ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オンライン決済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンライン決済」に関する情報が集まったページです。

日本最大級の電子決済サービス「ペイペイ」 進める“スーパーアプリ化”
不審な動きはシステムで自動的に検知するほか、目視でもチェックする。不正をめぐるスピード感は増しており、対策が後れを取ることは許されない(2021/8/4)

Kyash、はじめての決済で20%還元キャンペーン開始 ネット決済限定
フィンテック企業のKyash(東京都港区)は、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催する。ネットショッピングやオンライン課金でこれまでKyash Visaカード決済を利用したことがない人を対象に、初回決済金額の20%(最大1000ポイント)がキャッシュバックとなる。(2021/6/21)

Kyash、初めての利用で決済金額の20%還元キャンペーン
Kyashは、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催。Kyash Visaカードを初めて利用すると、 初回決済金額の20%(上限1000ポイント)がキャッシュバックされる。(2021/6/21)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクと連携を深めるフードデリバリー 「dデリバリー」を失ったドコモはどう出る?
コロナ禍に伴う緊急事態宣言などで飲食店の営業に大きな制限がかかる中、フードデリバリーは急激に市場を拡大している。KDDIはmenuとの業務提携を発表し、ソフトバンク傘下のPayPayは、Uber Eatsのミニアプリを搭載する他、出前館でもPayPayのネット決済を利用できる。一方、「dデリバリー」を終了させたドコモはこの分野で後れを取っているように見える。(2021/6/5)

“推しのアクキー”で電子決済 FeliCa内蔵キーホルダー、ソニーが販売 第1弾は「まどマギ」
ソニーが、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種を販売する。(2021/4/30)

中国、「Alipay」運営元に行政指導 経営体制の見直し求める
中国人民銀行が、中国Alibabaの傘下で電子決済サービス「Alipay」を運営するAnt Groupに行政指導を行ったと発表。経営体制の見直しや、ユーザー情報の活用状況を改善するよう指導した。(2021/4/14)

Squareの決済端末、日本で販売開始 iPhoneやiPadが不要に
Squareが単体で機能する電子決済端末を発売した。(2021/3/17)

証明写真機「Ki-Re-i」がコード決済に対応 マイナンバーカード交付申請も可能
証明写真機「Ki-Re-i」は、2月下旬から非接触の電子決済機能を順次搭載。「PayPay」「メルペイ」「楽天ペイ」「au PAY」「d払い」「J-Coin Pay」の6サービスに対応する。(2021/2/17)

ECサイト決済、クレジットカードが減少し「PayPay」が台頭 SBペイメントが調査
SBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)にでの決済手段の利用実態を調査。2018年調査と比較してクレジットカード決済の利用割合が減少し、PayPay(オンライン決済)などの割合が増加している。(2021/2/5)

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」終了へ 「即時振替サービス」は順次再開
ゆうちょ銀行が、不正利用が相次ぎ停止していた、他社の電子決済サービスと同行の口座を連携する「即時振替サービス」を順次再開すると発表。Visaデビット・プリペイドカード「mijica」は、2022年春以降にサービスを終了する。(2021/1/8)

トランプ氏、中華系アプリの取引禁止する大統領令に署名 安全保障上のリスク踏まえ
米国のトランプ大統領が安全保障上のリスクを理由として、中国Alibabaグループが運営する電子決済サービス「Alipay」など8つの中華系アプリとの取引を禁止する大統領令に署名した。(2021/1/6)

LINE公式アカウント上で接客〜決済が可能に 「LINE Pay 支払いリンク」本格スタート
LINE Payは、12月10日に加盟店向け新サービス「LINE Pay 支払いリンク」を正式に開始。LINE公式アカウントとLINE Payを連携させると、顧客とのコミュニケーション上でオンライン決済機能を利用できる。(2020/12/10)

カンムのVisaプリペイド「バンドルカード」利用者300万突破
オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営するカンム(東京都渋谷区)は12月4日、ダウンロード数が300万を突破したと発表した。提供から4年で突破した。(2020/12/4)

フィンテックのStripe、“サービスとしての銀行”「Treasury」始動 Shopifyも採用
オンライン決済大手のStripeが、“サービスとしての銀行”アプリ「Stripe Treasury」を発表した。Evolve Bank & TrustやGoldman Sachs Bank USAと提携し、Shopifyなどのプラットフォームのユーザーが簡単に銀行口座をオンラインで開設できるようにする。(2020/12/4)

法律的問題性は?:
弁護士が解説する「ドコモ口座」不正出金の元凶と求められる本人確認方法
2020年9月、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正出金の被害が相次いで発生した。口座開設時のNTTドコモによる本人確認や、連携先銀行の認証手続きに甘さがあったと指摘されている。本稿では法的観点に基づくドコモ口座の不正出金に対する考察とともに、今後のキャッシュレス決済の普及に向けた環境整備の展望を、南弁護士が解説する。(2020/11/28)

シヤチハタがビジネス向け電子決済サービスをリニューアル
シヤチハタは、同社提供のビジネス向け電子決済サービスをリニューアル、新たに「Shachihata Cloud」として提供を開始する。(2020/11/16)

AIを活用したオンライン決済の不正検知サービスを提供開始 SBペイメントサービス
SBペイメントサービスが、同社のオンライン決済サービスを導入した事業者に対して「AI不正検知」を提供し始めた。AIが不正利用のリスクをスコアとして算出し、クレジットカードでの不正な取引を早期に発見する。(2020/11/11)

ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え
自分の銀行口座からいつの間にか預金が引き出されてしまうという、金融セキュリティの根幹を揺るがした「ドコモ口座事件」。「口座振替という“裏口”ではなく、セキュリティが高い表玄関を利用すべきだった。ネットバンキングや銀行API接続の中で、電子マネーチャージをうながしていくべきだった」。そう話すのは、電子決済等代行事業者協会の代表理事であり、マネーフォワードの取締役を務める瀧俊雄氏だ。(2020/10/27)

PayPay、「ミニアプリ」のAPIを公開 アプリ内アプリの開発が簡単に
PayPayが、モバイル決済サービス「PayPay」のミニアプリを開発するためのAPIを公開。外部ECサイトやアプリのオンライン決済に、PayPayを使えるようにする開発者向けサイトで提供する。(2020/10/26)

PayPalアカウントでの暗号通貨利用が可能に まずはビットコインなど4銘柄で
オンライン決済のPayPalが、PayPalアカウントでの暗号通貨の購入、保持、販売を可能にすると発表した。向こう数週間中に米国で、ビットコイン、イーサリアムなど4銘柄を利用可能になる。来年初頭には約2600万店で暗号通貨での買い物が可能に。(2020/10/22)

今日のリサーチ:
「ドコモ口座」不正出金発覚後、残高確認したのは半数以下――日本トレンドリサーチ調査
NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を使って銀行から不正に預金を引き出される被害が相次ぎました。被害の確認のために残高確認をした人はどのくらいいるのでしょうか。(2020/9/16)

金融庁「本人確認が不十分ならサービス停止を」 銀行と決済事業者へ要請 相次ぐ不正引き出し受け
複数の電子決済サービスで預金の不正引き出しが相次いでいることを受け、金融庁は銀行や決済事業者に対し、本人確認が不十分な場合はサービスを停止するよう要請した。(2020/9/16)

電子決済「Kyash」、イオン銀行との連携停止 ゆうちょに続き不正引き出し被害
電子決済「Kyash」がイオン銀行の口座連携を停止。同行の口座からKyashを通じた不正な預金の引き出しを確認したという。同様の被害を確認したとして、同社はゆうちょ銀行との口座連携も停止している。(2020/9/16)

LINE Payでも不正引き出し被害 知人の犯行か 被害総額約50万円
LINE Payが、電子決済サービス「LINE Pay」を悪用してゆうちょ銀行から不正に現金を出金する被害が発生したと発表した。被害総額は約50万円に上る。(2020/9/16)

ゆうちょ、電子決済「Kyash」と連携停止 ドコモに続き不正引き出し被害【追記あり】
ゆうちょ銀行が決済サービス「Kyash」との口座連携を停止した。Kyashを通じた不正な預金の引き出しを確認したという。(2020/9/15)

ドコモ口座の不正引き出し、被害は143件、総額2676万円に増加
電子決済サービス「ドコモ口座」の不正引き出し問題について、NTTドコモは9月15日午前0時までに全国11の銀行で143件、2676万円の被害を確認したと明らかにした。(2020/9/15)

総務省「ドコモ口座以外でも不正引き出しあった」 ゆうちょ銀行は「確認中」
ドコモ口座での現金不正引き出し事件を巡り、総務省の高市早苗大臣が、ドコモ口座以外の電子決済サービスでも不正引き出し被害が発生していたと明らかにした。(2020/9/15)

バンクペイも新規登録停止 ドコモ口座不正を受けて
大手銀行や地方銀行、信用金庫などが参加するスマホ決済サービス「バンクペイ」は、9月14日に新規口座登録を停止した。また、登録済み口座であっても、一部金融機関において決済サービスを停止した。運営元の日本電子決済推進機構が発表した。(2020/9/15)

ドコモ口座、現金の不正引き出し被害が拡大 被害額は1990万円に
電子決済サービス「ドコモ口座」から現金の不正引き出しが相次いでいる問題について、NTTドコモは9月11日午前0時までに全国12の銀行で73件、1990万円の被害を確認したと明らかにした。(2020/9/11)

「ドコモ口座」不正預金引き出し、記者会見の一問一答まとめ
NTTドコモが提供する電子決済サービス「ドコモ口座」で発生した現金の不正引き出し事件について、同社が記者会見を開催した。質疑応答を一問一答でまとめた。(2020/9/10)

「ドコモ口座」不正預金引き出し事件、ドコモが謝罪 被害額1800万円の全額補償 「本人確認十分でなかった」
電子決済サービス「ドコモ口座」を通じて現金の不正引き出しが相次いでいることを受け、NTTドコモが都内で記者会見を開き、被害者やサービスの利用者に対し謝罪した。(2020/9/10)

NTTドコモ、きょう夕方に会見 「ドコモ口座」について被害状況など説明か
NTTドコモは、9月10日夕方に緊急の記者会見を行うことを明らかにした。電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正出金について説明を行うとみられる。(2020/9/10)

ドコモ口座、全銀行で新規の登録停止 被害額は1000万円
電子決済サービス「ドコモ口座」を悪用した現金の不正引き出しが相次いでいることを受け、NTTドコモはドコモ口座と連携する全35行の新規登録を停止すると発表。9日までに、34口座で約1000万円の被害を確認したという。(2020/9/10)

「ドコモ口座」で相次ぐ不正出金、なぜ地銀だけが狙われた? 専門家の見解は
NTTドコモが提供する電子決済サービス「ドコモ口座」を利用して、銀行から不正に現金を引き出す被害が相次いでいる。顧客に被害があったのはいずれも地方銀行。今回の不正出金はなぜ起きたのか、専門家に見解を聞いた。(2020/9/9)

外部ECサイトやアプリにPayPayを簡単導入 無料の開発者向けサービス
ECサイトやアプリのオンライン決済に、モバイル決済サービス「PayPay」を使えるようにする開発者向けWebサービス「PayPay for Developers」をPayPayが提供する。実装方法や開発環境を提供することで、オンライン加盟店の獲得を強化する。(2020/7/29)

公取も動いた銀行APIの今後 神田潤一氏に聞く
いったんの節目を迎えた銀行オープンAPI。しかし4月に公正取引委員会は「取引上の地位が優越する銀行が、契約の見直しを行い、電子決済等代行事業者に正常な商慣行に照らして不当に不利益を与える場合には、独占禁止法上問題となるおそれ」というレポートを発表した。銀行APIの今後はどうなるのか?(2020/6/24)

石野純也のMobile Eye:
auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か
5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。その詳細を見ていこう。(2020/5/23)

PayPay、オンライン決済限定のキャンペーン 10%還元と最大10万円相当のポイントがもらえる抽選を実施
PayPayがオンライン決済限定のキャンペーンを実施。外出自粛を受けてECサイトの需要が高まる中で、加盟店の売り上げ向上などを後押しする。(2020/5/8)

PayPayがオンライン決済を対象としたキャンペーン 10%還元&抽選で10万円相当が当たる
PayPayが6月のキャンペーンを2つ発表した。いずれもオンラインでの決済を対象としたもので、6月1日0時から6月30日23時59分まで実施する。1等だと10万円相当のPayPayボーナスを付与する「ペイペイジャンボ」と、10%を還元するキャンペーンを実施する。(2020/5/8)

SBペイメントサービス、EC事業者向けに「PayPay」を導入
ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスは、同社が提供しているEC事業者向けオンライン決済サービスで「PayPay(オンライン決済)」の対応を開始。時期は2020年1月中を予定する。(2019/12/16)

PayPal、価格比較・リワード情報ツールのHoneyを約40億ドルで買収
オンライン決済大手のPayPalが、価格比較・クーポン情報ツールのHoneyを買収すると発表した。買収総額は約40億ドル。ツールをPayPalに取り込み、ユーザーの購入体験を改革するとしている。(2019/11/21)

Facebookのデジタル通貨「Libra」協会からPayPalが撤退
Facebookが6月に発表したデジタル通貨「Libra」の運営を担う「Libra協会」への加盟を表明していた電子決済大手のPayPalが、撤退を表明した。公式サイトの会員一覧からも消えた。(2019/10/7)

モバイル決済の裏側を聞く:
J-Debitの仕組みをスマホで 「Bank Pay」の狙う市場と戦略
2019年秋のサービス開始を予定している「Bank Pay」は、「J-Debit」の推進団体としても知られる日本電子決済推進機構(JEPPO)が提供するサービスだ。Bank Payは「既にあるシステムをスマートフォンに拡張」「各金融機関が提供しているアプリやサービスとの連携」を特徴としている。JEPPOがうたう「オールバンクのスマホ決済サービス」とは?(2019/8/19)

SBペイメントサービスと連携:
サイトコア、キャッシュレス対応のEC機能「Sitecore Experience Commerce」を日本で本格展開
「Sitecore Experience Commerce(SXC)」が日本で本格展開。ソフトバンク子会社のSBペイメントサービスのオンライン決済サービスと連携する。(2019/7/12)

JR東、「スマホ定期券」試行 Suica非対応の地区で
JR東日本は、スマートフォンアプリを使って通学定期券を購入・乗車できるサービス「スマホ定期券」の試行を、Suica非対応のエリアで、9月1日から来年3月末まで行う。電子決済サービス提供のウェルネットが提供するスマホアプリ「バスもり!」を活用する。(2019/7/11)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

ヤフー、8月から期間固定Tポイントを「PayPayボーナス/ボーナスミニ」へ変更
ヤフーは、8月からヤフー関連サービス上のキャンペーンなどで付与している期間固定Tポイントを「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」へ変更する。また、PayPayは6月3日に「Yahoo!ショッピング」などヤフー関連サービスでのオンライン決済時に付与する「PayPayボーナス」を0.5%から1%に引き上げる。(2019/6/3)

PayPay、6月3日からヤフー関連サービスのオンライン決済に順次導入 「ヤフオク!」の売上金チャージにも対応
6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。(2019/5/21)

PayPayがYahoo!関連サービスのオンライン決済やヤフオク!売上金チャージに対応
Yahoo!関連の支払いにPayPayが対応します。(2019/5/21)

銀行口座直結の「Bank Pay」、2019年秋に開始 1000以上の金融機関が対応予定
日本電子決済推進機構(J-Debitの推進団体)が、新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」を2019年秋に開始する。ユーザーがスマートフォンアプリに表示したバーコードを読み取ってもらうことで、対応する銀行口座直結で決済ができる。1000以上の金融機関が順次対応する。(2019/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。