ニュース
» 2009年07月13日 07時00分 UPDATE

友人装い会員集めたSNS、ニューヨーク州検事総長が起訴へ

ニューヨーク州検事総長は、TaggedというSNSが、友人から送られたかのように装ったメールを送りつけ、「数百万人のアドレス帳と個人情報を盗んだ」と主張している。

[ITmedia]

 米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ検事総長は7月9日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)のTaggedを詐欺的な電子メールマーケティングとプライバシー侵害で起訴する意向を明らかにした。

 同氏によると、Taggedはサイトを訪問したユーザーを騙してWebメールのログイン情報を提供させ、Webメールのアドレス帳にアクセスして大量の宣伝メールを送信した。Taggedが送ったメールは「○○さん(受信者の友人)がTaggedであなたに写真を送りました」という文面で、友人から送られたメールを装っていたという。受信者が写真(実際は存在しない)を閲覧しようとすると会員登録を強要される。Taggedは登録したユーザーのアドレス帳を利用して、さらに偽のメールを送ったと同氏は説明している。

 Taggedは4〜6月にかけて、このようなスパムを6000万通以上送り、「数百万人のアドレス帳と個人情報を盗んだ」とクオモ氏は述べている。多くのユーザーは、Taggedが自分のアドレス帳にアクセスしたことを知らなかったという。同氏はTaggedを起訴してこのような行為を差し止めるとともに、罰金を課す意向だ。

 Taggedはこれを受けて「残念だ」とコメントし、「ユーザーの同意を得ずにアドレス帳にアクセスしたことはない」とニューヨーク州検事局の主張を否定した。新しい登録プロセスをテストしたときに、言葉の使い方に混乱を招く部分があり、そのために苦情が寄せられたと説明している。同社は既にこのプロセスを停止している。

関連キーワード

アドレス帳 | SNS | Webメール | スパム | 偽装メール


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -