ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「決済サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「決済サービス」に関する情報が集まったページです。

スマホが運転免許証代わりに 「Google Pay」から「Google Wallet」へ改名
米Googleは5月11日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、スマートフォン、スマートウォッチ向けの決済サービス名称を「Google Wallet」に改めると発表した。Google Walletに車やホテルの鍵、それに運転免許証を格納できるようになる予定だ。同様の内容はAppleが「Wallet」アプリで先行している他、日本でもスマートフォンにマイナンバー機能の実装に向けた議論が進んでいる。(2022/5/12)

しまむらが不正アクセス被害に 決済システムを一時停止 情報流出は現状なし
しまむらで、不正アクセス被害が原因のシステム障害が発生している。詳しい被害状況は調査中。現時点で従業員や取引先、消費者の個人情報などは流出していないとしている。(2022/5/11)

PayPay、「Amazon.co.jp」で本格解禁 全ユーザーが利用できるように
QRコード決済サービス「PayPay」が大手ECサイト「Amazon.co.jp」で利用できるようになったと、運営元が発表した。3月末から一部ユーザーを対象に利用を解禁しており、今回で全ユーザーが決済手段として利用できるようになった。(2022/5/10)

ファミマ、全国5店舗目の無人決済店 千葉・柏の物流施設に出店
ファミリーマートは4月30日、TOUCH TO GO(東京都港区)が開発した無人決済システムを導入した店舗として「ファミリーマート八洋LP北柏/S店」(千葉県柏市)をオープンする。(2022/4/28)

PayPay、登録者数4700万人突破 月間決済回数も3億回に
PayPayが「主要指標の推移(2021年度下期)」を発表し、QRコード決済サービス「PayPay」の登録者数が4700万人を突破したことが分かった。21年4月から22年3月までの総決済回数は36億回となり、月平均で3億回を超えた。(2022/4/25)

駅ナカコンビニ「NewDays」、PayPayや楽天ペイなどを一挙導入
JR東日本クロスステーションカンパニーが展開するコンビニエンスストア「NewDays」「NewDays KIOSK」で、国内の主要なコード決済サービスが使えるようになった。同社が導入したのは、PayPay、au PAY、d払い、楽天ペイ、J-Coin Pay。NewDaysとNewDays KIOSKの利用者は今後、Alipay(支付宝)とWeChat Pay(微信支付)以外も選択できるようになる。(2022/4/19)

Uber Eatsで「楽天ペイ(オンライン決済)」が利用可能に 最大1万ポイント還元も
Uber Eatsでオンライン決済サービス「楽天ペイ(オンライン決済)」が利用可能に。これを記念した導入キャンペーンも開催し、初回利用時に使える3000円オフクーポン配布などを行う。(2022/4/18)

キャッシュレス時代の貯金管理 「こどものおこづかい貯金」finbeeで提供開始
 貯金・決済サービスの運営などを行うネストエッグ(東京都千代田区)は、4月12日より自動貯金アプリ「finbee」(フィンビー)にて、小銭を使わずに貯金が管理できる「こどものおこづかい貯金」のパッケージ提供を開始した。(2022/4/16)

矢野経済研究所調べ:
EC決済サービス市場の拡大続く 3年後には33兆円超え
矢野経済研究所は、国内のEC決済サービス市場の将来予測を発表した。2020年度は19兆4859億円、21年度は約23兆円と推計され、25年度には33兆円を超えると予測している。(2022/4/14)

PayPay、請求書払いに「支払い予約」と「自動支払い」機能追加
 PayPayは4月11日、スマホ決済アプリ「PayPay」の「PayPay請求書払い」に、新機能「支払い予約」と「自動支払い」を追加した。(2022/4/13)

決済オペレーションを効率化:
PR:世界47カ国のオンライン決済を支えるStripeが新たな試み 日本市場向け決済サービスとは
世界47カ国でオンライン決済サービスを提供するStripe。Webサイトに7行のコードを埋め込むだけで決済サービスを実装できるシステムを開発し、企業のオンラインビジネスの成長を支えてきた。同社日本法人の共同代表が、日本市場独自に開発した新サービスやクレジットカードの不正利用防止サービス「Stripe Radar」について語った。(2022/4/12)

決済とヘルスケア対応スマートリング「T-Ring」 開発開始
 決済サービス「TwooCa」の提供などを行うKort Valuta(東京都目黒区)は4月7日、決済機能とヘルスケアデータの取得が同時にできるスマートリング「TwooCa Ring:T-Ring」(仮称)の開発を開始したと発表した。リングには、国際ブランド認定チップを実装予定としており、世界中のお店で決済利用が可能となる。(2022/4/8)

TOYOTA Walletアプリから「au PAY」を利用可能に Pontaポイントとのひも付けも可能
トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」において、au PAYを利用できる機能が追加された。これにより、同アプリからau PAYでの支払いや残高チャージを利用できるようになった。(2022/4/6)

au PAYがアプリ版「マクドナルド モバイルオーダー」の支払いに対応 スマホ向けWeb版も4月中旬に対応予定
KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が、4月5日からアプリ版「マクドナルド モバイルオーダー」の支払いに利用できるようになった。スマートフォン向けWeb版でも、4月中旬をめどに対応する予定だ。(2022/4/6)

コスモ石油の「カーライフスクエア」がQR決済サービスを開始
コスモ石油マーケティングのアプリ「カーライフスクエア」が、QRコードを提示すれば燃料油代金を支払える決済サービスを提供開始。これまで別々に行っていた会員証とクーポン、決済までの対応を一括で行えるようになる。(2022/4/5)

楽天ペイ、抽選で最大全額ポイント還元キャンペーン開催
楽天ペイメントのスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」は、4月1日〜4月30日に抽選で最大全額ポイント還元するキャンペーンを開催。大創産業の100円ショップの「DAISO」など2730店舗が対象となる。(2022/3/30)

JR九州、「PayPay」での特急券購入 2022年度も引き続き設定へ
 九州旅客鉄道とPayPayは3月25日、1月から3月にかけて実証実験していた「PayPay」のQRコード決済機能を活用した特急券を、2022年度も引き続き設定すると発表した。実証実験において、安定的な運用と乗客の利便性向上が確認できたため、継続設定に至った。(2022/3/30)

路線バスに「Visaのタッチ決済」導入 車載器連動型キャッシュレス端末は全国初
ビザ・ワールドワイド・ジャパンや三井住友カードなどが、長電バスの運行する路線バスの車内にて、Visaのタッチ決済とQR決済サービスのPayPay、Alipayを3月31日に導入する。車載器連動型キャッシュレス端末は全国初。旧端末に比べて省スペース化した他、利用者の操作性向上、通信ロスの削減、乗務員操作の軽減などを図ったという。(2022/3/25)

TOYOTA Wallet、1%還元維持 トヨタ系列カードで最大4%還元の新キャンペーン
トヨタファイナンスが提供するコード決済サービス「TOYOTA Wallet」は4月1日から、最大4%還元となるキャンペーン「トヨタのポイントアップW」を実施する。終了までの期間は未定。(2022/3/23)

じぶん銀行スマホデビット、カード情報入力不要でApple Payを設定可能に
auじぶん銀行のデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」で、Apple Payをシームレスに設定可能に。じぶん銀行アプリから直接設定でき、これまで必要だった手動でのカード情報入力が不要となる。(2022/3/22)

PayPal、ウクライナ支援を拡大 ウクライナ国民への送金を可能に 手数料は期間限定で無料
オンライン決済サービスのPayPalは、ロシアに侵攻されているウクライナへの複数の支援策を発表した。ウクライナのユーザーへの国外からの送金を可能にすることなどだ。これらの支援策の手数料は6月30日まで無料にする。(2022/3/18)

MMD研究所が900人に調査:
「非接触決済の総合満足度」ランキング 3位「楽天Edy」、2位「iD」、1位は?
最も総合満足度の高いスマホ非接触決済サービスは「モバイルWAON」で、次いで「iD」「楽天Edy」が多い。(2022/3/11)

MMD研究所が900人に調査:
「QRコード決済の総合満足度」ランキング 3位「メルペイ」、2位「PayPay」、1位は?
最も満足度の高いQRコード決済サービスは「楽天ペイ」で、次いで「PayPay」「メルペイ」。(2022/3/11)

人工知能ニュース:
東京ドームの入場、決済サービスを担うパナソニックの顔認証技術
パナソニック システムソリューションズ ジャパンは、同社の顔認証技術を活用した入場、決済サービスを東京ドームで運用開始する。入場や店舗での決済をチケットレス化、キャッシュレス化する。(2022/3/10)

企業の撤退が相次ぐ:
ビザとマスター、ロシアでの業務停止
ロシアのウクライナ侵攻を受け、米企業でロシアから撤退する動きが広がっている。米クレジットカード大手のビザとマスターカードは5日、ロシアでの業務停止を発表した。米決済サービス大手ペイパルも事業凍結を表明した。(2022/3/7)

ロシアで任天堂のeショップがゲーム購入できない状態に 決済サービスでルーブル処理停止のため
メンテナンスモードとなっています。(2022/3/5)

ヤフーとLINE統合1年 PayPay軸に連携強化
ヤフーとLINEが統合してから1年を迎えた。Zホールディングスの川辺健太郎、出沢剛の両CEOは、グループの各種サービスを利用すると決済サービス「PayPay」の残高がたまる「PayPay経済圏」を強化していく考えを示した。(2022/3/2)

「ドコモ払い」を「d払い」に統合、6月から ポイント還元率も変更、dカード以外のカードは還元なしに
NTTドコモは、デジタルコンテンツの購入代金を携帯電話の利用料金と一緒に支払えるサービス「ドコモ払い」をQRコード決済サービス「d払い」に統合すると発表した。統合は6月1日に実施予定。(2022/3/1)

スマホ決済のお得な活用術:
公共料金の支払いでも最大1.5%還元! 私が「PayPay請求書払い」を使う理由【追記あり】
主なQRコード決済サービスでは、「LINE Pay」「PayPay」「au PAY」「d払い」「FamiPay」などが請求書払いに対応。この中で筆者はPayPayの請求書払いを利用している。その理由は、税金の支払いでも0.5〜1.5%のPayPayボーナスがもらえるから。(2022/3/1)

MMD総研が4.5万人に調査:
最も利用するスマホの非接触決済サービス 3位「楽天Edy」、2位「iD」、1位は?
最も利用しているスマホ非接触決済サービスは「モバイルSuica」で、次いで「iD」「楽天Edy」が多い。(2022/2/28)

保険金、電子マネーで受け取り可能に 損保ジャパンが5月提供予定
損害保険ジャパンと日本ユニシスは、国内初の電子マネーによる保険金支払いサービスを5月から提供予定と発表した。従来の銀行口座に加えて、普段利用している電子マネーアカウントを保険金の受取先に指定可能。QRコード決済サービスを対象に展開予定。(2022/2/28)

乱立する日本の金融決済システムは海外と比べて遅れているのか? そうとも言い切れない事情
2月初旬、文春オンラインにカンボジアでデジタル通貨「Bakong」を立ち上げた宮沢和正氏のインタビュー記事が掲載された。決済サービスが乱立する日本が海外の決済システムに乗っ取られる危険性を警告していたが、実際に起きうるのか。決済ジャーナリストの鈴木淳也氏が考察する。(2022/2/28)

JCB、「UNIQLO Pay」にJCBカードの登録と利用で10%相当の還元
 ジェーシービー(東京都港区)は、ユニクロの運営するキャッシュレス決済サービス「UNIQLO Pay」に、対象のJCBカードを登録し利用した人を対象に、10%相当を還元するキャンペーンを実施する。(2022/2/25)

UNIQLO PayにJCBカードを登録で10%還元 3月15日まで
ジェーシービーはキャッシュレス決済サービス「UNIQLO Pay」へ対象のJCBカードを登録し、国内のユニクロやジーユー店舗などで利用すると10%相当(最大1000円)を還元するキャンペーンを実施する。期間は3月1日〜3月15日。(2022/2/25)

事業者向け、キャッシュレス決済代行サービス「OmatomeOne」開始 大和ハウスフィナンシャル
 大和ハウスフィナンシャルは1月26日より、事業者向けのキャッシュレス決済代行サービス「OmatomeOne」(オマトメワン)を開始した。(2022/2/18)

無印良品がQR決済「COIN+」導入 「MUJI passport」アプリで利用
無印良品のアプリ「MUJI passport」が、リクルートMUFGビジネスの提供する決済手段「COIN+」を導入。支払い方法の設定を行えばQR決済機能を利用でき、COIN+導入店舗でも利用できる。(2022/2/17)

QUICPayの決済でTポイントが貯まる 後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」発行開始
 新生銀行グループのアプラス(東京都千代田区)とTマネー(東京都渋谷区)は、2月14日よりTポイントが貯まる後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」の発行を開始した。(2022/2/16)

QUICPayでTポイントがたまる Apple Pay向け後払いサービスが登場
Tマネーとアプラスは、TポイントがたまるiPhone向け後払い型決済アプリ「Tポイント×QUICPay」を提供開始。これを記念し、5月31日までに利用開始手続きをすると500ポイントを進呈するキャンペーンを行う。(2022/2/14)

PayPay、Netflixの支払いに対応 スマホ決済で初
キャッシュレス決済サービス「PayPay」が、ストリーミングサービス「Netflix」の月額料金の支払いで利用可能に。日本でスマホ決済が導入されるのはPayPayが初となる。(2022/2/14)

PayPay、「コロナお見舞い金」の保険料を値上げ、3倍に 「商品の安定運用と継続提供を行うため」
PayPayは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」上で保険に加入できるサービス「PayPayほけん(1dayほけん)」内で提供する「コロナお見舞金」の保険料を3倍に値上げする。(2022/2/10)

「QUICPay」会員数が2000万を突破、顧客満足度調査の電子マネー部門で1位を獲得
 ジェーシービーは2月2日、非接触決済サービス「QUICPay」の会員数が2000万を突破し、利用可能な場所が170万カ所以上に達したと発表した。(2022/2/7)

ミクシィの決済アプリが「MIXI M」へ名称変更 個人データやID認証の管理も
ミクシィは、モバイルウォレットアプリ「6gram」を「MIXI M」へ名称変更。既存の決済機能に加え、個人データやID認証を管理する統合プラットフォームとして展開する。(2022/2/3)

PayPay、三菱UFJ銀の口座から直接チャージできるように メガバンク3行に対応完了
PayPayはQRコード決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の預金口座から残高を直接チャージできる機能を追加した。これまでみずほ銀行、三井住友銀行には対応していたものの、三菱UFJ銀はメガバンク3行で唯一未対応だった。(2022/2/3)

PayPay、三菱UFJの口座が登録可能に
キャッシュレス決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の口座を登録できるようになった。同行の普通預金キャッシュカードを持つユーザーは、PayPay残高のチャージを預金口座から直接行える。(2022/2/3)

PayPay、三菱UFJ銀行の口座登録に対応
キャッシュレス決済サービス「PayPay」へ、三菱UFJ銀行の口座を登録可能に。当月利用した金額を翌月にまとめて支払える「PayPayあと払い」の支払いに使用する口座にも選択できる。(2022/2/3)

加速するキャッシュレス化:
大創産業、キャッシュレス決済サービスを追加導入 安全性と利便性の向上
DAISO(ダイソー)など2730店が新たに3種類のキャッシュレス決済サービスを導入。安全性・利便性の向上が狙い。(2022/2/2)

クラウド事例ウォッチ:
“船乗り向け電子決済アプリ”がAWSで動くワケ 船ならではの「なるほど」な理由
輸送船の船員向け電子決済アプリ「MarCoPay」。このサービスが運用基盤にAWSを採用しているのは、船上での利用を想定するアプリならではの理由があった。(2022/2/1)

PayPayに「あと払い」機能 2月1日から
2月1日からQRコード決済サービス「PayPay」に「あと払い」機能が追加される。運営元のPayPayが発表した。利用金額を翌月にまとめて支払えるようにすることで、利便性の向上を図る。(2022/1/31)

スマホ非接触決済サービスの満足度、「モバイルWAON」が1位 MMDの調査
MMD研究所は、1月31日に「2022年1月スマートフォン決済(非接触)の満足度調査」の結果を発表。総合満足度1位は「モバイルWAON」で、サービスを使い始めた理由として「ポイントがたまる」が4割近くを占めている。(2022/1/31)

PayPayアプリの「ボーナス運用」一部有料化 新コースも開始
 PayPay証券とPayPayは、キャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリ上にて疑似運用体験ができる「ボーナス運用」の一部を有料化した。また新たなコースの提供を開始した。(2022/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。