ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「チャット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャット」に関する情報が集まったページです。

Facebook、メッセンジャーの単体デスクトップアプリをWindowsとMacで公開
Facebookが50人まで参加可能なビデオチャットもできる「Facebook Messenger」のMacおよびWindowsアプリを公開した。新型コロナの影響で、この1カ月でデスクトップのWebブラウザからMessengerのビデオチャットに参加する人が2倍以上になっていたとしている。(2020/4/3)

マッチングアプリも新型コロナ影響 ビデオチャットのオンラインデートを推奨
サイバーエージェント子会社が運営する「タップル誕生」は、デートが減少している状況に対し、外出せずビデオチャットを使った「オンラインデート」を推奨するお出かけプランを公開した。(2020/4/2)

Facebook、新型コロナによる利用急増に「自宅からの作業ということもあり安定性維持が通常より困難」
新型コロナウイルス対策の「ソーシャルディスタンス」増加で利用者が急増しているFacebookが、この急増は前例のない規模であり、また、ほとんどの従業員がテレワークで作業しているため「安定性維持が通常より困難」と説明した。イタリアでのグループチャット量は前月比1000%増という。(2020/3/25)

Instagram、投稿を一緒に見ながらビデオチャットする機能追加(新型コロナ対策の一環)
Instagramが新型コロナウイルス対策で友達と会えないユーザーのために、ビデオチャットしながら一緒に投稿を閲覧できる機能を追加した。この他、信頼できる保健機関以外の新型コロナ関連アカウントをおすすめや「発見」から削除するなどの対策を発表した。(2020/3/25)

インスタのAR機能で試着、AIチャットbotが接客 KDDIとFacebook Japanが新ECサイト
KDDIとFacebook Japanが協業。AIやARの技術を取り入れたスマートフォン向けECサイト「フューチャーポップアップストア」を立ち上げた。5Gを活用した商品販売の手法を実証する狙い。(2020/3/24)

活動の場を奪われたミュージシャンが体感する、ライブ配信と投げ銭の手応え 新型コロナ「自粛」に挑む
ライブができない。これは、パフォーマンスが主体のミュージシャンにとっては死活問題だ。しかし、YouTubeのスーパーチャットという投げ銭システムを使えるための条件は厳しい。(2020/3/24)

オンラインで完結する名刺交換サービス、Sansanが6月開始へ Web会議の相手とスムーズにあいさつ
Sansanが、クラウド型名刺管理サービス「Sansan」に、Web上で名刺交換ができる新機能を追加すると発表。ユーザーが自身の名刺をスキャンするとデジタル版が生成され、メールやチャットなどで送り合えるようになる。Web会議における名刺交換のプロセスが確立されていないことに着目したという。(2020/3/11)

経産省、LINEなどでオンライン健康相談スタート 感染リスク抑えながら不安を解消
経済産業省は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、LINEなどのチャットサービスを通して医師に健康相談できる窓口を設置した。感染リスクを抑えながら国民の不安解消を狙う。(2020/3/11)

VR空間でeスポーツを観戦、バーチャル施設「V-RAGE」オープン
VR空間でeスポーツを観戦できるバーチャル施設「V-RAGE」のβ版が3月15日にオープンする。観戦者はアバターを使って来場し、他のユーザーとチャットもできる。(2020/3/10)

「新型コロナウイルスに関する問い合わせ」対応のAIチャットbot、NECが地方公共団体に無償提供
NECは、AIチャットbot「NEC自動応答」を全国の地方公共団体に、同年4月末まで無償で提供する。新型コロナウイルスに関して住民から問い合わせを受ける地方公共団体が、円滑に対応できるようにする。(2020/3/10)

必要な作業を一画面で共有
チャットの“通知”が多過ぎる――自分の仕事に集中したい従業員への解決策とは
人手不足の今、従業員同士のスムーズなコラボレーションが働き方改革の鍵といわれる。だが、いくらチャットやファイル共有ツールを活用しても、逆に情報量や通知が多過ぎて「混乱」してしまったことはないだろうか。(2020/3/6)

新型コロナで公演中止のM.S.S Project、無観客ライブ配信にファンの“投げ銭”止まらず 「スパチャ1億」トレンド入り
新型コロナウイルスの影響でイベントの中止が相次ぐ中、4人組のゲーム実況&音楽ユニット、M.S.S Projectが無観客ライブをYouTubeで配信し、投げ銭機能の「スーパーチャット」で1億円超とみられる支援を集めた。(2020/3/5)

「Facebook Messenger」アプリから「発見」タブ消滅 「チャット」と「友達」のみに
「Facebook Messenger」アプリから「発見」タブが消え、タブは「チャット」と「友達」の2つになった。ゲームは検索で探せる。「友達」タブの下は「ストーリーズ」と「オンライン」のサブタブに分かれた。(2020/3/2)

Gartner Insights Pickup(147):
Gartnerの「デジタルガバメント技術のハイプサイクル:2019年」、トップトレンドとは
デジタルガバメントの取り組みの中で、変革をもたらす技術は何か。Gartnerが選ぶデジタルガバメント技術のトップトレンドとして、「チャットbot」「政府のデジタルツイン」「ブロックチェーン」「データマーケットプレース」「スマートワークスペース」の5つを紹介する。(2020/2/28)

MAツール活用最前線:
マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞いた。(2020/2/25)

体当たりッ!スマート家電事始め:
LINEのトークで家電を操る「Clova Bot」、本当に便利?
LINEのトーク機能を使ってAIアシスタント「Clova」とチャットしながら家電を操作できる新サービス「Clova Bot」が1月末に始まった。リモコンアプリやスマートスピーカーより便利なのか。実際に試した。(2020/2/18)

Gartner Insights Pickup(145):
Gartnerの「人工知能のハイプサイクル:2019年」が示したAIのトップトレンド
AIに関するGartnerのハイプサイクルレポートは、AIが多種多様な形で企業に導入されていくことを浮き彫りにしている。同報告書は、特に「拡張インテリジェンス」「チャットBot」「機械学習」「AIガバナンス」「インテリジェントアプリケーション」に注目すべきだとしている。(2020/2/14)

Rustで処理速度を改善:
実装言語を「Go」から「Rust」に変更、ゲーマー向けチャットアプリ「Discord」の課題とは
ゲーマー向けチャットアプリケーション「Discord」では、基盤サービスの一つである「Read States」が十分に高速化できない問題が明らかになった。開発チームは既存のコードをさらに改善することで対応しようとした。だが、Rust言語で再実装したところ、最適化を施す以前からパフォーマンスが向上した。なぜだろうか。開発チームがその理由を語る。(2020/2/10)

ユーザーローカル、Google発の自然言語処理モデル「BERT」採用 チャットbotの構築を効率化
ユーザーローカルが、Google発の自然言語処理モデル「BERT」を導入。法人向けのAI自動応答システムの構築作業を効率化した。(2020/2/6)

「Facebook Gaming」に実況者向け「チャットルール」ツール 違反コメントはリアルタイムで削除可能
FacebookのTwitch競合ゲーム実況サービス「Facebook Gaming」に、実況者がチャットを快適に保つためのルールを簡単に設定するツール「Chat Rules」を発表した。違反コメントはモデレーターがリアルタイムで削除する。(2020/2/1)

カスタマーエクスペリエンスに大きな影響をもたらす5大「先進技術トレンド」とは
ガートナー ジャパンは今後3年間で企業のCXプロジェクトに大きな影響をもたらす先進技術トレンドのトップ5を発表した。AIや仮想顧客アシスタント/チャットbot、マルチチャネル顧客エンゲージメントなどが挙げられた。(2020/1/29)

現場管理:
大和ハウスが“現場管理アプリ”を発売、ビデオチャットとホワイトボードで現場移動を削減
大和ハウス工業はキッズウェイと共同で、クラウド型管理システム「CONNET(コネット)」を開発した。(2020/1/24)

LINE、AI技術の外販を本格化 まずはチャットbot、AI-OCRを提供 「世の中に広めていく段階に入った」
LINEが、自社のAI技術を外販する事業「LINE BRAIN」で、チャットbotとAI-OCRに関するサービスの提供を始める。これまでは実証実験や自社サービスなどで利用されていたが、月額サービスとして本格展開していく。(2020/1/21)

そろそろ会議やめませんか:
シャープがビジネスチャットツール「LINC Biz」を事業化する理由
AIoTクラウドが手がけるビジネスチャットツール「LINC Biz」は、シャープの社内ツールを外販したものだ。そのアドバンテージや今後の展開を聞いた。(2020/1/14)

「RPA」から「IPA」へ【中編】
RPAをまずは導入すべし 次世代RPA「IPA」の失敗しない入れ方
OCRや自然言語処理、チャットbotなどの技術によって、「RPA」よりも高度な業務自動化を実現する「IPA」。RPAはどのようにしてIPAに発展したのか。IPAの適切な導入手順とは。(2020/1/14)

「謎解き」機能も:
「明智光秀AI」と対話したら“聖地”に行きたくなる? LINEと14自治体が観光誘客へ
2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀にゆかりのある14自治体がAIチャットボット「明智光秀AI」を提供。LINE公式アカウントで、光秀と対話したり、観光情報を取得したりできる。ドラマの盛り上がりを観光誘客につなげる狙いだ。(2019/12/17)

「スター・ウォーズ」が「Facebook Messenger」とコラボでARエフェクトとスタンプ
「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の封切りを12月20日に控え、FacebookがDinseyとのコラボでMessengerの動画チャットで使えるスター・ウォーズ関連のARエフェクトと、チャットのテーマとスタンプが無料で公開された。(2019/12/13)

第2回 施設リノベーション EXPO:
最大4人まで参加可能な建設現場向けビデオチャットシステム「CONNET」
キッズウェイは、現場監督などの管理者の移動時間や確認待ち時間を削減する携帯端末向けのビデオチャットシステム「CONNET」を開発し、業界の生産性向上を推進している。(2019/12/11)

日本の高校生、デジタル機器を「勉強には使わない」 国際調査で実態明らかに
2018年の国際学習到達度調査で、日本の高校1年生の8割が授業でデジタル機器を使っていないことが分かった。OECD加盟国中最も低い水準を示した一方、ゲームやチャットの利用率は最高となった。(2019/12/5)

Googleフォトの共有にチャット機能追加
Googleフォトの写真と動画の共有機能で、共有相手とチャットできるようになる。メッセンジャーのような画面で写真についてチャットしたり「いいね」を送ったり、共有メンバーを追加したりできる。(2019/12/4)

『小学一年生』のテレビCM「ピッカピカの一年生♪」が約25年ぶりに復活 令和初の小学一年生たちが登場
例のメロディは橋本絵莉子さん(チャットモンチー済)が歌っています。(2019/12/2)

今日のリサーチ:
急成長のチャットbot市場、2018年度の売上金額は前年度比倍増――ITR調べ
日本国内のベンダー29社への調査を基にしたチャットbot市場の実績と予測です。(2019/11/13)

テレワークに潜む隠れた問題
「ビジネスチャットはここで選べ」4大ツールから考えるチャットツールの選び方
今や企業の情報共有手段はメール、電話からチャットツールに移りつつある。しかし、チャットツールといっても千差万別だ。最近のツールはどれも豊富な機能を備えているものばかりだ。選定のポイントはどこにあるのか。(2019/11/1)

スマート化:
注文住宅向けWebサービスに新システム、顧客と建築事業者の“直の意思疎通”
ランディックスは、注文住宅向けWebサービス「sumuzu Matching」に、建築主と工務店が直接コミュニケーションを図れるチャット機能などを追加し、戸建て住宅の建築にまつわる土地の購入から、設計提案、打ち合わせ、工事請負契約までを完全IT化させた。(2019/10/29)

「出欠確認地獄」よサヨウナラ、Webフォームで「どこでも楽に仕事」をしよう
テレワークにはいろいろなアプローチがある。別にビデオ会議やチャットベースのコミュニケーションばっかりがテレワークではない。筆者が日常的に思うのが「メールで集合の日時や参加者を集計するの、止めません?」ということ。Webベースのフォームサービス活用のお勧めである。(2019/10/24)

写真から粗大ごみの種類を判別するAI 横浜市が導入
写真から粗大ごみの種類を判別するAIが、横浜市粗大ごみ受付センターのチャットbotで導入された。(2019/10/9)

ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービス、横浜市がチャットbotに導入
オークネットは、ディープラーニングを活用した粗大ごみ画像認識サービスを開発し、横浜市の粗大ごみ受付チャットbotに導入した。利用者が撮影したごみの画像から品目を判別して、適切な案内をチャットで返答する。(2019/10/9)

NAVITIME Travel、チャットbotで日帰り旅行プランを自動作成する「自動プランニング」提供開始
旅行プランニング・予約アプリ「NAVITIME Travel」に「自動プランニング」機能が登場。チャットbotにエリア、日程、移動手段などを伝えると、天候や時間帯などを考慮したおすすめの日帰り旅行プランを自動で作成する。(2019/10/8)

ナビタイムジャパン、旅行プランの自動作成サービス開始 AIとチャットbotで客のニーズを分析、強化学習で精度向上
ナビタイムジャパンが、AIを活用して顧客の日帰り旅行プランを自動で作成するサービスを始めた。チャットbotで顧客から行きたいエリアや希望する日程、使いたい交通手段などを聞く。自社のデータと照合し、食事・観光・移動などを含んだ行程を表示する。(2019/10/8)

AIで作るスマート政府機関【前編】
RPAやチャットbotは「お役所仕事」をどこまで改善できるか
AIテクノロジーの活用を進めているのは一般企業だけではない。政府機関も利用を進めており、既に具体的なメリットを得ている。米国での事例を紹介する。(2019/10/8)

よくわかる人工知能の基礎知識:
世界で活躍するチャットbot 広がり続ける「自然言語処理」の可能性
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自然言語処理」について。(2019/9/24)

Facebook、テレビで動画チャットもできる「Portal TV」(149ドル)など、新デバイス発表
Facebookが昨年立ち上げた動画チャット端末「Portal」のラインアップを拡充し、テレビのHDMI端子に接続して大画面での動画チャットを可能にする「Portal TV」などの新製品を発表した。北米の他、欧州などで発売する。(2019/9/19)

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。(2019/9/18)

AIが「対話できるキャラクター」を現実に、“大人の究極のごっこ遊び”の第一歩
顧客やファンのエンゲージメントを高めるチャットbotを提供してきたgooは、チャットbot作成プラットフォーム「goo botmaker」を提供開始した。プロジェクト第1弾の壽屋との取り組みを取材した。(2019/9/11)

特集・日本を変えるテレワーク:
テレワークで「阿吽のコミュニケーション」を実現する秘訣は「絵文字」
テレワークでのコミュニケーション手段として必須のチャット。しかしチャット中心のテレワークでは相当の注意を払わないと真意が伝わらなかったり、誤解を与える可能性がある。そこで重要になってくるのが、実は絵文字の存在だ。また、テレワークを成功させる4つのルールも紹介する。(2019/9/10)

フリーアドレス導入、外部作業も可能に:
渋谷区 職員の働き方改革へ、ICT基盤を全面刷新
日立システムズは、東京都渋谷区が実施したICT基盤の全面刷新を総合的に支援した。無線LANとSurface Pro 6を導入し、職員のフリーアドレス化を実現、BYODやMicrosoft Teamsのチャットで、職員同士での自発的な情報共有を可能にした。(2019/8/29)

新たな開発手法「ChatOps」についても解説
SlackでAWSのアラートを確認できる「AWS Chatbot」とは
AWSの「AWS Chatbot」は、「Slack」「Amazon Chime」と連携するチャットbotサービスだ。同サービスの詳しい機能と、DevOpsの手法の一つ「ChatOps」について説明する。(2019/8/29)

分かりにくい質問は“聞き返し”で回答精度向上――池田泉州銀行、Web問い合わせにオウケイウェイヴのAIチャットbotを導入
池田泉州銀行は、Webサイトのチャット形式での問い合わせサービスに、オウケイウェイヴのAIチャットbotサービス「OKBIZ. for AI Chatbot」を導入。質問が分かりにくければ“聞き返す”ことで追加情報の入力を促し、回答を絞り込み、利用者に必要な情報を素早く提供する。(2019/8/27)

LINE、友だち交換しなくてもグループチャットできる「OpenChat」導入
最大で5000人が参加可能です。(2019/8/19)

ビジネスチャットツール提供の「Chatwork」がマザーズ上場へ
SaaS型ビジネスチャットツール「Chatwork」を提供するChatworkがマザーズに上場する。上場予定日は9月24日。(2019/8/15)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。