ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「決算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「決算」に関する情報が集まったページです。

3月期の流行調査、3位「うっせぇわ」、2位「鬼滅の刃」 1位は?
LINEリサーチは、2021年3月期に「最近流行っているコト・モノ・ヒト」についてアンケート調査を実施した。結果は?(2021/4/14)

コロナの影響大:
「鬼滅」の大ヒットに恵まれた東宝が決算を発表 通期の結果は?
東宝が通期の連結決算を発表した。『鬼滅の刃』の大ヒットに恵まれたが、業績はどうだったのか?(2021/4/14)

決算発表:
ローソン、中国で「1万店」を目指す コロナで国内事業は苦戦
ローソンが2021年2月期の連結決算を発表した。国内のコンビニ事業は苦戦した。一方で、中国に積極出店することで25年度に1万店まで増やすと発表した。(2021/4/9)

上場間近のCoinbaseが決算発表 売上高は前年同期比9倍の18億ドル
米仮想通貨取引所Coinbaseが来週に上場を控え、1〜3月期の推定業績を発表した。売上高は前年同期比で約9倍の18億ドル。MTU(月間取引ユーザー数)は610万人。(2021/4/7)

SBI、子会社ソーシャルレンディングで150億円損失 投資家へは全額補填
SBIホールディングスは、子会社SBIソーシャルレンディングが取り扱う一部ファンドで、債権の一部または全部が回収不能となることに備えて、2021年1-3月期において減損処理を行うと発表した。グループ連結決算への影響は最大で150億円としている。(2021/4/2)

Huawei、売上高前年比3.8%増 中国市場拡大も米禁輸措置で海外逆風
中国Huaweiが31日に発表した2020年の年間決算は、売上高が前年同期比3.8%増の8914億元、最終利益が3.2%増の646億元だった。中国国内での売上高が伸びたが、米政府による禁輸措置などの影響で海外事業が落ち込んだことが響いた。(2021/4/2)

“桃鉄”の「決算」画面が撮影スポットに 本物の富士山と電車をバックに
コナミデジタルエンタテインメントがゲーム「桃太郎電鉄」(桃鉄)シリーズの「決算」画面を実際に撮影できる看板を設置した。(2021/4/1)

桃鉄の「リアル決算画面」を撮れる看板が富士山近くに登場 新幹線が通るとゲーム画面そのままに
早くも目撃報告がTwitterに。(2021/4/1)

オンキヨー、7月末に上場廃止へ 資金調達に奔走も債務超過を解消できず
オンキヨーホームエンターテインメントが、7月末に上場廃止となる見通しを発表。2020年3月期末からの債務超過が解消できず、3月31日まで債務超過の解消に向けて資金調達を行っていたが、解消まで23億1900万円足りなかった。(2021/4/1)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
ファーウェイ成長急にブレーキ、日本事業のリスクは“キオクシア”<ファーウェイの現在地・中>
通信機器大手のファーウェイは3月31日、2020年の決算を発表。売上高は前年比3.8%増の約15兆円、純利益は同3.2%増の約1兆円。米国による規制が続く中、増収増益を確保。ファーウェイ・ジャパンの王剣峰会長は、20年の日本企業からの調達額を公表せず、輸出規制強化が相当な影響を及ぼしていることを示唆した。(2021/4/1)

ECも順調:
ニトリHD、巣ごもり消費で業績好調 34期連続で増収増益
ニトリホールディングスは2021年2月期の連結決算を発表した。巣ごもり需要が高まり、家具・ホームファッション商品が好調だった。34期連続で増収増益を達成した。(2021/3/31)

製造マネジメントニュース:
売上高200億円を目指すYE DIGITAL、農業や物流分野のIoT事業を拡大
YE DIGITALは2021年3月30日、2020年度の決算報告と2021年度の事業計画に関する発表会を開催した。2022〜2024年度までの新中期経営計画を発表し、農業、交通、物流分野でIoTソリューション事業などを強化する方針を示した。(2021/3/31)

20年9月〜21年2月期:
出前館、売上高2.7倍も赤字拡大 先行投資がかさみ、減損計上
出前館の2021年8月期第2四半期(20年9月〜21年2月)連結決算は、売上高が前年同期比2.7倍の104億円、営業損益が83億円の赤字(前年同期は9億8000万円の赤字)、純損益は96億円の赤字(同9億円の赤字)だった。(2021/3/26)

紳士服のAOKIホールディングス、最終赤字123億円に 入学式や入社式の自粛が響く
AOKIホールディングスが2021年3月期通期の連結業績予想を下方修正すると発表した。(2021/3/19)

AI insideの衝撃【前編】売上を250%成長させるSaaSの逆セオリー
手書き書類を人工知能(AI)を用いて高精度にデジタルデータに変換するOCRソフトウェア 「DX Suite」を提供するAI insideは、2021年3月期の業績予想売上高が対直近年度+281%を見込み、3月期決算の国内上場企業で最も高い成長率での着地を見込んでいます。同社がいかにSaaSプロダクトを急成長させたか。また、新たに展開を加速させているAI プラットフォーマー化への展望を前編・後編でお伝えしていきます。(2021/3/12)

産業動向:
「コロナの影響は想定内、ゼネコンは“鹿島のみ増益”」第3四半期決算から見る市場動向
ヒューマンタッチ総研は、2021年3月期第3四半期決算のまとめと今後の市場予測を公表した。レポートでは、土木工事業と電気設備工事業は堅調だが、ゼネコン、管工事業、プラント・エンジニアリング業では厳しい決算となったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響は各社が予想した範囲内にとどまったと分析している。(2021/3/8)

NVIDIA、ゲームとデータセンター好調で大幅な増収増益
NVIDIAの2020年11月〜2021年1月期の決算は、売上高は過去再婚の50億300万ドル、純利益は53%増の14億5700万ドルだった。ゲームPC向けGPUやデータセンター部門が好調だった。(2021/2/25)

製造マネジメントニュース:
鈴木修氏が会長退任、2025年までに「電動化技術そろえる」
スズキは2021年2月24日、代表取締役の異動と2025年度(2026年3月期)を最終年度とする中期経営計画を発表した。(2021/2/25)

製造マネジメントニュース:
クボタが食料や水の課題を解決する長期ビジョン発表、2025年に営業利益3000億円へ
クボタは2021年2月22日、2030年をターゲットにした長期ビジョン「GMB2030」と、2025年をターゲットにした中期経営計画を発表した。2025年には売上高2兆3000億円(2019年12月期は1兆9200億円)、営業利益3000億円(同2017億円)を目指す。(2021/2/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
電通が史上最大の巨額赤字……高くついた「のれん代」の恐ろしさ
電通グループが15日に発表した2020年12月期の通期決算によれば、当年における最終赤字は同社としては史上最大の1595億円となった。しかし本業では黒字である。最大の要因は、海外事業における「のれん」の減損損失1403億円だ。(2021/2/19)

復活時には混乱も:
ユニクロ、「+J」春夏コレクション発売へ 好決算に寄与
ユニクロは2月18日、+Jの2021年春夏コレクションを展開すると発表した。(2021/2/18)

「脱ハンコ」の先に待ち受ける未来 GMOグローバルサイン・HDは黒子に徹してグローバル展開を図る
「脱ハンコ」に向けて積極的に事業を推進するGMOサイン・HDが、決算説明会および「GMO電子印鑑 Agree」事業説明会を開催した。電子契約サービス事業と電子認証事業に強力なシェアを持つ同社が目指すグローバル展開の青写真とは。(2021/2/18)

20年12月期:
ブリヂストン、69年ぶり最終赤字 「稼ぐ力の再構築」で、来期は黒字化へ
ブリヂストンの2020年12月期の通期連結業績は、最終損益が233億円の赤字(前期は2401億円の黒字)に転落。最終赤字は69年ぶり。新型コロナウイルスの影響でタイヤ需要が大幅に減った。(2021/2/16)

鉄道各社、赤字決算相次ぐ 生き残りかけ新事業 ホテル事業でも損失
新型コロナウイルス禍が直撃し、首都圏の私鉄大手9社全社が最終赤字となった。(2021/2/15)

製造マネジメントニュース:
コロナ影響から脱する東芝、デバイス&ストレージは回復もビルが不調
東芝が2020年度(2021年3月期)第3四半期業績について説明。第3四半期まで累計の連結業績は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、売上高が前年同期比15%減の2兆995億円、営業利益が同61%減の2400億円、税引前損益が同1793億円改善の733億円の利益、当期純損益が同1892億円改善の436億円の利益となった。(2021/2/15)

製造マネジメントニュース:
「EV化で工作機械需要が20%減る」は誤解、市況の緩やかな回復を見込むDMG森精機
DMG森精機は2021年2月12日、2020年度(2020年12月期)の業績を発表。市場環境は2020年4〜6月を底に回復しつつあるもののDMG森精機は2021年2月12日、2020年度(2020年12月期)の業績を発表。市場環境は2020年4〜6月を底に回復しつつあるものの通期では連結受注額が32%減となった他、受注残高も前年度末に比べて500億円減少するなど、厳しい状況を示した。(2021/2/15)

万年4位にとどまるつもりはない――楽天モバイルの2020年とこれから
楽天が2020年の通期連結決算を発表した。巣ごもり需要により増収したものの、楽天モバイルにおいて基地局設置計画を前倒すなどした影響で営業赤字で終わった。2021年夏までには、2026年夏までに達成するとしていた「人口カバー率96%」を実現する計画だ。(2021/2/12)

コロナ禍で打撃:
すかいらーく、最終赤字172億円 デリバリー・テークアウト強化へ、専門店も出店
すかいらーくホールディングスの2020年12月期は、純損益が172億円の赤字に転落した。新型コロナウイルス感染拡大によって、年間を通じて売上高が落ち込んだ。デリバリー、テークアウトの強化などによって、21年12月期は黒字化を見込む。(2021/2/12)

楽天モバイル、申し込み250万突破 新プランで新規加入者数が数倍に
楽天モバイルは2021年2月8日時点での申し込み者者数が250万に達したと、決算発表にて明かした。1月29日の新プラン「UN-LIMIT VI」発表時点で明かした契約者数は220万超だった。(2021/2/12)

20年12月期通期:
アサヒグループHD、最終益3割減 外出自粛でビール需要減 オフィス勤務減で「ミンティア」売上低迷
アサヒグループHDの2020年12月期連結業績は、純利益が前期比34.7%減の928億円。飲食店向けのビールの売り上げが落ち込んだ。オフィス勤務の減少で、タブレット菓子「ミンティア」の売り上げも減少したという。(2021/2/12)

21年3月期予想:
ぴあ、最終赤字65億円に転落へ コロナで市場消失「顧客心理が一段と冷え込んだ」
ぴあが2021年3月期通期の連結業績予想を発表。純損益が65億円の赤字(前期は1億2000万円の黒字)に転落する見通しだ。緊急事態宣言の再発出・延長により、イベント規制が厳しくなったことが影響。(2021/2/12)

帝国データバンク調べ:
テレワーク推進などでクリーニング店の業績悪化 今後は廃業や倒産も増加か
帝国データバンクによると、クリーニング業者1833社の収入高合計は2016年以降4期連続でと右肩上がりで推移した一方、新型コロナウイルスの影響が本格的に表れた6〜9月を決算とする企業の20年収入高は、8割強が減収となった。(2021/2/12)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンク宮内社長「人口カバー率99%は兆単位の設備投資が必要」――iPhone 12は3月末から4月のアップデートで5Gエリアが一気に拡大
ソフトバンクが2020年度第3四半期決算説明会を開催した。その質疑応答において、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」に対する感想を求められた宮内謙社長は「日本は米国やインドとは違う」と回答した。どういうことなのだろうか?(2021/2/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」特別編:
再度利益上方修正のトヨタ その背景と森氏への苦言
トヨタ自動車は第3四半期の決算を発表し、期首に5000億円だった年間利益見通しは、第2四半期に続いて2度目の上方修正を加えて、ついに2兆円に達した。(2021/2/12)

製造マネジメントニュース:
利益面の改善進むが半導体で売上高に明暗、自動車メーカー各社の通期見通し
トヨタ自動車が2021年2月10日、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表し、日系乗用車メーカー7社の業績が出そろった。2020年4〜12月期は全社とも減収だが前年同期と比べて15%減から42.8%減まで開きが大きい。営業損益は7社中3社が赤字となった。(2021/2/12)

2021年は「良い年になる」:
ルネサス、2020年12月期業績を発表
ルネサス エレクトロニクスは2021年2月10日、2020年12月期(2020年度)通期決算を発表した。2020年度通期業績(Non-GAAPベース)は、売上高7157億円(前年比0.4%減)、営業利益1375億円(同48.6%増/営業利益率19.2%)、純利益1115億円(同46.9%増)と減収増益となった。売上総利益率は、47.3%で前年よりも4.4ポイント上昇した。(2021/2/12)

キャリアニュース:
金持ち企業ランキング、1位は「任天堂」、20位以内に製造業が13社
リスクモンスターは、決算書の記載に基づいて算出したNetCashを比較した「金持ち企業ランキング」を発表した。上位3位は「任天堂」「信越化学工業」「SMC」で、上位20社のうち、製造業が13社ランクインした。(2021/2/12)

21年3月期:
かっぱ寿司、最終赤字11億円へ 黒字予想から一転、緊急事態宣言の延長で「売上の回復が一層遅れる」
カッパ・クリエイトが2021年3月期通期連結業績を下方修正。純利益が前回予想(4億1700万円の黒字)から一転、11億円の赤字になる見通し。(2021/2/10)

波紋広がる:
トヨタ社長、森喜朗氏の発言に「大切にしてきた価値観と異なる」「誠に遺憾」とコメント
森喜朗氏による“女性蔑視”発言が問題視されている。トヨタ自動車は「誠に遺憾」とする豊田章男のコメントを決算会見の場で明らかにした。(2021/2/10)

10〜12月は各地域で増益:
トヨタ、今期の営業利益2兆円へ コロナ禍からの回復で大幅上方修正
トヨタ自動車は、2021年3月期の連結営業利益を2兆円とする業績予想を発表。従来の見通しから7000億円の上積みとなる。各国市場で新型車投入などが奏功し、販売の回復基調が強まっている。(2021/2/10)

Mobile Weekly Top10:
ahamo(アハモ)は利用年数引き継ぎ可、しかし……/Y!mobileの新プランは「おうち割」「家族割引」対象
NTTドコモが2020年度第3四半期決算説明会において、新料金プラン「ahamo(アハモ)」を3月26日から提供することを発表しました。既存のドコモユーザーのプラン変更でも継続利用期間を引き継げることは朗報ですが、それ以外のサービス面で不安を覚えている人もいるようで……。(2021/2/10)

Twitter、過去最高の売上高 「iOS 14」のトラッキング申請の影響は「それほど大きくない」
Twitterの2020年10〜12月期決算は、主力の広告が好調で2桁台の増収増益だった。mDAUは26%増と増加率は鈍化したものの1億9200万人と過去最高を更新した。(2021/2/10)

カサノバ流:
マック営業利益、過去最高 何を重視?
新型コロナウイルス禍で外食チェーンの苦境が続く中、日本マクドナルドホールディングスの業績が好調だ。9日発表の令和2年12月期連結決算では、コロナ下にもかかわらず9年ぶりとなる営業利益の過去最高更新を達成した。(2021/2/10)

製造マネジメントニュース:
コスト低減で収益改善も車載半導体不足でブレーキ、日産ホンダの決算
日産自動車は2021年2月9日、オンライン会見を開き、2021年3月期第3四半期(2020年4〜12月期)の決算を発表した。売上高は前年同期比29.2%減の5兆3174億円、営業損益は1316億円の損失、当期純損益は3677億円の損失だった。(2021/2/10)

マスクの川本産業が大幅安 経常利益889.3%増も材料出尽くしか
2月8日の決算は大幅な増収増益だったが、株式市場では売りが優勢だった。(2021/2/9)

固定費12%削減:
日産、営業赤字予想1350億円縮小 収益改善とコスト減「着実に進んでいる」
日産自動車は、2021年3月期の連結営業損益を2050億円の赤字とする業績予想を発表。前回予想を上方修正し、1350億円の上振れを見込む。事業構造改革で掲げる、販売の質向上や固定費削減が進んでいることを示した。(2021/2/9)

20年12月期:
日本マクドナルドHD、営業利益が過去最高 デリバリーなど需要増
日本マクドナルドホールディングスの2020年12月期通期の連結決算は、売上高が2883億円(前期比2.3%増)、営業利益が過去最高の312億円(同11.7%増)と増収増益だった。(2021/2/9)

コロナ禍で旅行需要低迷:
近畿日本ツーリスト、1376人が希望退職に応募 今期は370億円赤字予想
近畿日本ツーリスト各社を傘下に持つKNT-CTホールディングスは、1月に実施した希望退職募集に1376人が応募したと発表。新型コロナウイルス感染拡大による旅行需要の低迷が長引いていることから、2021年3月期の業績予想は下方修正した。(2021/2/9)

20年12月期:
資生堂、営業利益が86.9%減 最終赤字116億円に転落 来期の打開策は?
資生堂の2020年12月期通期連結業績は、売上高が前期比18.6%減の9208億円、営業利益が86.9%減の149億円。最終赤字116億円に転落した。(2021/2/9)

パチンコ機大手SANKYO、4〜12月期の純利益は68.3%減 コロナ禍で減収減益
新型コロナウイルス感染拡大の影響により販売タイトル数が減少した。(2021/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。