ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「SDHC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

High Capacity
-こちらもご覧ください-
いまさら聞けない SDメモリーカード入門 ― MONOist

「raytrek」「THIRDWAVE」ブランドで提供:
サードウェーブが新コンセプトのノートPCを発表! 税込み10万円切りモデルも用意
サードウェーブは新コンセプトで作られたノートPC「raytrek X4-T」「THIRDWAVE F-14G」を発表した。天板は3方向からのヘアライン加工となる「トリニティ・ストライプ」が特徴(2021/11/18)

ビジネス適性も高いアスペクト比16:10の16型液晶を搭載したASUSの薄型高性能ゲーミングノートPCを試す
ASUS JAPANの「ROG Zephyrus M16 GU603」シリーズは、16型の液晶ディスプレイに高性能なCPUとGPUを詰め込んだスリムなゲーミングノートPCだ。ゲームはもちろん、ビジネス用途でも優れた性能を発揮する本機の実力をチェックした。(2021/9/30)

約50万円だけど“全部入り”ノートPC「ROG Zephyrus S17 GX703」の魅力
ASUSが、5月に発表した「ROG(Republic of Gamers)」ブランドの新型ゲーミングノートPCを日本にも投入する。17.3型でキーボードにチルト機構を備えた「ROG Zephyrus S17」をチェックしよう。(2021/7/16)

PR:WQHDで165Hzの液晶を搭載! 高解像でなめらかなプレイを楽しむなら「G-Tune E5-165」はどうだ?
ノートPCでゲームを楽しみたいけど、フルHDではなくもっと高解像でなめらかな画面でヌルヌルとプレイしたい――。数あるゲーミングノートPCの中でも、こういった要望に応えてくれるモデルは実は多くない。マウスコンピューターの「G-Tune E5-165」はどうなのだろうか?(2021/4/30)

PR:性能も体験もワンランク上のハイエンドゲーミングノートPC「G-Tune H5」を試して分かったこと
マウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune」シリーズに加わった「G-Tune H5」は、240Hzの高いリフレッシュレートとメカニカルキーボードを備えたハイエンドモデルだ。その実力を確かめてみた。(2021/4/26)

PR:テレワークの課題はエプソンのモバイルPCとモバイルディスプレイで解決しよう!
もはや、テレワークや在宅ワークは珍しいことではなくなった。そうなると、オフィス以外の環境でいかにして生産性を高めるのかが課題として浮かび上がる。用途に応じて選べるモバイルPCを用意しているエプソンの注目製品を見ていこう。(2021/3/31)

容積わずか0.8L! Ryzen 5 4500U搭載の超小型デスクトップPC「mouse CT6」を試す
マウスコンピューターから、超小型デスクトップPC「mouse CT6」が発売された。2020年12月に直販ショップで先行販売された本機の魅力をチェックした。(2021/2/3)

PR:オフィスの最適化に超小型PC「ASUS Mini PC PN62」という新たな選択肢
これまでは出社して全員集合というのが当たり前であったが、新型コロナウイルスの影響でオフィスの状況がガラリと変わりつつある。在宅ワーク、シェアオフィスやサテライトオフィスといったテレワーク時はノートPCが当たり前の中で、実はお勧めの超小型PCという新たな選択肢を取り上げる。(2020/12/21)

PR:コンパクトで高性能、優れた柔軟性と拡張性を兼ね備えたコスパ良好の超小型PCでオフィスをより快適に!
働き方改革の流れの中で、会社からノートPCを支給される機会が増えている。しかし、全ての部署がノートPCに適しているかというと話は違う。そのような場合に、省スペースで高性能、拡張性も豊富な超小型PC「MousePro M」シリーズの優れた汎用(はんよう)性が力を発揮する。(2020/3/18)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(3):
見張れ! ラズパイ 〜実家の親を熱中症から救え
IT介護(見守り)に対する考え方は、主に2つあります。「ITを使ってまで見守る必要はない」というものと、「あらゆる手段を使って見守る必要がある」というものです。今回は後者の考えを持つ方のために、「DIYの実家見守りシステムをラズパイで作る方法」をご紹介したいと思います。(2019/12/26)

PR:中小企業にもSOHOにもうれしい超絶コスパノートPC「ThinkBook 14」を徹底分析
レノボ・ジャパンが中小企業向けに投入したノートPC「ThinkBook」。インテルの第10世代Coreプロセッサを搭載し、さらなるコストパフォーマンスを図った新モデルの実力をチェックした。(2019/12/16)

週末アキバ速報:
400GB microSDXCカードが7000円切り! グラフィックスカードもピンポイントで値下がり中
SanDiskの400GB microSDXCカード「SDSQUAR-400G」が税込み6880円となるなど、相変わらずフラッシュ系メモリがお買い得だ。(2019/6/1)

週末アキバ速報:
Core iシリーズのバルク品を売る店と売らない店 苦悩が続くアキバの今
Intelのコンシューマー向けCPU「Core i」シリーズは長らく品薄傾向が続いている。バルク品を扱うショップもあり、逆にBTO向けのCPUが足りないと嘆く声もあり、それでもどうにかやりくりしている様子だ。(2019/4/27)

週末アキバ特価レポート:
新生活特需を後押し!? DDR4 32GBキットが税込み1万8980円
ここ最近、週末特価で目立っているのがSSDとDDR4メモリだ。税込み1万円を切る16GBキットが複数のショップで人気を集めており、新生活前の一式買いに一役買っているとか買っていないとか。(2019/3/30)

古田雄介のアキバPickUp!:
GeForce GTX 1660の登場に見る「3万円の壁」 アキバの評価は……
新GPU「GeForce GTX 1660」の評価で、アキバのPCパーツショップから聞こえてくる「3万円を切ってからが勝負」の声。1つ上のGTX 1660Tiカードは「4万円を超えると厳しい」とも言われている。そのあたりの価格感を追ってみた。(2019/3/18)

CP+ 2019:
レキサージャパン、CFexpress 2.0 対応製品ロードマップを発表
CompactFlashの次世代仕様に対応する製品はどのようなタイミングで出てくるのか。(2019/3/4)

GeForce RTX 2060の影響か GeForce GTX 1060カードの特価が熱い!
複数のショップでGeForce GTX 1060カードの特価が目立っている。6GBメモリタイプで税込み3万円切りが狙える週末だ。400GB micro SDHCカードも1万円を切っている。(2019/1/19)

週末アキバ特価レポート:
PayPay支払い限定特価も――100億円キャンペーンの戻り特需
PayPay決済対応店では12月分ポイントでの買い物をターゲットにしたセールが盛り上がっている。また、枯渇気味の「Core i5-8400」のバルク品販売もみられるようになった。(2019/1/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
ジュエルな輝きを持つRGBメモリがアキバで話題に
輝きを放つRGB LEDを搭載したG.SKILLのメモリが、複数の店舗で先行展示されて話題を呼んでいる。入り口に光モノの巨大オブジェ(?)を掲げるショップもあり、光る自作の勢いは2019年も続きそうだ。(2018/12/3)

PR:消費税が上がる前に冬のボーナスでPCを買いたい 価格別オススメモデルはこれ!
冬のボーナスでPCを新調するなら幅広いラインアップをそろえるマウスコンピューターをチェック。10万円のコスパモデルから30万円超えのセレブモデルまで、ぴったりのマシンが見つかるぞ!(2018/11/21)

PR:初めての大容量インクなら「ファーストタンク」で決まり! ブラザー「DCP-J988N」徹底レビュー
最新プリンタのトレンドになりつつある大容量インク搭載モデル。印刷コストやインク切れを気にすることなく、これまで以上にプリンタを活用できる点が好評だが、ブラザーの「ファーストタンク」はこのメリットをカートリッジ式のインクで実現。使い慣れたカートリッジ式で安心して使える仕様は、まさに「初めての大容量インク」を求める人にぴったりだ。(2018/11/5)

iPhoneを充電しながらバックアップできるmicroSDリーダー
リンクスインターナショナルは、10月27日に充電と同時にバックアップをするiOS専用のmicroSDカードリーダー「PhotoCube」を発売。最大400GBまでのmicroSD/SDHC/SDXCカードに対応し、USB 3.1接続での高速データ通信と急速充電も可能だ。第三者のアクセスを防止する強力なセキュリティ機能も搭載している。(2018/10/19)

ニコン、光学125倍ズーム搭載「COOLPIX P1000」海外発表 3000ミリ相当の超望遠撮影
ニコン米国法人が3000ミリ相当の125倍ズームレンズを搭載するレンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P1000」を発表した。9月発売。(2018/7/10)

DAIVノート+5K液晶でいたれり尽くせりな写真編集環境を構築する
マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」シリーズと、iiyama製の5K液晶を組み合わせて、出先でも作業場でも快適な作業環境を構築する。(2018/7/6)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

PR:省スペースなのに本格派! 新生活の可能性を広げるスリムPC「LUV MACHINES Slim iGS420SD-S2」
新生活に向けてPCを導入したい方、PC環境のステップアップをしたい方は注目!(2018/4/17)

初めての1台ならコレ:
予算は10万円台!! メインにもモバイルにも使えるノートPCを探す
新生活に向けたm-Bookラインアップのまさに「ど真ん中」モデル。(2018/4/13)

gooSimseller、18:9液晶のSIMフリースマホ「Wiko View」発売 SIMとセットで1万円台
NTTレゾナントは、1月25日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「Wiko View」を発売。18:9のディスプレーを採用し、自然なセルフィーを撮影できる1600万画素のインカメラを搭載している。らくらくセットの一括購入価格は1万7400円(税別)。(2018/1/25)

ミクロの世界を体験できる光学500倍のデジタル顕微鏡
光学ズーム最大250倍〜500倍のデジタル顕微鏡3モデル。(2018/1/18)

「コレ持ってる俺最強」と思っちゃう無双カメラ、ソニー「RX10M4」
ソニーの「DSC-RX10M4」は、たぶん、今一番「全能感」を持ってるカメラである。これがあれば怖れるものはない、どんな敵にも立ち向かえそう、的な全能感……まあ敵に立ち向かうためのものじゃないんだけど。(2017/12/26)

3Dスキャナー:
武藤工業、デジカメ画像から3Dデータを生成する3Dスキャナー「MS-600N/PX」
武藤工業は、デジタルカメラで撮影した画像データから3Dデータを生成できる3Dスキャナー製品「MS-600N/PX」の受注を開始した。(2017/12/18)

gooSimseller、NFCリーダー内蔵で約1万円のSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」発売
NTTレゾナントは、12月15日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」を発売。4.5インチディスプレイにNFCリーダー、高性能ジャイロセンサーを搭載している。(2017/12/15)

プラネックス、手乗りサイズのフルHD対応小型ネットワークカメラ
プラネックスコミュニケーションズは、高さ約104mmの小型筐体を採用したネットワークカメラ「CS-W50FHD」を発売する。(2017/12/5)

3Dモノづくり:
写真から3Dデータを作成する3Dスキャナー「MS-600N/PX」を受注開始
武藤工業は3Dスキャナーの「MS-600N/PX」の受注を開始する。同製品は撮影した写真から3Dデータを作成できる。標準本体価格は250万円(税別)。(2017/12/4)

PR:“高生産性を持ち運べる”オールインワンPC 「VAIO Pro PH」に注目すべき理由
オフィス内での業務効率改善において、PCの選定は重要なポイントだ。生産性を高める性能と機能、使い勝手を備えていながら、社内の移動も楽に行える――。こうした要望に応える有力な選択肢として、ビジネス向けオールインワンノートPCがある。(2017/10/30)

容積1.97L!?:
G-Tuneに重箱サイズの超小型ゲーミングマシンが登場!! 「NEXTGEAR-C」徹底レビュー
手のひらに乗る極小ボディーにゲーミング性能を詰め込んだコンパクトデスクトップPC「NEXTGEAR-C ic100」シリーズの実力は?(2017/10/20)

明日から使えるITトリビア:
どっちが正しい? “SDメモリカード/SDメモリーカード”論争に終止符を打つ
あなたはどっち派?(2017/9/2)

トランセンド、スマホからもコントロールできるフルHD対応ドライブレコーダー
トランセンドジャパンは、Wi-Fi接続で設定変更や録画映像のリアルタイム閲覧などを行えるスタンダードドライブレコーダー「DrivePro 130」を発表した。(2017/8/7)

製品分解で探るアジアの新トレンド(16):
常識外れの“超ハイブリッドチップ”が支える中国格安スマホ
中国Ulefoneが発売した「Ulefone U007」は、わずか54米ドルという超格安スマートフォンだ。なぜ、これほどまでの低価格を実現できたのか。スマートフォンを分解して現れたのは、常識を覆すほど“ハイブリッド化”された台湾製チップと多くの中国製チップだった。(2017/5/15)

3万4800円のお手軽モバイルPC 「m-Book C」実力検証
気軽に持ち運んで自由に使えるモバイルPCがあると、合間に学校の課題や打ち合わせの準備をしたりでき、時間を効率的に使える。SNSでちょっと気の利いた投稿をするにも便利だ。(2017/4/28)

コヴィア、4.5型のSIMフリースマホ「FLEAZ Que」1万3800円(税別)で発売
コヴィアは、4月21日にSIMロックフリースマートフォン「FLEAZ Que」を発売。手になじむ4.5インチサイズで、FLEAZ Directでの販売価格は1万3800円(税別)。(2017/4/21)

ゲーマーを固定概念から解放する新感覚PC「NEXTGEAR-SLIM is100」
デスクトップPCなのに幅22mm? 一見しただけでは何だか分からない斬新過ぎるフォルムにパワフルなパフォーマンス。「PCとはこういうものだ」という固定概念を打ち破る、新感覚ゲーミングマシンの登場だ。(2017/4/19)

マイクラにぴったりな高コスパノートはこれだ!
eX.computerの「eX.computer note N1502K」シリーズは、SSDを搭載する実用重視のスペックとリーズナブルなプライスを両立。新入生、新社会人向けにも最適なスタンダードモデルだ。(2017/4/8)

NTTレゾナント、3キャリアSIM&DSDS対応スマホ「g07+」1万9800円(税別)で発売
NTTレゾナントは、SIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版「g07+」を1万9800円(税別)で発売した。auのSIMにも対応し、3キャリアのSIM全てでDSDS機能が利用可能となった。(2017/3/27)

組み込み開発ニュース:
UHS-III規格を発表、SDメモリーカードの転送速度が最大で毎秒624Mバイトに
SDアソシエーションは、SDメモリーカード転送速度を最大で624Mバイト/秒に倍速化する、UHS-III規格を発表した。速度が向上したことで、無線通信用に作成された大量のデータの移動が容易になる。(2017/3/14)

トランセンド、ビデオスピードクラスV30にも対応したmicroSDカード
トランセンドジャパンは、ビデオスピードクラスV30への対応もうたったmicroSDカード「microSDXC/SDHC UHS-I U3M (Ultimate) 」を発表した。(2017/3/9)

アーキサイト、台湾INSTANT TECHNOLOGY製ドライブレコーダー「M6」など2モデルの取り扱いを開始
アーキサイトは、台湾INSTANT TECHNOLOGY製となるドライブレコーダー「M6」「M7」の2製品を発売する。(2017/3/9)

ソニー、リード300MB/秒を実現するSDXC/SDHCカード「SF-G」シリーズを発表
ソニーは、業界最高クラスをうたったリード300MB/秒を実現するUHS-II対応のSDXC/SDHCカード「SF-G」シリーズを発表した。(2017/2/21)

ADATA、リード最大290MB/秒を実現する高性能microSD/SDカード「Premier ONE」
エイデータテクノロジーは、高品質MLCフラッシュを採用したmicroSD/SDカード「Premier ONE」シリーズの発表を行った。(2017/2/13)

SIM通:
充実の性能で19,800円!「gooのスマホ」の新機種「g07」が登場
NTTレゾナントは「gooのスマホ」の第7弾となる「g07」を発表した。gooのスマホシリーズでは初のアルミボディを採用。DSDSに対応していながら、19,800円の価格を実現している。(2016/12/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。