ニュース
» 2009年08月03日 20時01分 UPDATE

「オリコンチャート」記事めぐる訴訟、オリコンが請求放棄で和解

オリコンチャートをめぐる雑誌記事で名誉が傷つけられたとして、記事中でコメントした音楽ジャーナリストにオリコンが損害賠償を求めた訴訟は、和解が成立した。

[ITmedia]

 「オリコンチャート」をめぐる雑誌記事で名誉が傷つけられたとして、記事中でコメントした音楽ジャーナリストにオリコンが損害賠償を求めた訴訟は8月3日、東京高裁で和解が成立した。オリコン側が請求を放棄する内容で、音楽ジャーナリスト側は実質勝訴だとしている。

 オリコンによると、記事を掲載したサイゾーが、記事について同社と音楽ジャーナリストの烏賀陽弘道さんに謝罪。これを受け、東京高裁が提示した和解案に基づき、同社が烏賀陽さんに対する損害賠償請求を放棄し、烏賀陽さんも反訴請求を放棄することで和解が成立した。

 訴訟は、2006年に月刊誌「サイゾー」に掲載されたオリコンチャートに関する記事をめぐるもの。烏賀陽さんが編集部の電話取材にこたえてコメントした内容が「事実誤認に基づいており、名誉が傷つけられた」として、同社は同年12月、5000万円の損害賠償を求めてに提訴した。記事を掲載した出版社ではなく、記事中でコメントしたジャーナリストを訴えた異例のケースだったことから、ネットユーザーやジャーナリストから「言論妨害ではないか」と批判が相次いでいた。

 08年4月の東京地裁判決は、烏賀陽さんに100万円の支払いを命じる一方、烏賀陽さんの反訴は棄却していた。

 烏賀陽さんは自身のWebサイトで「勝訴しました」と和解を報告。「オリコンは判決を待たずに自らが『敗訴』を宣言する『請求放棄』をしました」とコメントしている。

関連キーワード

オリコン | 訴訟 | 和解


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -