ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2021年04月30日 15時06分 公開

“推しのアクキー”で電子決済 FeliCa内蔵キーホルダー、ソニーが販売 第1弾は「まどマギ」

ソニーが、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種を販売する。

[ITmedia]

 ソニーは4月30日、FeliCaモジュールを内蔵し、電子マネー「楽天Edy」の支払いに使えるアクリル製キーホルダー「推し払いキーホルダー」の試験販売を始めると発表した。第1弾として、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のキーホルダー2種をECサイト「ANIPLEX+」で予約販売する。価格はいずれも2980円(税込)。

 キーホルダーに電子マネーの支払い機能を付与する場合、通常は金型や完成品の形状ごとに通信性能の検証が必要になるという。一方、推し払いキーホルダーは本体を多層構造で成形し、内側にFeliCaモジュールを埋め込むため、完成品が約85.5(幅)×3(奥行き)×115(高さ)mm以内であれば、さまざまな形状で必要な通信性能が維持できるとしている。

photo 推し払いキーホルダーの構造

 製作には金型が必要なく、絵柄はデジタル印刷が可能なため、初期費用が抑えられ、少量からの生産も可能という。ソニーはアーティストや他のアニメのキーホルダーも製作を検討している。さらに、自社のゲームやアニメキャラを製品化したい事業者も募っている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.