ニュース
» 2009年07月09日 09時21分 UPDATE

Safariブラウザの更新版リリース、深刻な脆弱性に対処

Appleのブラウザ更新版となる「Safari 4.0.2」がリリースされた。

[ITmedia]

 米Appleは7月8日、Safariブラウザの更新版をリリースし、2件の深刻な脆弱性に対処した。Mac版とWindows版の両方が用意されている。

 Appleが公開した技術文書によると、「Safari 4.0.2」ではWebKit関連の脆弱性2件に対処した。このうち1件では、細工を施したWebサイトをユーザーが閲覧すると、クロスサイトスクリプティング(XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。

 もう1件のメモリ破損の脆弱性も細工を施したWebサイトを使って悪用される恐れがあり、攻撃者が任意のコードを実行できてしまう。

 Safari 4.0.2の対応OSは、Mac OS X 10.4.11と10.5.7、Windows XPとVista。アップルメニューの「ソフトウェア・アップデート」経由、またはAppleのダウンロードサイトから入手できる。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

Safari | Apple | 脆弱性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -