ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オンライン決済」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オンライン決済」に関する情報が集まったページです。

d払い決済1日600回「異常」通報で発覚 不正利用疑い、ベトナム食料品店の男再逮捕
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用して架空決済を繰り返し、カード会社から約1千万円をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などは、電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪市生野区新今里のベトナム食料品店の実質経営者、レ・ドゥック・ロン被告を再逮捕した。(2024/2/5)

他人名義のd払いで1000万円以上詐取疑い 大阪府警、架空決済でベトナム人グループ逮捕 総額2000万円以上詐取か
他人名義のスマートフォンで、NTTドコモの電子決済サービス「d払い」を不正利用し現金をだまし取ったとして、大阪府警国際捜査課などが電子計算機使用詐欺などの疑いで、大阪や兵庫に住む20〜30代のベトナム人グループ5人を逮捕していたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。府警は令和5年5月から同様の手口で不正を繰り返し、2千万円以上を詐取したとみて実態解明を進める。(2024/2/5)

PayPayでSpotify Premiumプランの支払いが可能に
PayPayでSpotify Premiumプランの支払いが可能になった。PayPayが2023年12月18日に発表した。オンライン決済の利用方法も案内されている。(2023/12/18)

au PAY、オンライン決済で最大10倍還元キャンペーン 12月25日まで
KDDIは、12月1〜25日に「ネット支払い感謝祭 冬」を開催。専用サイトでエントリーし、対象サイトにて1回500円以上の決済を「au PAY」で行うとPontaポイントが10倍(10ポイント/200円)になる。(2023/11/29)

AWS活用で「PCI DSS 4.0」に準拠 6つの観点でクラウドセキュリティを解説:
決済サービスだからこそクラウドをフル活用――PAY.JPがクラウドネイティブを推進する理由
オンライン決済サービス「PAY.JP」では、システム基盤の見直しやPCI DSS準拠といった取り組みを継続的に進め、高いセキュリティ水準の維持に取り組んできた。PAYで代表取締役CEOの高野兼一氏が、クラウドネイティブな取り組みをどう進めているのか、解説した。(2023/11/2)

FeliCa対応スマートウォッチ「Galaxy Watch6/6 Classic」9月15日に発売
サムスン電子は、スマートウォッチ「Galaxy Watch6」「Galaxy Watch6 Classic」を発売。Galaxy Watchで初めてFeliCaに対応し、交通系ICカード「Suica」、NTTドコモの電子マネー「iD」、JCBの電子決済サービス「QUICPay」も利用できる。(2023/9/12)

オンライン決済と税務処理を一体化 Stripeが新サービス「Stripe Tax for platforms」を提供
Stripeが「Stripe Tax for platforms」の提供を開始した。決済だけでなく税務処理も自社サービスに組み込んで利用できるようになる。(2023/8/8)

Payments Dive:
オンライン決済を推進するStarbucksで一時“現金のみ”の支払いに 問われる完全キャッシュレス化のリスク
Starbucksの各店舗でキャッシュレス決済ができない悲劇が起きた。同社が露呈したキャッシュレス化のリスクとは。(2023/8/3)

Payments Dive:
やはり現金が最強か? モバイル決済アプリが早くもピークを過ぎた説
パンデミックの影響でオンライン決済の利用が拡大した。一方で人々の現金離れは進んでいないようだ。(2023/7/6)

「ゼクシィオンライン招待状」 ご祝儀もオンライン決済OK
結婚式の招待状をオンラインで送ったり、ご祝儀をオンライン決済できる「ゼクシィオンライン招待状」がスタート。(2023/6/14)

金融機関とFinTech【前編】
広がる電子決済 「次の決済システム」として英住宅金融組合が目指すのは?
決済システムをクラウドサービスに移行すると発表した英国の住宅金融組合Nationwide Building Society。この取り組みの背景にあるのは、決済市場における“ある動向”だ。(2023/4/25)

ドコモの「d払い」加盟店が拡大 TOHOシネマズや西友などで利用可能に
NTTドコモが、「dポイント」と「d払い」の加盟店拡大情報を公開した。d払いはTOHOシネマズや西友、かんぽ生命保険(ネット決済)などでも利用可能になる。(2023/3/31)

Payments Dive:
ChromeやAndroidでのオンライン決済がより安全に GoogleとAmexが提携
GoogleはAmexのバーチャルカードユーザーに新たなセキュリティ機能を追加したと発表した。これは2022年にGoogleが発表していた取り組みを具体化したもので、今後他のカード会社へも展開を予定する。(2023/3/8)

au PAY、オンライン決済で最大1万ポイント還元 マクドナルドやTOHOシネマズなど対象
KDDIは、au PAY(ネット支払い)を1000円以上利用したユーザーに抽選で最大1万Pontaポイントを付与するキャンペーンを実施する。マクドナルドや「menu」、TOHOシネマズなどが対象。(2023/1/18)

Visaプリペイドカード「バンドルカード」、ダウンロード数600万を突破
 オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営するカンム(東京都渋谷区)は9月28日、ダウンロード数が累計600万を突破したと発表した。2016年9月のローンチから、6年での到達となる。(2022/9/29)

au PAY、オンライン決済利用で最大1万ポイント還元 ドトール・松屋などで使える割引クーポンも
KDDIがau PAYユーザーを対象に、抽選で最大1万ポイントを還元する「ネット支払い感謝祭」を9月12日から30日まで開催する。抽選への参加は1au IDにつき1回までとなる。ドトールコーヒーグループ、松屋フーズなどで利用可能な割引クーポンを提供する。(2022/9/7)

Uber Eatsで「楽天ペイ(オンライン決済)」が利用可能に 最大1万ポイント還元も
Uber Eatsでオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」が利用可能に。これを記念した導入キャンペーンも開催し、初回利用時に使える3000円オフクーポン配布などを行う。(2022/4/18)

決済オペレーションを効率化:
PR:世界47カ国のオンライン決済を支えるStripeが新たな試み 日本市場向け決済サービスとは
世界47カ国でオンライン決済サービスを提供するStripe。Webサイトに7行のコードを埋め込むだけで決済サービスを実装できるシステムを開発し、企業のオンラインビジネスの成長を支えてきた。同社日本法人の共同代表が、日本市場独自に開発した新サービスやクレジットカードの不正利用防止サービス「Stripe Radar」について語った。(2022/4/12)

Visaブランド以外は「タッチ決済」もOK:
PayPayカードが「Apple Pay」に対応 iPhoneやApple WatchでQUICPay+を利用可能に
PayPayカードがApple Payに対応。これにより、iPhoneやApple Watchを介して「QUICPay」「QUICPay+」による決済を利用できるようになった。MastercardブランドとJCBブランドのカードでは、ブランドのタッチ(EMVコンタクトレス)決済やオンライン決済も利用できる。(2022/4/1)

SteamがPayPay導入 LINE Pay、メルペイに続き
PayPay社は、米Valveのゲーム販売サイト「Steam」がPayPayオンライン決済に対応したと発表した。(2022/4/1)

PayPal、ウクライナ支援を拡大 ウクライナ国民への送金を可能に 手数料は期間限定で無料
オンライン決済サービスのPayPalは、ロシアに侵攻されているウクライナへの複数の支援策を発表した。ウクライナのユーザーへの国外からの送金を可能にすることなどだ。これらの支援策の手数料は6月30日まで無料にする。(2022/3/18)

iPhoneを「手放せない道具」に変えるAppleの戦略【前編】
iPhoneを“店舗決済端末”に変える「Tap to Pay」とは?
「iPhone」を決済端末に変える「Tap to Pay」が登場し、2022年春にはオンライン決済「Stripe」で利用可能になる見込みだ。そもそもTap to Payとは何なのか。(2022/3/18)

Vプリカ、18歳未満も利用可能に 親権者同意あれば
ライフカードがネット決済専用プリペイドカード「Vプリカ」について、親権者の同意があれば18歳未満でも利用できるようにした。(2022/2/22)

LINE Payが暗号資産でオンライン決済可能に 「LINK」払いに試験対応 10%還元
LINE Payが、LINE Payアプリ上で暗号資産「LINK」を使った支払い機能「LINK支払い」を試験提供する。加盟店でのオンライン決済でLINKを使って買い物ができる。(2022/2/3)

クラウド事例ウォッチ:
“船乗り向け電子決済アプリ”がAWSで動くワケ 船ならではの「なるほど」な理由
輸送船の船員向け電子決済アプリ「MarCoPay」。このサービスが運用基盤にAWSを採用しているのは、船上での利用を想定するアプリならではの理由があった。(2022/2/1)

Payments Dive:
オンライン決済のデータ収集に“ぬるい法規制”のリスク 銀行団体らが調査呼びかけ
米国独立コミュニティー銀行家協会(Independent Community Bankers of America)は、消費者金融保護局(Consumer Financial Protection Bureau)に対し、データアグリゲーターを一掃して決済技術企業の慣行を調査するよう求めている。(2022/1/26)

Payments Dive:
創業113年のGMから決済ベンチャーStripeへ CFOが語る「役割の見つけ方」
デジタル時代に事業が大きく変化した結果、自分の役割を見失ってしまった――。そんな悩みがビジネスパーソンに増えそうな中「応用できることはある」と語りかけるCFOがいる。自動車メーカーのGMからオンライン決済事業で成長中のStripeに移った同氏が明かす「役割の見つけ方」とは。(2022/1/20)

10大セキュリティ事件2021 2位は東京五輪へのサイバー攻撃、1位は?
マカフィーが「2021年の10大セキュリティ事件」を発表。1位には、加盟店の名称など2000万件以上の情報が流出した可能性がある、電子決済サービス企業が利用するクラウドサービスへの不正アクセスがランクインした。(2021/12/14)

Payments Dive:
デジタル「後払い」で競争激化 注目の大手StripeとKlarna連携のインパクトは
デジタル決済市場で注目の2社が手を組んだ。グローバル規模のオンライン決済インフラを手掛けるStripeと、スマホを使った買い物向けの「後払い」機能で人気を集めるKlarnaだ。関係者が「決済のパフォーマンスを大幅に向上させ、オンラインの消費行動を成長させる効果がある」と意気込む提携の中身は。(2021/11/29)

現金派と電子決済派どちらが多い? 現金を使い続ける理由は「お金の管理のしやすさ」
 インターグロース(東京都荒川区)の運営するWEBメディア「節約スタイル」は、一般男女1000人を対象に現金派と電子決済派の割合について調査を実施した。その結果、現金派39%、電子決済派61%という結果になった。(2021/11/17)

コロナ禍でキャッシュレスにしました! → 駐車代が現金払いで詰む 電子決済あるある漫画に首がもげるほどうなずく
たたみ掛けるようなひどいことが起こる。(2021/11/9)

オールバンクのスマホ決済サービス「Bank Pay」 本格始動で利用拡大を目指す
 日本電子決済推進機構(東京都千代田区)は10月5日、2019年10月より開始した「Bank Pay」(バンクペイ)の取り扱い金融機関が33行、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大したと発表した。(2021/10/6)

「Bank Pay」が本格始動 取扱金融機関は33行、加盟店は13万カ所以上に拡大
日本電子決済推進機構が提供し、オールバンクで取り組むスマホ決済サービス「Bank Pay」の取扱金融機関が33行(2021年中に127行予定)、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大した。(2021/10/5)

Kyash、はじめての決済で20%還元キャンペーン開始 ネット決済限定
フィンテック企業のKyash(東京都港区)は、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催する。ネットショッピングやオンライン課金でこれまでKyash Visaカード決済を利用したことがない人を対象に、初回決済金額の20%(最大1000ポイント)がキャッシュバックとなる。(2021/6/21)

Kyash、初めての利用で決済金額の20%還元キャンペーン
Kyashは、6月18日から「ネット決済限定!はじめての決済で20%還元キャンペーン」を開催。Kyash Visaカードを初めて利用すると、 初回決済金額の20%(上限1000ポイント)がキャッシュバックされる。(2021/6/21)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクと連携を深めるフードデリバリー 「dデリバリー」を失ったドコモはどう出る?
コロナ禍に伴う緊急事態宣言などで飲食店の営業に大きな制限がかかる中、フードデリバリーは急激に市場を拡大している。KDDIはmenuとの業務提携を発表し、ソフトバンク傘下のPayPayは、Uber Eatsのミニアプリを搭載する他、出前館でもPayPayのネット決済を利用できる。一方、「dデリバリー」を終了させたドコモはこの分野で後れを取っているように見える。(2021/6/5)

“推しのアクキー”で電子決済 FeliCa内蔵キーホルダー、ソニーが販売 第1弾は「まどマギ」
ソニーが、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種を販売する。(2021/4/30)

Squareの決済端末、日本で販売開始 iPhoneやiPadが不要に
Squareが単体で機能する電子決済端末を発売した。(2021/3/17)

証明写真機「Ki-Re-i」がコード決済に対応 マイナンバーカード交付申請も可能
証明写真機「Ki-Re-i」は、2月下旬から非接触の電子決済機能を順次搭載。「PayPay」「メルペイ」「楽天ペイ」「au PAY」「d払い」「J-Coin Pay」の6サービスに対応する。(2021/2/17)

ECサイト決済、クレジットカードが減少し「PayPay」が台頭 SBペイメントが調査
SBペイメントサービス株式会社は、ECサイト(物販、デジタルコンテンツ)にでの決済手段の利用実態を調査。2018年調査と比較してクレジットカード決済の利用割合が減少し、PayPay(オンライン決済)などの割合が増加している。(2021/2/5)

ゆうちょ銀のVISAデビット「mijica」終了へ 「即時振替サービス」は順次再開
ゆうちょ銀行が、不正利用が相次ぎ停止していた、他社の電子決済サービスと同行の口座を連携する「即時振替サービス」を順次再開すると発表。Visaデビット・プリペイドカード「mijica」は、2022年春以降にサービスを終了する。(2021/1/8)

トランプ氏、中華系アプリの取引禁止する大統領令に署名 安全保障上のリスク踏まえ
米国のトランプ大統領が安全保障上のリスクを理由として、中国Alibabaグループが運営する電子決済サービス「Alipay」など8つの中華系アプリとの取引を禁止する大統領令に署名した。(2021/1/6)

LINE公式アカウント上で接客〜決済が可能に 「LINE Pay 支払いリンク」本格スタート
LINE Payは、12月10日に加盟店向け新サービス「LINE Pay 支払いリンク」を正式に開始。LINE公式アカウントとLINE Payを連携させると、顧客とのコミュニケーション上でオンライン決済機能を利用できる。(2020/12/10)

カンムのVisaプリペイド「バンドルカード」利用者300万突破
オンライン決済サービス「バンドルカード」を運営するカンム(東京都渋谷区)は12月4日、ダウンロード数が300万を突破したと発表した。提供から4年で突破した。(2020/12/4)

フィンテックのStripe、“サービスとしての銀行”「Treasury」始動 Shopifyも採用
オンライン決済大手のStripeが、“サービスとしての銀行”アプリ「Stripe Treasury」を発表した。Evolve Bank & TrustやGoldman Sachs Bank USAと提携し、Shopifyなどのプラットフォームのユーザーが簡単に銀行口座をオンラインで開設できるようにする。(2020/12/4)

法律的問題性は?:
弁護士が解説する「ドコモ口座」不正出金の元凶と求められる本人確認方法
2020年9月、NTTドコモの電子決済サービス「ドコモ口座」を利用した不正出金の被害が相次いで発生した。口座開設時のNTTドコモによる本人確認や、連携先銀行の認証手続きに甘さがあったと指摘されている。本稿では法的観点に基づくドコモ口座の不正出金に対する考察とともに、今後のキャッシュレス決済の普及に向けた環境整備の展望を、南弁護士が解説する。(2020/11/28)

シヤチハタがビジネス向け電子決済サービスをリニューアル
シヤチハタは、同社提供のビジネス向け電子決済サービスをリニューアル、新たに「Shachihata Cloud」として提供を開始する。(2020/11/16)

AIを活用したオンライン決済の不正検知サービスを提供開始 SBペイメントサービス
SBペイメントサービスが、同社のオンライン決済サービスを導入した事業者に対して「AI不正検知」を提供し始めた。AIが不正利用のリスクをスコアとして算出し、クレジットカードでの不正な取引を早期に発見する。(2020/11/11)

ドコモ口座問題の本質 裏口ではなく表玄関の銀行APIを使え
自分の銀行口座からいつの間にか預金が引き出されてしまうという、金融セキュリティの根幹を揺るがした「ドコモ口座事件」。「口座振替という“裏口”ではなく、セキュリティが高い表玄関を利用すべきだった。ネットバンキングや銀行API接続の中で、電子マネーチャージをうながしていくべきだった」。そう話すのは、電子決済等代行事業者協会の代表理事であり、マネーフォワードの取締役を務める瀧俊雄氏だ。(2020/10/27)

PayPay、「ミニアプリ」のAPIを公開 アプリ内アプリの開発が簡単に
PayPayが、モバイル決済サービス「PayPay」のミニアプリを開発するためのAPIを公開。外部ECサイトやアプリのオンライン決済に、PayPayを使えるようにする開発者向けサイトで提供する。(2020/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。