、「ネットで知らない相手と会話するのは危険だ」とSophosは指摘する。

[ITmedia]

 インスタントメッセージング(IM)で女性と会話しているように見せかけてアダルトサイトに誘導し、個人情報などを入力させようとする手口が見つかったと、セキュリティ企業の英Sophosが報告した。

 それによると、この手口はまずメールを使って「IMで会話しよう」と誘いをかける。メールの内容には幾つかのパターンがあるが、典型的なものでは「ur cute, msg me on MSN」(あなたって可愛いね。MSNにメッセージして)といった文面に続き、MicrosoftのIMサービス「MSNメッセンジャー」のユーザー名が記されている。

 MSNメッセンジャーにログオンしてこのユーザーにIMを送ると接続が確立され、チャットが始まる。相手は女性を装い、「Webカメラで面白い番組を始めたところなの。ちょうど無料パスが1つあるんだけど欲しい? ほかの人には内緒ね」と話し掛け、Webカメラの映像を見るためと称してURLを送ってくる。

msnimspam.jpg 会話の一例(Sophosより)

 IMの会話は一見成立しているように見えるが、実はチャットしている相手はボット。リンク先のサイトはアダルトサイトを展開している組織が運営しており、個人情報やクレジットカード番号の入力を求めてくる。

 スパム対策フィルタをかわす目的で、こうした手口は今後増えるかもしれないとSophosは予想。「ネットで知らない相手と会話するのは危険」と注意を呼び掛けている。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.