ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「オンライン決済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンライン決済」に関する情報が集まったページです。

外部ECサイトやアプリにPayPayを簡単導入 無料の開発者向けサービス
ECサイトやアプリのオンライン決済に、モバイル決済サービス「PayPay」を使えるようにする開発者向けWebサービス「PayPay for Developers」をPayPayが提供する。実装方法や開発環境を提供することで、オンライン加盟店の獲得を強化する。(2020/7/29)

公取も動いた銀行APIの今後 神田潤一氏に聞く
いったんの節目を迎えた銀行オープンAPI。しかし4月に公正取引委員会は「取引上の地位が優越する銀行が、契約の見直しを行い、電子決済等代行事業者に正常な商慣行に照らして不当に不利益を与える場合には、独占禁止法上問題となるおそれ」というレポートを発表した。銀行APIの今後はどうなるのか?(2020/6/24)

石野純也のMobile Eye:
auのポイントに「Ponta」を取り込む狙いは? 課題はオンライン決済か
5月21日に、auのポイントプログラムがPontaに統合された。従来のau WALLETポイントは廃止になり、今後は、携帯電話回線の通信費や各種サービス利用料からの還元も、Pontaで行われる。ポイントプログラムを刷新したKDDIの狙いは会員基盤の強化にある。その詳細を見ていこう。(2020/5/23)

PayPay、オンライン決済限定のキャンペーン 10%還元と最大10万円相当のポイントがもらえる抽選を実施
PayPayがオンライン決済限定のキャンペーンを実施。外出自粛を受けてECサイトの需要が高まる中で、加盟店の売り上げ向上などを後押しする。(2020/5/8)

PayPayがオンライン決済を対象としたキャンペーン 10%還元&抽選で10万円相当が当たる
PayPayが6月のキャンペーンを2つ発表した。いずれもオンラインでの決済を対象としたもので、6月1日0時から6月30日23時59分まで実施する。1等だと10万円相当のPayPayボーナスを付与する「ペイペイジャンボ」と、10%を還元するキャンペーンを実施する。(2020/5/8)

SBペイメントサービス、EC事業者向けに「PayPay」を導入
ソフトバンクの子会社であるSBペイメントサービスは、同社が提供しているEC事業者向けオンライン決済サービスで「PayPay(オンライン決済)」の対応を開始。時期は2020年1月中を予定する。(2019/12/16)

PayPal、価格比較・リワード情報ツールのHoneyを約40億ドルで買収
オンライン決済大手のPayPalが、価格比較・クーポン情報ツールのHoneyを買収すると発表した。買収総額は約40億ドル。ツールをPayPalに取り込み、ユーザーの購入体験を改革するとしている。(2019/11/21)

Facebookのデジタル通貨「Libra」協会からPayPalが撤退
Facebookが6月に発表したデジタル通貨「Libra」の運営を担う「Libra協会」への加盟を表明していた電子決済大手のPayPalが、撤退を表明した。公式サイトの会員一覧からも消えた。(2019/10/7)

モバイル決済の裏側を聞く:
J-Debitの仕組みをスマホで 「Bank Pay」の狙う市場と戦略
2019年秋のサービス開始を予定している「Bank Pay」は、「J-Debit」の推進団体としても知られる日本電子決済推進機構(JEPPO)が提供するサービスだ。Bank Payは「既にあるシステムをスマートフォンに拡張」「各金融機関が提供しているアプリやサービスとの連携」を特徴としている。JEPPOがうたう「オールバンクのスマホ決済サービス」とは?(2019/8/19)

SBペイメントサービスと連携:
サイトコア、キャッシュレス対応のEC機能「Sitecore Experience Commerce」を日本で本格展開
「Sitecore Experience Commerce(SXC)」が日本で本格展開。ソフトバンク子会社のSBペイメントサービスのオンライン決済サービスと連携する。(2019/7/12)

JR東、「スマホ定期券」試行 Suica非対応の地区で
JR東日本は、スマートフォンアプリを使って通学定期券を購入・乗車できるサービス「スマホ定期券」の試行を、Suica非対応のエリアで、9月1日から来年3月末まで行う。電子決済サービス提供のウェルネットが提供するスマホアプリ「バスもり!」を活用する。(2019/7/11)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

ヤフー、8月から期間固定Tポイントを「PayPayボーナス/ボーナスミニ」へ変更
ヤフーは、8月からヤフー関連サービス上のキャンペーンなどで付与している期間固定Tポイントを「PayPayボーナス」「PayPayボーナスミニ」へ変更する。また、PayPayは6月3日に「Yahoo!ショッピング」などヤフー関連サービスでのオンライン決済時に付与する「PayPayボーナス」を0.5%から1%に引き上げる。(2019/6/3)

PayPay、6月3日からヤフー関連サービスのオンライン決済に順次導入 「ヤフオク!」の売上金チャージにも対応
6月3日から順次、「PayPay」がヤフー関連サービスのオンライン決済に対応する。オンライン決済時には「PayPayボーナス」が付与され、PayPay残高・Tポイント・Yahoo!ウォレットに登録しているクレジットカードなどと組み合わせて支払うこともできる。同日からは「ヤフオク!」の売上金を「PayPay」にチャージできるようにもなる。(2019/5/21)

PayPayがYahoo!関連サービスのオンライン決済やヤフオク!売上金チャージに対応
Yahoo!関連の支払いにPayPayが対応します。(2019/5/21)

銀行口座直結の「Bank Pay」、2019年秋に開始 1000以上の金融機関が対応予定
日本電子決済推進機構(J-Debitの推進団体)が、新たなスマホ決済サービス「Bank Pay」を2019年秋に開始する。ユーザーがスマートフォンアプリに表示したバーコードを読み取ってもらうことで、対応する銀行口座直結で決済ができる。1000以上の金融機関が順次対応する。(2019/4/22)

PayPayのオンライン決済、6月に開始
PayPayが、オンライン決済を2019年6月に開始する。対象となるサービスは「Yahoo!ショッピング」と「ヤフオク!」。2月の開始から4カ月延期となっていた。(2019/4/17)

タクシー配車アプリ「S.RIDE」が都内でスタート コード決済にも対応
みんなのタクシーは、4月16日にタクシー配車アプリ「S.RIDE」をリリース。ワンスライドで東京最大級のタクシーネットワークから一番近いタクシーを呼び出すことができる。事前にクレジットカードを登録すればネット決済が可能で、独自のQRコード決済「S.RIDE Wallet」にも対応する。(2019/4/17)

JCBデビットを採用:
「じぶん銀行スマホデビット」がサービス開始 Androidは「QUICPay+」にも対応
じぶん銀行の「スマホデビット」が、4月3日にサービスを開始した。同社の預金口座を持っていれば、最新の「じぶん銀行」アプリからネット決済専用のJCBデビットカードを即時発行できる。Androidスマートフォンならデビットタイプの「QUICPay+」も利用できる。【追記】(2019/4/3)

PayPalかたるフィッシングメール出回る 不審なログインがあったと偽サイトに誘導
オンライン決済サービス「PayPal」をかたるフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている(2019/2/28)

約60%が電子マネー決済を活用 今後にも期待――Zaimの2018年消費動向調査から
個人向け家計サービス「Zaim」を運営するZaimが2018年の消費動向に関する調査結果を発表。よく利用した決済方法のうち電子決済は約60%となり、約38%が今後とくに利用したい決済方法で「電子決済」と回答した。(2018/12/27)

「PayPay」オンライン決済に対応 「Yahoo!ショッピング」や「LOHACO」で利用可能に
QRコードを使ってスマートフォン決済できるサービス「PayPay」がオンライン決済にも対応へ。「Yahoo!ショッピング」「ヤフオク!」では来年2月から、「LOHACO」では同年4月から、PayPayによる決済に対応する。(2018/11/30)

ホワイトペーパー:
別冊Computer Weekly テレビが教えてくれないキャッシュレス化の現実
電子決済などの普及により、日本でも遅ればせながらキャッシュレス化が進んでいる。より良いキャッシュレス社会をつくるために、キャッシュレス先進国の影の面にも目を向け、学んでおくべきだろう。(2018/11/20)

コミケでクレカ・電子マネー・QR決済に対応 「電子決済を極めまくったサークル」に話を聞いた
うわさのクレジットカード研究サークル「湊町メディアシステム」を取材しました。(2018/9/2)

Stripe、カード発行事業「Stripe Issuing」を招待制で開始 「Apple Pay」にも対応
オンライン決済のStripeが、企業向け物理/仮想カードの発行・管理サービス「Stripe Issuing」を招待制で開始した。すべての大手カードネットワークに承認されており、Apple PayとGoogle Payもサポートする。(2018/7/27)

外国人観光客のニーズに対応:
アリペイで運賃支払い 沖縄のゆいレールで実証実験
沖縄都市モノレールなど6社は中国など外国人観光客向けに電子決済サービス「アリペイ」を使った運賃支払いの実証実験を始めると発表した。(2018/7/2)

USEN、電子決済の中国Lakalaと業務提携 訪日外国人向けにQRコード決済を提供
USEN-NEXT HOLDINGSは、中国の電子決済プラットフォーマーLakalaの日本法人ラカラジャパンと業務提携を結んだ。「Alipay」「WeChat Pay」などの電子決済サービスの取り扱いを開始する。(2018/6/27)

アジアからは韓国とインドの大学:
Rippleが世界の有名大学に5000万ドル投資
国際送金システムなどの研究開発を手掛ける米Rippleは6月4日、マサチューセッツ工科大学(MIT)を含む有名大学17校に総額5000万ドルを投資し、大学におけるブロックチェーンと仮想通貨、電子決済の研究開発などを支援すると発表した。(2018/6/6)

社長がRT:
メタップス、メガバンク3行との提携報道で一時ストップ高
5月16日の東京株式市場で、オンライン決済ビジネスなどを手掛けるメタップス(東証マザーズ)の株価が急騰し、一時値幅制限の上限(ストップ高)まで上昇した。終値は前営業日比446円高(+17.85%)の2945円だった。(2018/5/16)

東京メトロ、1日乗り放題乗車券などAlipayで購入可能に 訪日外国人旅行者向け
東京メトロが1日乗り放題乗車券「Tokyo Subway Ticket」と訪日外国人旅行者向け乗車券「Greater Tokyo Pass」をオンライン決済サービス「Alipay」で購入できるようにする。上野駅旅客案内所で4月27日から。(2018/4/23)

茂田カツノリの「ギークシティ深センの遊び方」:
深センで最先端電子マネー 中華スマホサービス体験マニュアル
ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。第2回は、スマホ電子マネーと、そこから派生したサービスの実体験方法だ。(2018/1/29)

オンライン決済のStripe、ビットコインのサポート終了 手数料・送金時間の増大で
オンライン決済大手の米Stripeは、ビットコインのサポートを4月23日でやめると発表した。送金手数料が大幅に上昇し、トランザクション確認時間が増加した結果、通貨として使用することが難しくなったと判断した。(2018/1/24)

フードコートで並ばず食事 イオンモール幕張新都心店の「おひつごはん」、スマホでの事前注文が可能に
料理ができるとスマホに通知。会計もオンライン決済対応で、すばやく済ませられます。(2018/1/12)

新連載! 茂田カツノリの「ギークシティ深センの遊び方」:
世界最大の電気街、深セン「華強北」とっておきガイド
ドローンがブンブン飛び、LEDはギラギラと輝き、ホバーボードは走りまくり、町中にIoTシェアサイクルやEVのタクシーやバスが走り回り、屋台では皆がスマホで電子決済する近未来ハイテンションシティ「深セン」。そこにほぼ毎月通う茂田カツノリ氏が「深センの今」をお伝えする。第1回は、世界一の華強北電気街攻略法。(2017/12/7)

楽天ペイ、分割払いに対応
楽天は、楽天会員IDを活用したオンライン決済サービス「楽天ペイ」の決済手段として、分割払いの提供を開始した。(2017/12/6)

「クレジットカード決済とは競合しない」 携帯番号を使うオンライン決済「Paidy」が狙う市場
オンライン決済サービス「Paidy」を提供するエクスチェンジコーポレーションは、煩雑な手続きを省略する決済手法で、クレジットカードを持っていない若者や高齢者の新規獲得を狙う。(2017/11/14)

カード不要のオンライン決済サービス「Paidy」が100万口座を突破
エクスチェンジコーポレーションが提供するオンライン決済サービス「Paidy」が100万口座を突破。クレジットカードなどの登録は不要で、オンラインショッピング時にメールアドレスと携帯電話番号でリアルタイムに決済できる。(2017/11/14)

みずほ銀行、電子マネーを今夏発行 口座から直接チャージ可能
オンライン決済サービスなどを手掛けるメタップスと新会社を設立し、今夏のサービス開始を目指す。(2017/4/14)

Slackで同僚に送金──PayPal bot登場
オンライン決済のPayPalが、Slackのチームメンバー同士で送金できる「PayPal bot」をSlackのアプリストアで公開した。まずは北米など数カ国で利用できるようになった(日本はまだ)。(2017/2/8)

なぜ日本で個人間決済ははやらない? 割り勘アプリ「paymo」の代表に聞いてみた
電子決済がなかなか日本で普及しない理由と、今後日本でも伸びると予測される個人間決済ツールの「割り勘」用途について、AnyPay代表取締役の木村新司氏に聞きました。(2017/1/26)

iOS版「PayPal」、Siri対応で音声での決済が可能に(日本語も可)
iOS版のオンライン決済アプリ「PayPal」がSiriに対応した。「Hey Siri、PayPalで鈴木さんに1000円支払って」などと言うことで決済を実行できる。日本語を含む30カ国語に対応する。(2016/11/11)

今秋日本上陸とのうわさ:
Google、「Android Pay」でのオンライン決済を可能に VisaおよびMastercardとの提携で
日本で「Apple Pay」が使えるようになった日、Googleはモバイル決済サービス「Android Pay」でのオンラインショッピングを可能にした。VisaとMastercardのオンライン決済アプリに対応するWebサイトでは、Android端末の指紋認証だけで決済できる。(2016/10/25)

Stripe、ついに国内本格参入 130通貨での決済が可能に
オンライン決済サービスのStripe(ストライプ)が10月4日、日本におけるサービスを正式に開始すると発表。ベータ版では日本円しか扱えなかったが、130通貨以上での決済が可能に。(2016/10/4)

必要なリテラシーは、触ってかざすだけ:
ウェアラブル指紋認証はパスワードを無くすのか
ディー・ディー・エスは、パスワードレスで個人認証を可能にするウェアラブル指紋認証機器「magatama」を開発したと発表した。勾玉の形をするmagatamaで指紋認証を行い、対応する機器にかざすことでWebサービスのログインやオンライン決済、スマートキーの解錠ができるという。(2015/10/28)

PCI DSS準拠の高いセキュリティ水準を実現:
クラウド型ECサイト構築のデマンドウェアがベリトランスの決済サービスと連係
デマンドウェアは2015年10月20日、ベリトランスと提携し、デマンドウェアが提供する小売企業向けクラウドコマースパッケージに、ベリトランスのオンライン決済サービスとの連係機能を標準搭載すると発表した。(2015/10/20)

ECサイト内のユーザの行動を学習:
人工知能を使ったEC向け自動販促ツール、メタップスが提供開始
オンライン決済プラットフォーム「SPIKE」を提供するメタップスは、人工知能がECサイト内のユーザ行動を学習し、購買率や継続率を最大化する新サービス「SPIKEオートメーション」の提供を開始した。(2015/10/9)

オンライン決済のStripe、アプリ内購入ボタンツール「Relay」でTwitter他と提携
オンライン決済サービスのStripeが、小売業者がTwitterなどのアプリで商品を販売するためのツール(API)「Relay」をリリースした。業者は複数のアプリで販売する商品をダッシュボードで一元管理できる。(2015/9/15)

無料導入できるオンライン決済サービス「PAY.JP」 BASEが公開
ネットショップ開設サービスを運営するBASEがオンライン決済サービス「PAY.JP」を公開した。(2015/9/7)

導入キャンペーンで来年5月末まで決済手数料が無料:
ネットショップ開設サービスのBASEが新事業のオンライン決済サービス「PAY.JP」を開始
BASEは新事業として、クレジットカード決済機能を無料で簡単に導入できるオンライン決済サービス「PAY.JP」の提供を開始した。(2015/9/7)

オンライン決済サービスのStripe、日本上陸 三井住友カードと提携
新進気鋭のオンライン決済サービスStripeが日本でのサービス開始を発表。国内サービスでは三井住友カードと提携する。(2015/5/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。