ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「決済サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「決済サービス」に関する情報が集まったページです。

上げるか下げるか「値決め」最前線:
その価格、妥当ですか? ユーザーが事後的に値段を付ける「あと値決め」はプライシングをどう変えるか
利用や使用後にユーザーが価格を決める「あと値決め」。決済サービスを手掛けるネットプロテクションズが8月にサービスを開始した。誕生の背景には、多くの企業が「何となく」価格を決めている現状がある。客観性の乏しい商品やサービスの価格を、あと値決めはどう変えていくのか(2019/10/21)

「d払い」で10%還元キャンペーン ドラッグストアで11月から
ドコモは、コード決済サービス「d払い」を対象のドラッグストアで利用すると、通常進呈のdポイントに加え、決済金額の10%となるdポイントを還元するキャンペーンを実施する。期間は11月1日から11月14日まで。あらかじめキャンペーンサイトからエントリーする必要がある。(2019/10/15)

ドコモと東京海上、「AIが提案する保険」12月開始 がん保険など8種に対応 スマホ決済の不正利用も補償
NTTドコモと東京海上日動が、AIを活用して保険商品を提案するサービス「AIほけん」を12月にリリースする。顧客が2〜5種の質問に答えると、ドコモが持つ家族構成や居住エリアなどのデータと合わせて分析。キャッシュレス決済サービスが不正利用された場合などに最大100万円を補償する新サービスも対象商品に含まれる。(2019/10/11)

セブン&アイHD、「7Pay」問題で井阪社長ら報酬返上 責任明確化へ
国内流通大手のセブン&アイHDが、スマートフォン決済サービス「7pay」の不正利用問題の責任を明確化するため、井阪隆一HD社長ら3人が役員報酬を自主返上すると発表。(2019/10/11)

「データを取りたいわけではない」と強調:
「Web接客型Amazon Pay」登場 Amazonが決済サービスを充実させる狙いを事業責任者に聞く
Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」に新機能「Web接客型Amazon Pay」が登場した。その詳細とサービスが生まれた背景などを事業責任者に聞いた。(2019/10/8)

会員登録せずに手軽に買い物 Amazonが「Web接客型Amazon Pay」をEC向けに提供
Amazonは、Amazonアカウントを使ったID決済サービス「Amazon Pay」でオンラインショッピングを支援する新機能「Web接客型Amazon Pay」を開始。Amazonアカウントを使い、より少ない情報入力で買い物ができることを提案する。(2019/10/8)

「au PAY」の登録者数が600万人を突破
KDDIは、10月5日にスマホ決済サービス「au PAY」の登録者数が600万人を突破したと発表。セブン-イレブンでの利用開始を記念した「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」や「セブン銀行ATMチャージキャンペーン」を実施している。(2019/10/7)

「PayPayフリマ」登場 売上金をPayPay残高にチャージ可能、1%還元も
スマートフォン向けアプリ「PayPayフリマ」(iOS)が登場。モバイル決済サービス「PayPay」と連携する。(2019/10/7)

決済プラットフォーム「Kyash Direct」開始 法人Visaカードが短期間で発行可能に
Kyashは、10月4日に法人Visaカードを発行できる決済プラットフォーム「Kyash Direct」を提供開始。まずは経費精算サービス一体型法人プリペイドカード「Stapleカード」を発行する。(2019/10/4)

複雑化するキャッシュレス決済、店舗の負担どう減らす? 三井住友カードがAndroid決済端末を発表
三井住友カードがさまざまな決済手段に対応できるAndroid搭載端末「stera terminal」を2020年3月に発売する。19年2月から企画・開発を進めてきた決済プラットフォームも同時期にサービスを始める。(2019/10/3)

三井住友カードが決済端末「stera terminal」発表 Android搭載、独自のアプリマーケットも展開
三井住友カードが10月2日、新たな決済プラットフォーム「stera」を発表した。決済端末、決済センター、ネットワークを一気通貫でサポートする。Android決済端末「stera terminal」は、さまざまなキャッシュレス決済に対応し、アプリの追加も可能になる。(2019/10/3)

PayPayが1500万ユーザー突破、開始から約1年で 最大20%還元デーはまもなく
モバイル決済サービス「PayPay」のユーザー数が10月1日に1500万人を突破。大型還元キャンペーンなどを開催し、ユーザー数を伸ばしていた。(2019/10/3)

ゆうちょPayが「Smart Code」に対応、統一コードで決済事業者の負担を軽減
ゆうちょ銀行は10月1日、スマホ決済サービス「ゆうちょPay」において、キャッシュレス推進協議会が定めるコート決済用の統一コード「JPQR」に準拠したJCBのコード決済手段「Smart Code」に対応したと発表した。Smart Codeは、コード決済事業者と各店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や、両社間の加盟店契約を一本化する事業。(2019/10/1)

「Origami Wallet」も始動:
Origamiの決済プラットフォーム開放が進化 簡単に“○○Pay”が提供可能に
Origamiが新たな金融プラットフォーム「Origami Network」を発表。決済や顧客管理の機能をパッケージ化したもので、外部企業が簡単に「○○Pay」を導入できる。資金移動業の登録完了に伴い、11月には「Origami Wallet」もスタートさせる。(2019/9/28)

「7pay」運営元、未使用残高の払い戻し方法発表 9月末でのサービス終了受け
モバイル決済サービス「7pay」運営のセブンペイが、サービス終了に伴い、未使用残高の払い戻しを行うと発表した。申し込みを公式アプリと公式サイトで受け付ける。受付期間は10月1日〜2020年1月10日。(2019/9/27)

モバイル決済の裏側を聞く:
愚直に“便利とお得”を追求 ファミリーマートが「FamiPay」を始めた理由
「ファミペイ」アプリが、開始1カ月で300万ダウンロードを突破するなど好調だ。ファミリーマートは既に他社の決済サービスを提供しているが、なぜ自社で新たな決済サービスを提供することにしたのか。競合他社のキャンペーン施策にはどのように対抗していくのか。(2019/9/27)

au PAYで「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」開催 チャージでau WALLET 残高もプレゼント
KDDIは10月1日からスマホ決済サービス「au PAY」において「セブン-イレブン最大20%ポイント還元キャンペーン」を開催。セブン銀行ATMからau WALLET 残高チャージで1万円相当のプレゼントも行う。(2019/9/25)

「d払い」にウォレット機能が追加 チャージ、送金、dポイント送付に対応
NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」が、9月26日からウォレット機能に対応する。d払いアプリ上でチャージや送金ができる他、dポイントを他のdポイントクラブ会員に送れるようになる。(2019/9/25)

MMD研究所調べ:
普及する? スマホ決済アプリ「インストールしたが使っていない」が約6割 最もインストールされているアプリも明らかに
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」を発表。同調査では、まだまだ「現金」が決済手段として人気なことが分かった。また、スマホ決済アプリをインストールした人でも、半数近くが利用するに至っていない実態も明らかに。10月の消費増税では、キャッシュレス決済にポイント還元が行われるが、スマホ決済は普及していくのだろうか。(2019/9/24)

JR西、中国アリババと提携 西日本への観光誘致・消費促進で
JR西が中国Alibaba Groupと提携。中国の顧客に対して西日本エリアの観光地情報を発信する他、JR西日本グループにモバイル決済サービス「Alipay」の導入を進める。(2019/9/24)

謎の「業界の通例」があるカード決済の仕組み:
クレジットカード処理を担う「ISO8583」とは? Go言語でパーサーを開発したエンジニアが中身と苦労を明かす
2019年8月29〜31日に開催された「builderscon tokyo 2019」のセッション「クレジットカードの通信プロトコル ISO8583 と戦う」で、カード決済システムを自社開発したエンジニアがISO8583の中身を明かした。(2019/9/26)

d払いなどドコモの決済サービスが利用できない障害 現在は復旧
9月20日4時29分頃から、ドコモの決済サービスを利用できない障害が発生していた。10時40分に復旧済み。原因は決済サービス関連設備の故障。(2019/9/20)

d払いで障害発生、設備の故障が原因 現在は復旧
NTTドコモのモバイル決済サービス「d払い」など、複数のサービスで障害が発生。設備の故障が原因で、午前10時40分ごろには復旧したという。(2019/9/20)

調査対象の約半数が「スマホ決済サービスアプリのインストール後に利用なし」 MMD調べ
MMD研究所が「2019年9月 スマートフォン決済に関する実態調査」の結果を発表した。調査対象の全体の約半数がスマホ決済サービスのアプリをインストールしたものの、利用にいたっていないことが判明。また、非接触決済はQRコード決済より利用頻度が高いことが分かった。(2019/9/19)

スマホ決済アプリをインストールした人の6割超が利用せず 継続率に課題か
スマホ決済をインストールした人の62.8%がその後アプリを利用していないことが、MMD研究所の調査で判明。会員登録や口座連携は済ませたものの、使っていない人も存在した。現金やクレジットカードが根強く利用されていた。(2019/9/19)

コード決済の満足度1位は「PayPay」、店舗やキャンペーンが高評価 J.D.パワー調査
J.D.パワーが「2019年QRコード・バーコード決済サービス顧客満足度調査」の結果を発表。総合満足度ランキング1位は「PayPay」で、特に「利用できる店舗・ウェブサイト」「キャンペーン/ポイントサービス」の評価が高い。(2019/9/18)

「ゆうちょPay」に機能追加 店舗検索やクーポン配布が可能に
ゆうちょ銀行は、9月17日にスマホ決済サービス「ゆうちょPay」へ機能追加を実施。新たに使えるお店検索機能、クーポン機能、ユーザー入力型静的QRコード決済機能が利用できるようになる。(2019/9/17)

PayPayサービス開始1周年 今後は「スーパーアプリ」目指す セキュリティ対策やサポートも強化
コード決済サービス「PayPay」が、サービス開始から間もなく1周年を迎える。2019年9月13日時点でユーザー数は1250万人、加盟店申込数は140万箇所に達した。今後は、金融・決済にまつわる機能がスマホだけで完結する「スーパーアプリ」を目指す。(2019/9/13)

吉野家で「PayPay」「メルペイ」などのコード決済を導入 「LINE Pay」は200円割引
吉野家は、9月10日に国内1182店舗でキャッシュレス決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」に対応。「LINE Pay」では、9月23日まで200円引きクーポンをプレゼントする。(2019/9/10)

吉野家、「PayPay」「LINE Pay」など4種のキャッシュレス決済を導入
吉野家がモバイル決済サービス「PayPay」「LINE Pay」「メルペイ」「Alipay」に対応した。(2019/9/10)

セブン-イレブン、10月から「au PAY」「d払い」など4種のスマホ決済を導入
セブン-イレブンが10月から、「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ」を導入する。すでに「PayPay」「メルペイ」などに対応しており、10月以降に利用できるスマホ決済サービスは計9種類になる。同チェーン限定のキャンペーンなども行っていくという。(2019/9/9)

セブン-イレブンが「楽天ペイ」「d払い」など4社の決済サービスを導入 10月1日から
10月1日から、全国のセブン-イレブン2万1034店舗で「au PAY」「d払い」「ゆうちょPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」が使えるようになる。スマートフォンの画面に表示されるバーコードを店員に読み取ってもらうことで支払いが可能。セブン‐イレブンによる大々的なキャンペーンは予定していない。(2019/9/9)

PayPay、10月から最大10%還元のキャンペーン 「PayPayチャンス」は当選確率と金額を変更
モバイル決済サービス「PayPay」が、10月から最大10%のポイントが還元されるキャンペーンを実施。国が始める「キャッシュレス・消費者還元事業」に関連した施策。(2019/9/6)

「d払い」で20%還元キャンペーン 9月14日から
NTTドコモが、コード決済サービス「d払い」で20%還元キャンペーンを9月14日から行う。通常進呈するdポイントに加え、決済金額の20%となるdポイントを還元する。還元ポイントの上限は3000ポイント。(2019/9/5)

マイナンバーカード取得者にポイント付与 「○○ペイ」と連携、20年度導入へ
マイナンバーカードの取得者が、民間事業者のキャッシュレス決済サービスの利用額を前払いすると、全国共通のポイント「マイナポイント」が付与される制度が検討されている。(2019/9/3)

LINE、個人向けローン提供開始 審査に「信用スコア」活用、LINE Payと連携
LINEが、個人向け無担保ローンサービス「LINE Pocket Money」の提供を始めた。信用スコア「LINE Score」などを基に、金利などの条件を提示するのが特徴。モバイル決済サービス「LINE Pay」とも連携し、申し込みから返済までアプリ上で完結する仕組みにした。(2019/8/29)

サミット、9月1日から全店舗でQRコード決済が利用可能に
サミットは、9月1日から全店舗でQRコード決済サービスを開始。 対応ペイメントは「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」「LINE Pay」「PayPay」「メルペイ」で、8月19日に一部店舗で先行導入している。(2019/8/29)

みずほ銀のデビット決済「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応、20%還元も実施 少額決済ユーザー取り込みへ
みずほ銀行のデビット決済サービス「Smart Debit」が「Apple Pay」に対応。iOS端末向けには「Mizuho Suica」との併用を促進し、少額決済ユーザーの獲得を図る。利用促進に向けた20%還元キャンペーンも実施する。(2019/8/29)

「カラオケ館」がスマホ決済対応 PayPayやLINE Payなど7種類
カラオケ館全店でスマートフォン決済サービス7種類を導入。9月2日から利用できるようになる。(2019/8/29)

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業
日本マイクロソフトとインフキュリオン・グループは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」で協業。QRコード決済に対応したウォレットシステムを「Microsoft Azure」上に構築し、信頼性の高い決済システムの運用環境を提供する。(2019/8/29)

PayPay、不正利用に対する全額補償制度を導入
PayPayは、8月28日にスマホ決済サービス「PayPay」のユーザーを対象とした不正利用時の全額補償を利用規約に明記した。被害に遭った場合は原則PayPayが被害の全額を補償し、加盟店にも取引金額の全額を入金する。(2019/8/28)

PayPay、不正利用時の被害額を「全額補償」 利用規約に明記
PayPayは、ユーザーが不正利用の被害に遭った場合、原則として全額を補償すると利用規約に明記。主要なモバイル決済サービスでは、補償の方針を明記する動きが広がっている。(2019/8/28)

コード決済「au PAY」、auユーザー以外にも提供 「オープンなサービス」で拡大目指す
KDDIが、同社のコード決済サービス「au PAY」とプリペイドカード「au WALLET プリペイドカード」のサービスを、29日からauユーザー以外にも提供すると発表した。(2019/8/28)

「au PAY」と「au WALLET プリペイドカード」がキャリアフリーに 8月29日から
KDDIが提供するコード決済サービスとプリペイドカードが、auユーザー以外でも申し込めるように。利用額に応じた還元も行われる。(2019/8/28)

KDDIと横浜DeNAベイスターズ、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」で協業
KDDIと横浜DeNAベイスターズは、8月27日に5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結。スマホ決済サービスなどスタジアムでの利便性向上をはじめ、5GとXRや自由視点を組み合わせて新たな野球観戦の提供を目指す。(2019/8/27)

「PayPay」で支払いができない不具合 AWSの障害が原因
スマホ決済サービス「PayPay」で、一部ユーザーが利用できない不具合が発生している。残高や支払い履歴の反映が遅延しているという。原因はAWSの通信障害。(2019/8/23)

モバイル決済で店舗改革:
多彩な決済手段を提供するSBペイメント 決済手数料を上回るキャッシュレス化のメリットとは?
SBペイメントサービスは、実店舗、オンラインでの決済サービスを提供する決済代行会社だ。クレジットカード決済やキャリア決済などに対応し、決済端末を提供している。同社サービスの特徴や、キャッシュレス化のメリットを聞いた。(2019/8/22)

ドトール、9月2日から「QUICPay」「iD」に対応 ハワイ旅行が当たるキャンペーンも
ドトールコーヒーは、9月2日に「QUICPay」「iD」での決済サービスを開始。同日にQUICPay導入を記念してハワイ旅行、またはドトール関西工場見学ツアーが当たるキャンペーンを行う。(2019/8/19)

モバイル決済の裏側を聞く:
J-Debitの仕組みをスマホで 「Bank Pay」の狙う市場と戦略
2019年秋のサービス開始を予定している「Bank Pay」は、「J-Debit」の推進団体としても知られる日本電子決済推進機構(JEPPO)が提供するサービスだ。Bank Payは「既にあるシステムをスマートフォンに拡張」「各金融機関が提供しているアプリやサービスとの連携」を特徴としている。JEPPOがうたう「オールバンクのスマホ決済サービス」とは?(2019/8/19)

「京セラドーム大阪」でメルペイ導入 売店や売り子販売に
「京セラドーム大阪」でスマホ決済サービス「メルペイ」が導入された。売店や売り子販売でコード決済を利用できる。(2019/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。