ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2009年07月31日 07時00分 UPDATE

シャープ4〜6月期、260億円の営業赤字 液晶テレビ不振

シャープの1Qは不況のあおりを受けた液晶テレビが不振で、260億円の営業赤字となった。

[ITmedia]

 シャープが7月30日に発表した2009年4〜6月期(2009年度第1四半期)連結決算は、不況のあおりを受けた液晶テレビが不振で、260億円の営業赤字(前年同期は364億円の赤字)となった。

 売上高は前年同期比20.0%減の5982億円、経常損益は301億円の赤字(前年同期は293億円の黒字)、純損益は252億円の赤字(同248億円の黒字)

 液晶テレビや携帯電話の売上高が減少。テレビ用の大型パネルも大幅な価格下落に見舞われた。Blu-ray Discレコーダーや太陽電池は伸びた。

 通期予想は据え置いた。

関連キーワード

液晶テレビ | シャープ | 決算


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.