ニュース
» 2009年07月27日 07時00分 UPDATE

PayPal、決済プラットフォームを他社に公開

開発者はPayPalのAPIを利用することで、Webサイトやアプリケーションに決済機能を組み込めるようになる。

[ITmedia]

 米オンライン決済サービスPayPalは7月23日、決済プラットフォームを他社に公開すると発表した。

 「PayPal X」と呼ばれるプログラムの下、決済プラットフォームのAPIを公開する。開発者はこのAPIを利用することで、WebサイトやアプリケーションにPayPalの決済機能を組み込める。既に、Twitterを利用した決済サービス「Twitpay」などでこのAPIが活用されている。

関連キーワード

PayPal | 決済サービス | API | オンライン決済


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -