ニュース
» 2009年08月04日 13時16分 UPDATE

世界初のSDXCカード、64Gバイトで春に発売 東芝

東芝は、容量を拡張したSDカード新規格「SDXCメモリーカード」準拠品を世界で初めて商品化する。容量64Gバイトで実売6万円前後。

[ITmedia]
画像

 東芝は8月4日、最大容量2TバイトのSDメモリーカード新規格「SDXCメモリーカード」に準拠した製品を、世界で初めて商品化すると発表した。

 SDカードとしては世界最大容量・64Gバイトの製品を11月からサンプル出荷し、来春に発売する。オープン価格で、実売予想価格は6万円前後。

 高速インタフェース規格「UHS104」に対応し、書き込み速度は35Mバイト/秒、読み出し速度は60Mバイト/秒と、SDカードとして世界最速に高めた。CPRM技術を採用した著作権保護機能も搭載する。

 SDXCカードは、従来のSDカード上位規格「SDHC」(最大32Gバイト)より容量を拡張できるのが特徴。ファイルシステムには「exFAT」を採用しており、従来のSDカード対応機器では読み書きできない。

 このほか、UHS104に対応し、高速に読み書きできる32Gバイト、16GバイトのSDHCカード新製品も、12月以降順次サンプル出荷し、来春から発売する。実売予想価格は32Gバイトが3万円前後、16Gバイトが1万5000円前後。

関連キーワード

SDカード | SDXC | 東芝 | メモリカード | 新規格 | SDHC | CPRM


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -